HOME : 断熱と健康(スマートウェルネス中間報告)

断熱屋のぼやき一覧|断熱・セルローズファイバー

断熱と健康(スマートウェルネス中間報告)

先日スマートウェルネス住宅等推進事業調査の、住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する全国調査の第二回中間報告会に参加してきました。

住宅の断熱が省エネに寄与するのは周知のことですが、断熱は省エネだけではなく住まい手の健康へも大きな影響(効果)が有ることが最近の研究で実証され始めています。

本研究はその代表的な事例で、1800件の住宅で3600人の改修前後の血圧や生活習慣等、健康エネ影響を検証した世界的にもない非常に貴重なデータが集まりつつあります。

今回の中間報告で、得られつつある知見を要約すると下記の6つの大きな知見が得られました。

1,個人属性、生活習慣、室温から血圧を推計するモデルを作成。起床時の室温の低下による 血圧上昇への影響は、高齢になるほど大きい。(別添資料:P2)
2, 室温の低い家に住む人ほど、起床時の血圧が高血圧となる確率が高い。(別添資料:P3)
3, 室温の低い家に住む人ほど、動脈硬化指数と心電図異常所見が有意に多い。(別添資料:P3)
4,断熱改修後に起床時の血圧が有意に低下。(別添資料P4)
5,就寝前の室温が低いほど、夜間頻尿リスクが有意に高い。(別添資料P5)
6,断熱改修後に夜間頻尿回数が有意に減少。(別添資料P6)

別添資料

住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する調査の中間報告(第2回)
~スマートウェルネス住宅等推進事業の調査の実施状況について~

若いうちは良いですが高齢になればなるほど家が暖かいと健康に対する影響がこんなにも違うのかと驚かされます。薬を使わずに血圧が下げられ、かつ血圧に起因する病気(脳心血管疾患)になるリスクを減らすことができたり、なんと夜トイレで起きる頻度が減少する(=熟睡度が上がる)等、本当に健康に対する影響が大きいことが証明されました。今までも「リュウマチが良くなった」「アレルギーが良くなった」等お話は頂くことが多かったですが本当に健康への影響が大きい事をしみじみと実感しました。

省エネだけでなく健康にもいい高性能住宅。設備のように壊れるものではないので、新築時に採用すればその効果はずっと得られます。

弊社では断熱改修にも力を入れていますのでご興味の方は是非お問い合わせ下さい。

 

弊社断熱をブログで紹介頂きました。

昨日お邪魔した宇都宮のヨシダクラフトの吉田社長に弊社セルローズファイバーのことをブログでご紹介頂きました。特に弊社が今力を入れている性能向上リフォーム(耐震断熱同時改修)についても解りやすく纏めて頂きました。吉田社長ありがとうございますm(__)m。

http://yoshidacraft.net/14034/

大泉パッシブプロジェクト見学会

3/6〜8を中心に大泉パッシブプロジェクトの現場見学会を行いました。この物件は弊社のモデルとして建築したもので、パッシブ換気を採用し、床下エアコン一台で全館暖房と低温の床暖房となります。
太陽熱集熱パネル「ソーラーウォーマー」による給気の予熱とデマンド制御による換気のコントロールで暖房費の増加を大幅に抑え、MSグリーンファイバー(沈下防止対策麻入りセルローズファイバー)による超高断熱と高気密を実現しました。
建物そのものが換気装置であり暖房装置となるこの手法は、壊れずメンテナンスがほとんど必要無い、超省エネで快適な空間の提案となっています。
クローズドのご案内とパッシブ技術研究会の皆様含めると延べ100人以上の方にご覧いただき、建築手法による提案とエネルギーを使わない仕組みに高い感心を頂けました。皆様の参考になればありがたいと思います。
今後はデータ取得をして情報発信させて頂くとともに、冬季にパッシブ換気を体感出来る物件として、定期的に見学会を行っていきたいと考えています。

◯IMG_0478

「住まいと健康」「スマートウェルネス」シンポジウム

3月はシンポジウムラッシュ。
前半に断熱と健康の関係を考える2つのシンポジウムが有りました
断熱性能の向上が、省エネ以外にも効果がある事を実証しようとしている活動で、双方とも医学の見地からも検証しているのが特徴です。
実際に様々なデータがあり、入浴中心愛停止状態発生のデータから、冬に発生が多く寒さが影響を及ぼしていることがわかります。ところが都道府県別にみると実は北海道は少なく、断熱のレベルが高い北海道の室内は暖かく、断熱性能を上げることで冬のヒートショックを減らせる可能性が高いことがわかります。
スクリーンショット 2015-03-16 5.53.19
そしてスマートウェルネス住宅開発委員会。

苅尾先生の発表で血圧で大変興味深い話があり、血圧でとても重要視すべきなのは早朝高血圧(モーニングサージ)という新しい話がありました。下図右側のデータの通りモーニングサージが高くなればなるほど血管系疾患のリスクが上がるとの事。なぜこれが大事なのかというと、診察時のような平時では高血圧の兆候が少ない場合もあり、そしてこのモーニングサージのコントロールが一番難しいのだそうです。このモーニングサージも夏冬の季節間変動が大きく、室温が大きな影響を与えていることから、住宅性能が上がり住居温度環境が改善することでこのモーニングサージの改善に期待できるのです。

スクリーンショット 2015-03-16 6.23.41

続いて伊加賀先生の公演では、断熱性が高い住宅の方が室温が高く維持出来ていて、室温が高くなると血圧が下げられる結果が出ている。
スクリーンショット 2015-03-16 5.54.54
特にすでに高血圧になった人にとってはその効果はもっと大きくなる。 スクリーンショット 2015-03-16 5.54.42
また暖かい住宅の方が睡眠がよくなる事が調査からわかり、おそらく血圧にも良い影響があると想われるとのこと。
また室温変化や室間温度差が大きいと身体活動量が減少し、室内温熱環境が良くなると身体活動量が上がることる事が予想される事から、下記データの通り握力や活動量の向上が確認された。握力の向上は筋肉量の増加につながり、つまづき等の家庭内事故の低減に影響を及ぼし、ちょっとした事故で寝たきりなど担ってしまう可能性を減らせ健康寿命の遠心に繋がります。
スクリーンショット 2015-03-16 5.58.13 スクリーンショット 2015-03-16 5.58.35
そして、調査から寒さ改善による健康寿命の延伸が4歳も有るそうです。
スクリーンショット 2015-03-16 6.14.43
こちらは高橋龍太郎先生の発表で、海外で約1000件の断熱改修と健康仕様の調査をした事例があり、断熱改修の結果病気で休んだ日数が減少することがわかっている。スクリーンショット 2015-03-16 6.13.33
また健康長寿住宅エビデンス取得委員会のデータでも、断熱リフォームの前後でのモーニングサージが抑制されたデータが示されました。
スクリーンショット 2015-03-16 6.23.23
以上を簡単にまとめると、
 断熱性能をよくすると
 1、省エネ→光熱費の削減
 2,疾病予防→アトピーや風邪など日々の医療費が削減
 3,介護予防→健康寿命の延伸(ヒートショックによる血液系疾患やつまづきなど家庭内事故のリスク低減)
  と大きな効果があるということです。
最後に関連リンク紹介しますのでご興味有る方はご参考下さい。
リーフレット「住まいの暖かさが高齢者の健康に好影響!!」
住まいと健康を考えるシンポジウム資料

温暖地におけるQ値=1.9

今回ゼロエネの補助でQ値が1.9という指標がでました。

実は私も今までずっと考えてきていたのですが、温暖地においてこれからの目標とされるべき断熱レベルはこのQ値=1.9あたりだと考えていました。
もちろんそれ以上の断熱性による先進的な仕様もあってもいいですが、建築的に今までと違った特別な仕様や収まりにする必要がなく大きなコスト負担が無いレベルで達成できるのがこの1.9というレベルだと思います。

このレベルまで上げるときわめて少ないエネルギーで冷暖房が行えます。このように建物性能が高まると連続で暖房しても間欠で暖房しても暖房費が変わらなくなってきますから連続暖房を行う事でも快適性は格段に上がります。

温暖地においてこれから目指すべきレベルとだと思っています。

そして快適性という意味では、おそらく夜暖房を切って朝の室温が15℃程度以上をキープするレベルになりますし、非暖房室の温度差も2~3℃で済むようになるのでヒートショックになりにくい健康な住環境が得られるようになります。

※ただし立地や計画によっては絶対値ではありません(笑)

例えばこれをMSグリーンファイバーで行うとすれば
屋根(天井):200㎜
壁:120㎜
床:100㎜
窓:アルミ樹脂複合サッシ+LOW-Eガラス
換気:MS調湿換気システムor熱交換
で十分達成可能なレベルです。(もちろんプランにもよりますが)

是非検討してみてください。

特許取得しました。

先日セルローズファイバーをパネル内に高密度充填する技術で特許を取得しました。
弁理士さんによると、特許は申請は多くの人がするが、取得となると結構大変で、十分会社の技術力を示せる事だとお褒めを頂きました(*^~^*)ゝ いやぁ

広くセルローズファイバーを普及させる合理化技術として、工場生産が可能なパネル内に、容易にセルローズファイバーを均一に充填可能になりました。

従来のように高い技術レベルが求められる現場施工が必要無いので、工期短縮、コスト低減、品質の安定化といった合理化を図るパネル工法へのセルローズファイバーの採用が可能になりました。

断熱パネルを工場生産されたいという要望がある会社さんがいましたらお気軽にお問い合わせください。

セルローズファイバー回収工事

先日セルローズファイバー断熱工事の回収工事をおこないました。

この物件は数年前に断熱改修を行った住宅なのですが、今回アパートに建替えるという事で回収作業の依頼があり今回の事例へつながりました。


当社では以前からこのような回収依頼があり取り組んでおりました。回収機も既に制作して対応できるようにしていましたが一棟丸ごとの事例としては初めての取り組みとなりました。

結果は下記写真の通り!! ばっちり回収することができました。

もちろん沈下も全くありませんでした。

さらにこの回収した材料を建て替えの時にも十分使える事も確認することが出来ました。 回収した材料を再度使用することで、回収にかかった費用を一部賄う事ができます。

この先10年20年で解体されてしまうことはそんなにないのですぐにこのような事例が増えるわけではありませんが、きっとそう遠くない将来にはごみを捨てるのがどんどん難しくなっていくと思います。 そうしたときに当社で対応できるのは断熱材の部分だけですが、もう一度使う事が出来るというのはサスティナブルな社会に対応できるいい材料だなと感じています。

マツナガでは今後も回収の事例が増えていけばさらなる技術開発に取り組んでまいりたいと考えています。

社内工事研修

昨日、定例の施工研修を行いました。品質を保つため、意識を高いレベルで維持するため定期的に行っています。

行うたびに発見や技術の向上があり、とても意義があります。

熱容量の高い断熱材

新建ハウジングプラスの小池さんの記事に「熱容量を持った断熱材」とテーマが掲載されていました。

それによると通常の断熱材や低密度の断熱材よりも高密度の断熱材は熱容量が大きく、荏原氏の行ったシュミレーションによると夏も冬も非常に大きな差が出ています。

                   ※新建ハウジングプラス1 NO551 小池一三著                     独立自営工務店という選択より引用

高密度断熱材は室温変化が一番少なく実際の断熱効果は一番出ています。

弊社でも赤外線電球を使った実験を行ったところやはりカタログに記載されているデータとは大きく違った結果が出ていましたからその効果がどれくらいということを表現するのにとても参考になるデータです。

弊社の断熱工法にぴて断熱性能だけでは表せないこのような性能がある事を、ようやく表現することができました。

カタログ

ちょっと前ですが(ブログ更新がだいぶ滞っていましたのでww)、断熱材のカタログも完成しました。そのせいでホームページの進行が少し遅れてしまいましたが・・・

タイトルは「快適計画」。ただ断熱材の販売をするのではなくバランスを考えた高性能住宅についてトータルの提案を行なっていきたいと思い名前をつけました 。 また、これからのテーマとして、断熱+耐震改修や、将来の増改築や建て直しの際に必要になるセルローズファイバーの回収機についても触れました。 ご興味ある方は是非資料請求よろしくお願いします。

1 / 212