HOME

ニュース 一覧

パッシブ技術研究会9月勉強会報告

さる9月23日、パッシブ技術研究会の9月勉強会を開催しました。

テーマはずばり、【意外と知らない太陽光発電のホント】 です。

第一部は「四季を通じて心地よい空気環境を保つ温暖地版パッシブ換気の極意」として、私より、パッシブ換気の歴史や実績、取り組み方等、パッシブ換気に対しての理解と興味を深める為のお話をさせて頂きました。

●IMG_0980.JPG

そしてその後に温暖地で一番最初にパッシブ換気に取り組んだ原田工務店原田専務より事例の紹介がありました。具体的に事例で説得力の有る話が出来ました。

●IMG_0993.JPG

 

メインイベントの第二部!!

「意外と知らない太陽光発電のホント」 ~メリット・デメリットの両面からパッシブな家づくりとZEHとの関係を考える~ と題し、富山大学准教授の堀祐治先生にご講演頂きました。

話題のゼロエネルギーハウス(ZEH)にどう取り組めば良いのか?何のために太陽光発電をやるのか?太陽光発電の仕組みや発電の省エネ・太陽光発電は得なのか損なのか?、社会的背景や省エネ施策の背景、太陽光発電に対する考え方、目的、そして我々が目指すべき方向性についての示唆まで、とても多岐にわたるお話を頂きました。参加者から相当勉強になったという声を多く頂きお陰様で大変評判が高い勉強会となりました。

●IMG_1005.JPG

今後も皆様の役に立つ勉強会を企画運営してまいりたいと思います。

 

 

パッシブデザインについて

●パッシブデザインとは

最近流行りの「パッシブ」という言葉、住宅業界で色々な場所で色々な意味で使われています。なにか聞き心地の良い言葉ですが、もしかしたらみなさんにとって、どういう意味か解ったようで実はよく解らない言葉ではないでしょうか?定義がない曖昧な言葉かもしれません。そこで私達の考えるパッシブについてお話したいと思います。

 

●「パッシブ」と「アクティブ」

まず「パッシブ」という言葉の意味ですが、直訳すると「受動的」という意味になります。

受動的と言われてもわかりにくいですよね。

まず、一般的にエネルギーと言えば、石炭、石油、ガス、電気と言ったエネルギーを想像されるのではないでしょうか?これは言ってみれば人工的なエネルギーと言えます。

それに対して、自然エネルギーとは太陽、風、雨、雲、水、地熱、蓄熱、氷、雪、蒸発、熱対流、放射、温度差、植物など無償かつ無限にあるエネルギーです。しかしエネルギーとしてはとても密度が低く微弱な力しか持っていません。そして人工的なエネルギーと違いコントロールが難しく思い通りに制御出来ないため、その活用には工夫が必要で、人間はそのエネルギーを活用する立場といえます。

しかし、人類は古来この自然エネルギーをうまく活用してきたはずです。

近年の科学の発達に伴い、人類は密度の高い人工的なエネルギーを使い、思い通りに環境を作ることが出来るようになりました。ただし、そのエネルギーは有償でかつ有限、それが近年の環境汚染にも繋がっています。

 

以上の事から、自然エネルギーの活用については、「自然にあるエネルギーを上手に活用する」=「受動的」=「パッシブ」、人工的なエネルギーの利用は、「自らエネルギーを使い環境を作る」=「能動的」=「アクティブ」と言えるのです。

 

●自然エネルギーの活用

私達の考えるパッシブ技術とは、まさにそういった自然エネルギーをうまく活用する事にあります。例えば自然換気は温度差を上手に活用する技術です。

繰り返しになりますが、自然エネルギーは地球上至る所に有り無限にあるエネルギーですが、人工的なエネルギーと比べとても弱い力なので、単体では十分にそのエネルギーがうまく活用出来ないので、様々な工夫や繋がりが必要になります。

 

例えば、寒い時に人工的なエネルギーであるストーブを使えばどんな状況でもあっという間に暖を取ることが出来ます。換気も機械ファンを使えばいとも簡単に換気を行うことが出来ます。しかし自然エネルギーである太陽熱や温度差による自然換気はそうはいきません。その日射をうまく取り込みその熱を逃がさない技術、室内外の温度差を上手に作る、「断熱」や「気密」をしなければその熱や温度差を活用することは出来ないのです。

ですので、建築におけるパッシブ技術とは、人工的なエネルギーと違い自然エネルギーという微弱な力をを最大限に利用するための建築技術&手法で、なるべく機械に頼らない家づくりを目指した技術といえるのです。

 

●パッシブ技術にはアクティブな人

しかし自然エネルギーをうまく活用したパッシブ=受動的な住宅は、その自然エネルギーを活かすために、そこに住む住人にはアクティブ=能動的が求められます。

なぜならば、風や外の空気を活用するためには窓を空ける、太陽熱を利用しようと日射を入れるためにはカーテンを開ける、日射を遮るためにはオーニングを下げたりカーテンを閉めたり・・・住人が環境を感じその操作を行わなければなりません。

もちろん機械=アクティブ技術を使えばもちろん自動で行うことも出来ますが・・・それではパッシブでは無くなってしまうのです。

 

パッシブ技術には、住み手の参加と生活の知恵が重要です。自然エネルギーとは無償であるが故、伝える人が少ないので自ら勉強する必要があります。(有償であるからこそ宣伝する人や伝える【販売する】人がいる)

パッシブ技術を実現するためには、住まい手も創り手も「アクティブ」=「能動的」である必要があるのです。

 

従って

「住む人がパッシブな生き方」=「パッシブ技術を活用したい」場合、「住まい手はアクティブ」になる必要があります。そして「住む人がパッシブ」であるならば「建物はアクティブ」である必要があると言えるのです。

 

さあ、あなたが選ぶ家づくりはどちらでしょうか?

 

(本文に、北海道大学名誉教授:荒谷登先生の著書「住まいから寒さ・暑さをとりのぞく」から、多くの言葉をお借りしました。有償で欠点対応型の人工エネルギー、無償で良さ発見型の自然エネルギー活用という荒谷先生の言葉はとても身にしみる言葉です。とても深い本ですので、家づくりにご興味の有る方には絶対ご一読頂きたい名著です。)

パッシブ技術研究会9月勉強会

パッシブ技術研究会9月の勉強会は、今話題のゼロエネルギーハウス(ZEH)がテーマです。

ZEHに不可欠な太陽光発電について学びます。 また、自然エネルギーをうまく活用した究極のパッシブデザ インを追求している当研究会メンバーによる取り組みや提案、 「ZEH READY」という考え方など、様々な考え方や手法によ るZEHへのアプローチの仕方で、近年急速に進むゼロエネルギーハウス (ZEH)について一緒に考えましょう!

【意外と知らない太陽光発電のホント】
~メリット・デメリットの両面からパッシブな家づくりとZEHとの関係を考える~

日時:9月23日(金) 13時~
場所:明日館(池袋)
参加費:¥4000 当日登録¥5000
※先着24名
懇親会費:¥6000程度

第一部 「四季を通じて心地よい空気環境を保つ温暖地版パッシブ換気の極意」
講師:研究会メンバー

第二部 「意外と知らない太陽光発電のホント」
~メリット・デメリットの両面からパッシブな家づくりとZEHとの関係を考える~
講師:富山大学 准教授 堀祐治先生

 

2016年9月勉強会

最新情報

パッシブ技術研究会7月勉強会報告

7月28日(木)【夏のパッシブとブランディング戦略を学ぶ】 と題したパッシブ技術研究会の7月勉強会に行ってまいりました。

第一部はコンクスハウジングさんによる宮地モデルハウスの見学と熊井戸社長によるセミナーです。

あIMG_0931.JPG

このモデルハウスは「スローライフな家」~パッシブで創る50歳からの平屋~ がテーマで、上記写真のように平屋に見えない平屋でとてもかっこいいデザインとなっています。弊社のソーラーウォーマーも正面右にバッチリ!

そして今回は、パッシブ換気を取り入れる為に、大屋根にすることで平屋でも高さが取れるようにし、それに現在弊社にて開発中の換気塔(下記写真参照)を組み合わせることで高さを確保していました。

あIMG_0934.JPG

この一年の結果が良ければ来年から提供出来るようになりそうです。

そして、熊井戸社長によるセミナーでは、設計や仕様については、特に主婦動線に注意した設計を行い、仕様を決めるのにも細かい所に気を使っている事がとてもよくわかりました。

あIMG_0920.JPG

そしてガンはストレスが原因の一番の理由ということからも、家でストレスが無いことを重視した設計になっていていちいち成る程と感心してしまいます。

 

お客様へ対しても、業者目線にならないように常にお客様目線を重視。モデルハウスの案内資料にはご主人様用と奥様用の裏表にしたチラシを作成しとてもわかり易くなっています。

また、このモデルハウスは、保健医療科学院の林先生と弊社とコンクスハウジングさんで共同研究を行っており、中間季・夏季についてもパッシブ換気で換気をまかなえる可能性を広げる実験を行っており、その説明を会員の皆様にさせていただきました。

あIMG_0938.JPG

 

第二部では「お客様から見た工務店とは? 」~お客様目線での企業ブランド作り~

と題し㈲制作室たつのこの吉田聖彦社長に講演いただきました。

あIMG_0950.JPG

お客様目線で常に考える事の大切さや、ブランディングについて一般的に陥りやすい間違いを、とてもわかり易くお話いただき、特に我々がどんなことが出来るのかを具体的に提案することや、「広く浅く」ではなく「狭く深く」掘り下げるブランディングが大切で、お客様に寄って来て頂けるような提案を心がける、等とても勉強になりました。

会員全員に是非聞いて欲しいとても実のある一日でした。

ガウディ!!!!!②

サクラダ・ファミリア

近年急ピッチで工事が進み2026年には完成させるとの事。

新築しているのに既に100年前の補修工事が同時並行で進む不思議な建築物ww

IMG_6349

グエル公園

まるでおとぎの国のよう

IMG_6343 IMG_6334

 

 

カサ・バトリョ

ベランダが仮面みたいですw

IMG_6261

 

 

吹抜け

上が濃い色で下に行くに従って薄い色にし、かつ窓の大きさも上は小さく下は大きくすることで、室内に入る光が上階も下階も変わらないようにデザインされている。

IMG_6279

かわいい換気口・通気口たち

IMG_6272IMG_6268

IMG_6280

曲線できれいにデザインされてます。

IMG_6269

小屋裏の通気口。デザインがおしゃれです。

IMG_6288

 

カサ・ミラ

こちらも曲線がキレイです。

IMG_6445

 

 

 

ガウディ!!!!!①

先日機会がありスペインへ行ってまいりました。

建築視察ではないので自由時間に行ってまいりました!!

しみじみと見て感動!!感激!!でした。

パッシブ換気に携わる人間は「絶対これは見なければならない!!」と固く思った次第です(笑)

気がつけば煙突の写真ばかり(笑)

100年位上も前に換気や採光、通風など建築環境を考えていたなんてすごいです。やはり名作には名作なりのよく考えられた事が凝縮されているんですね。

そして奇抜に見えるデザインも考えられた結果のデザインで、実はとても自然なデザインなのです。

見てきたのはカサ・バトリョ、カサ・ミラ、グエル邸、サクラダ・ファミリア、グエル公園です。

まずはこの美しい煙突群を御覧くださいww。

カサ・バトリョの煙突です。ニョキニョキしてます(笑)

IMG_6290 IMG_6295

カサ・ミラの煙突です。煙突が人の顔に見えます

IMG_6449

IMG_6480

IMG_6467

IMG_6464

 

 

グエル邸の煙突です。とてもカラフル。

IMG_6558

IMG_6535

IMG_6562

自立循環型住宅設計講習のお手伝い

さる4月28日、浦和コミュニティーセンターにて温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドラインについてお話をさせていただきました。今回は74人もの参加を頂き関心の高さを感じました。

昨年秋に発刊されたばかりのテキストで、2020年に義務化される省エネ基準のプログラムの元になっている研究で、内容が盛りだくさん!一日かけた6時間の講習となりました。私は寺尾先生と半分づつ担当だったので、一昨年4時間講習を一人でやった時よりは楽にできましたが、実は聞いている方は大変だったのではと思います(笑)

◯P4280170 ◯P4280176

自立循環型住宅設計とは、自然の風・

光・太陽光・太陽熱・気温・湿度等自然エネルギーの上手な活用法を身近な技術を用いて居住性や利便性を向上させつつ、エネルギー消費を半減することを目指すものですが、いきなりハードルをあげて50%達成しなければと考える必要はなく、ひとつからでも取り組んでいただければいいわけで、参加者からも「難しく考えていたけどとても参考になった」と嬉しい言葉を頂けました。

これからの住宅はこの自立循環型住宅設計を活かした家づくりを活用し、量産メーカーには出来ない家づくりをしっかりと提案していく事が地域ビルダーにとって重要な事ではないかと思います。

今後もこのような情報発信を行っていきたいと思います。

山本亜耕先生に旭川でソーラーウォーマー採用頂きました。

先週の土日に北海道の旭川で行われた山本亜耕先生設計の現場見学会で、ソーラーウォーマーをご採用頂き、山本先生のブログでパッシブ換気の工夫としてご紹介いただきました。

http://ako-re.blogspot.jp/2016/03/blog-post_63.html

パッシブ換気ではいつもお世話になっていますが、ソーラーウォーマーでは初めてお世話になる事ができました。

またこの現場を御見学頂いた秋田の西方先生にもブログでご紹介いただきました。

http://nisi93.exblog.jp/24259174/

2人の先生にご紹介頂きうれしい限りです。

パッシブ技術研究会3月勉強会報告

さる3月2日にパッシブ技術研究会の3月勉強会を開催しました。
午前中は大泉パッシブモデルハウスの見学です。
パッシブ換気とエアコン一台で全館暖房となる本モデルですが、「とてもうまく行っていると感じました。」「穏やかな、静かな空気環境で、最高の贅沢ですね。」といった感想をいただくことが出来ました。
●DSCN2962.JPG
午後からは場所を池袋明日館に移し、まず最初にコンクスハウジングの松下部長より、北海道大合宿&特別視察報告がありました。初日の移動でいきなり玉突き事故の先頭のバスに乗車していたトラブルに見舞われた話から始まり、やはり実際にパッシブを実践している現場の体感や、実物を見るということは聞くだけではわからない事がよく分かるといった報告となりました。何はさておき事故では無事で何よりでした。
●DSCN2989.JPG
続いて午前中に見学を頂いた大泉パッシブモデルの性能測定中間報告を私の方からさせていただきました。室内空気環境も良くしっかり換気されており、かつ暖房エネルギーもとても少ないことや、ソーラーウォーマーの効果やデマンド制御の効果についてもうまく作用している様子を速報で報告しました。細かい分析は今後更に進めてまた報告させて頂く予定です。
●DSCN2994.JPG
そして今日のメイン山本亜耕先生による「パッシブ換気が創りだす新しい間取り」についての講演です。
超断熱とパッシブ換気により「建物を設備化」するという発想と、その結果得られた空間をどう使うかについて様々な事例をご紹介いただきました。特に熱交換換気が省エネにならないということを、その場で電卓を使い計算するなど色々ヒントが得られるセミナーとなりました。
●DSCN3005.JPG
性能だけでなくデザインも重要な要素です。パッシブ換気をすることがパッシブデザインにつながり、タイトル通り新しい空間づくりに活かせる手法としてどんどん情報発信していきたいと思います。

北海道特別視察

今回、2月の北海道のパッシブシステム研究会大合宿の参加後に、パッシブ技術研究会メンバーで特別視察を行いました。

まず、25日の大合宿の後、株式会社キムラさんの建材展の見学のご案内です。キムラさんは北海道でも工務店さんへの支援や新しいものへの取り組みなど、普通の建材展より意識が高い会社なので、毎年2月に開催されるフェアには定評があります。

その後、札幌聖ミカエル教会へ。駅から少し距離があったのですが歩こうということになった途端、雪が強くなり着くまでには雪まみれに^^;。ようやくついた教会ですが、開いていません。てっきりいつでも見れるのかと思いアポを入れそびれていたのですが、運良く他の団体の見学の予定があったようで中を見ることが出来ました。

IMG_5858.JPG

こちらはアントニン・レーモンド氏の設計です。木造モダニズム建築の傑作と評されとても美しい建築でした。ステンドグラスの代わりに和紙を重ね貼した窓もとても建物と調和した良いデザインになっていました。

IMG_5864.JPG

IMG_5859.JPG

その後はホテルにチェックインし、明日の見学予定の札幌の建築家でパッシブ換気と300㎜断熱の山本亜耕先生と懇親会をしました。少人数で山本先生を独占し明日の見学会に胸を膨らませ楽しい札幌ナイトをすごせました。

 

翌日の26日は、まず旧荒谷邸の見学です。この荒谷先生とは、北大の名誉教授で、30年以上前にこのパッシブ住宅を自宅として建築された方で、昨今の温熱の基礎を作ったといっても過言ではない大先生の事です。現在は愛弟子のタギさんが譲り受けて、見学希望者があればタギさん自ら案内頂けて、本当にありがたいです。

IMG_5876.JPG

 

IMG_5879.JPG

↓24cmの外断熱やブロックによる蓄熱、

IMG_5878.JPG

↓空気の流れる仕組み(欄間)、

IMG_5881.JPG

 

30年も前にペアガラスを自作し、植物や玄関での雪の蒸発に寄る加湿、本当に奥が深く今でも十分通用する高い性能を持った住宅に、みんな驚きと尊敬の念をもって話を聞き入っていました。

IMG_5889.JPG

 

その後山本先生と合流し、平和の家と澄川の家を続けて見学させていただきました。

IMG_5920.JPG

IMG_5922.JPG

300㎜という超断熱とパッシブ換気が創りだす空間や生産者と共に作り上げるディテールや材料の工夫など、こちらも食い入るように皆さん知識の吸収をされ3月の勉強会の実践をすることができました。

 

最後は旧小熊邸でコーヒータイム!!。実はこちらも歴史的な建造物で、フランク・ロイド・ライト→レーモンドの流れをくむ田上義也という北海道を代表する建築家が設計した建物です。作風にFLライトの影響を強く感じさせる住宅で田上の代表作だそうです。そんな悠久の時を感じながらんのむコーヒーは格別で、大変よい視察ツアーを締めくくることが出来ました。

IMG_5934.JPG

PS、パッシブシステム研究会では元々ライトの設計した明日館で勉強会の開催をすることが多いのですが、今回もライトづくしの視察となりました。ライトに縁がある研究会として嬉しい視察をすることが出来ました。

3 / 512345