HOME : 換気 : MS調湿換気システムの特徴 : 湿度は汚れのバロメーター

換気

湿度感応型MSデマンド換気システムの特徴湿度は汚れのバロメーター

空気の汚れのバロメーター:湿度

01住宅内では、私達が思っている以上に大量の水蒸気(湿気)が発生しています。

大量の水蒸気はカビやダニの発生・増殖・結露・住宅の腐朽など
多くの問題を引き起こしています。

02湿度が上昇する主な原因は人間の活動です。

住宅内で私たちは様々な活動をしています。 料理・食事・洗濯・衣類の乾燥・お風呂・シャワーなどの活動からはもちろん、私たちが呼吸することでも水蒸気が発生します。この活動の量を生活量といいますが、この生活量が多くなればなるほど湿度は上昇します。

家の中で水蒸気を発生させる原因 g/h
1日の水蒸気の発生量はおおよそ10~12kgにもなります。※4人家族の場合

食事・団らん時、
湿度は上昇します。

湿度は空気の汚れのバロメーター

湿度は、住宅での空気の汚れの代表的な指針である二酸化炭素(CO2)濃度と密接的な関係にあり、CO2濃度が上昇すると湿度も同様に上昇します。

左図の黄色のエリアはCO2濃度は低いが結露の原因といわれる湿度の高いエリア。
CO2センサー付では対応できません。

二酸化炭素濃度と温度の関係

03湿度センサーが換気量を自動でコントロール

給気口・排気口に内蔵されているナイロンリボンセンサーが室内の湿度に反応し伸縮を行います。湿度が高い時には伸び羽根が開放され、低いときには縮み、その逆に動きます。こうして必要な場所に必要な量の換気が自動でコントロールされるので結果として、「誰もいない部屋の換気量を抑え、人の集まる部屋の換気量を増やす」ムダがなく省エネ効果の高い快適な空気環境が実現されます。

ナイロンリボンセンサー
排気口・給気口 図

湿度感応型 MSデマンド換気システムの特徴

従来の一定量を換気するシステムではこのようにスムーズに換気を行う事ができません。デマンドコントロールで、「必要なときに、必要な場所を、必要な分だけ換気をする」ことが実現できるのです。

MS調湿換気システム・空気の流れ
  • 01必要なときに必要な分だけ換気。過不足がないから、常に快適な室内環境を保ちます。
  • 02換気量を適切に制御し、必要以上の換気をしないから室内の熱損失を最大限に防ぎ、
    省エネにも貢献
    します。
  • 03湿気や汚れた空気を適切に排出することで、換気不足による結露やカビ、
    また換気過剰による過乾燥を防いで、人と住まいの健康を守ります。