HOME : デマンド換気 : 換気ってなあに? : 健康生活のための室内換気

換気

換気ってなあに?健康生活のための室内換気

とても重要な室内空気

室内空気は食物・水の摂取量よりも多く、人体が一生涯で摂取する物質の重量の約半分以上を占めています。ですから室内空気環境が人体に与える影響は大きくとても大切な事なのです。

換気は不可欠

換気は家族の健康を守ります。

結露によって発生したカビなどによる健康被害や、建材や家具に使用されている接着剤に含まれているホルムアルデヒドなどのシックハウス症候群の原因化学物質が健康に与える影響が深刻な問題となります。換気は、このようなカビを発生させる湿気や有害物質を屋外に排出して、快適で健康的な室内環境を保ってくれます。

換気は快適な室内環境をつくります。

換気不足のわかりやすい指標は臭いです。朝起きた時にいやな臭いを感じたり、他人の家に行くと独特の臭いを感じる事はありませんか?

適切な換気が出来ている室内では、その臭いや汚れた空気(CO2など)、ほこり、空気中に存在するダニの死骸を屋外に逃がし、適切な湿度を保った過ごしやすく快適な室内環境をつくってくれます。

換気は建物の健康も守ります。

生活で出る湿気(水蒸気)は結露の原因となり、カビの発生や木材を腐らせ建物を劣化させる大きな要因になります。住宅の耐久性を考える意味でも換気はとても大切なのです。

性能の良くなった現代の住宅では昔の住宅のように隙間だけで換気は出来ません(だから昔の家は寒かったのですが)。近年は、コンクリート造(気密性の高い)のマンションが増加したり、木造住宅でも強度を高めるために合板が使われたりしますので、気密性が高まっているのです。

そうした現代の住宅にとっては正しい換気の設置が必要不可欠であり、その換気を効率的に行うことで快適に暮らすことができるのです。

昔と今の換気の違い

窓開け換気で十分換気できる?

窓開けでも換気として十分なのでは?と思われるかもしれませんが、種別としては通風と考える必要があります。なぜならば24時間開けっ放しにすることは出来ないので、下のグラフのように窓を開けた時は良いのですが、閉めた時は空気の質が悪くなってしまいます。特に冬の暖房時期・夏の冷房時や就寝時・外出時には換気が難しいことが想像できます。また暖房・冷房時に窓開け換気をすることは、せっかく温めたり冷やしたりした室内空気も一緒に捨てることになるので光熱費も無駄になってしまうのです。

換気をしないと空気は淀む