HOME : デマンド換気 : 湿度感応型MSデマンド換気システム : 過乾燥の低減!!

換気

湿度感応型MSデマンド換気システムの特徴過乾燥の低減!!

冬場は私達が思っている以上に水蒸気(湿気)がムダに捨てられています。

冬場に必要以上に換気しすぎると外の乾燥した空気を多く取り入れてしまうことになり、室内の乾燥がより進行してしまいます。

なぜ過乾燥になるのか?

換気過剰による冬場の過乾燥を5~10%低減!

今までの換気システムは換気のニーズに関係なく一定量で換気をするため、過換気による過乾燥もおこりやすくなっていました。MSデマンド換気システムでは必要以上の換気を抑えるため、熱損失とともに過乾燥をも低減させる事が可能なのです。

MS調湿換気システム(デマンドコントロール型)と3種換気の湿度比較実測

MS調湿換気システム(デマンドコントロール型)と3種換気の温度比較実測

1.測定場所 札幌市内
2.測定期間 2005年12月23日~12月29日
3.居住人数 3人
4.測定条件
  • ・札幌市内の住宅団地内で立地も近似
  • ・MS=39坪 3種=36.8坪
  • ・断熱気密レベル/次世代基準、C値:1以下
  • ・パネルヒーティング

冬場の乾燥した空気を過剰に取り入れないので、
約5~10%程度の過乾燥低減効果が見込まれます。

東京都における実測データ

今まで30%を切ってしまうような乾燥状態だったがMSデマンド換気システムを採用するようになって40%程度以上をキープできるようになった。