HOME : パッシブ技術研究会2017年11月勉強会報告

断熱屋のぼやき一覧|換気・デマンド型・調湿型

パッシブ技術研究会2017年11月勉強会報告

2017年11月27日 「なんでも生討論」を主体とする11月勉強会が池袋マイスペースにて開催されました。

第一部では「温水暖房について学ぼう」と題し東北住宅新聞社主宰紺野氏にご講演いただきました。 当会では温暖地を中心としているので、床下暖房にエアコンを活用してまいりましたが、温水でも施工できる可能性が有るのでは?ということから、改めて勉強をするために今回の勉強会開催となりました。温水方式とエアコン方式それぞれにメリットとデメリットがあり、温水方式についても一部トライが始まっており、温水暖房についても理解を深める事が出来る良い勉強会となりました。

⚫IMG_0036.JPG

第二部では暖房方式ワーキングの佐藤工務店の佐藤ワーキンググループ長よりワーキングで考えていることを纏めて報告頂きました。ポイントは床下エアコンの選定と設置方法であり様々な注意点やコツ等の解説頂きました。

⚫IMG_0049.JPG

第三部では「パッシブを失敗事例から学ぶ」と題し、出席者全員参加のなんでも生討論を講師も交えて討論しました。

⚫IMG_0057.JPG

なんでも生討論とは、失敗事例(改善したほうがいい事項という意味です^^)を共有しパッシブ技術の向上を会員全員で目指すもので、会の大きな目的の一つです。日頃の疑問や困っている事、工夫している事、伝えたいこと等を赤裸々に語り合い、会の発展はもとより会員それぞれの発展を目指すものです。この情報が蓄積されることでパッシブ技術の確立に繋がり、最終的にはQ&A集にもなります。

大きく分類すると煙突等排気方法について、暖房について、基礎について、給気について、換気量について、住まい方について、その他様々な事例等、大変闊達な討論会となりとても意味のある勉強会となりました。今回の生討論でとても印象的だったのは「パッシブ換気はお風呂が一番暖かい」という事が分かり、パッシブ換気の大きな特長の一つとして会員内で認識を共有することが出来ました。特にエアコンの設置方法やガラリの取り方、温水式とエアコン暖房の違いや音の問題など、日頃の疑問や不安を会員で共有することが出来ました。

毎年このような生討論を重ねて行きたいと考えています。

 

ニュース

パッシブ技術研究会総会&換気システムの維持管理について勉強会

すっかり過去のことになってしまいましたが^^;パッシブ技術研究会の活動報告をアップしたいと思います。

 

さる6月8日 2017年度の総会が開催されました。

2016年度の事業報告&決算報告、2017年度の事業計画&予算について承認され2017年度が無事スターしました。

IMG_7516.JPG

昨年度の成果物はパッシブ換気カタログ、住まい方マニュアル、そしてHPへの施工事例掲載と大きな成果をあげる事ができました。今年度は暖房旺式研究WGを立ち上げ、新しく調査・研究と取り纏めをしていくことになりました。会員も昨年度は1社、今年度は早々に1社の加盟もあり、ますます活性化していきそうで楽しみです。

総会の後、顧問の高知工科大学 准教授の田島先生に「換気システムの維持管理について」の基調講演頂きました。


IMG_7518.JPG

換気システムの維持管理についてその性能を把握することの大切さ、清掃が行われないと如何に換気の能力が落ちてしまうかを事例を元に説明。最後に室内環境とエネルギーという点から、熱交換換気の実測事例で、清掃を行わないで放おっておくと、なんと7ヶ月後には給気吹き出し口から出ている換気風量は減っていないのですが、フィルターが詰まることにより室内の汚れた空気がうまく外に排出できずに給気吹き出し戻ってしまい、新鮮空気の割合が半分以下になってしまうという驚きの結果となり、十分な新鮮空気の確保が出来ない状況になってしまっていました。

如何に清掃メンテナンスが大事かということがよく分かる講演で、シンプルなシステムな程、換気そのものの目的に対してはアドバンテージが有る事、そんな中でパッシブ換気はとても優れた換気手法であることを再認識することが出来ました。

2部では会員相互の自己紹介&各社のこの一年の取組発表で相互に活発な情報交換となりました。

 

パッシブ技術研究会7月勉強会報告

7月28日(木)【夏のパッシブとブランディング戦略を学ぶ】 と題したパッシブ技術研究会の7月勉強会に行ってまいりました。

第一部はコンクスハウジングさんによる宮地モデルハウスの見学と熊井戸社長によるセミナーです。

あIMG_0931.JPG

このモデルハウスは「スローライフな家」~パッシブで創る50歳からの平屋~ がテーマで、上記写真のように平屋に見えない平屋でとてもかっこいいデザインとなっています。弊社のソーラーウォーマーも正面右にバッチリ!

そして今回は、パッシブ換気を取り入れる為に、大屋根にすることで平屋でも高さが取れるようにし、それに現在弊社にて開発中の換気塔(下記写真参照)を組み合わせることで高さを確保していました。

あIMG_0934.JPG

この一年の結果が良ければ来年から提供出来るようになりそうです。

そして、熊井戸社長によるセミナーでは、設計や仕様については、特に主婦動線に注意した設計を行い、仕様を決めるのにも細かい所に気を使っている事がとてもよくわかりました。

あIMG_0920.JPG

そしてガンはストレスが原因の一番の理由ということからも、家でストレスが無いことを重視した設計になっていていちいち成る程と感心してしまいます。

 

お客様へ対しても、業者目線にならないように常にお客様目線を重視。モデルハウスの案内資料にはご主人様用と奥様用の裏表にしたチラシを作成しとてもわかり易くなっています。

また、このモデルハウスは、保健医療科学院の林先生と弊社とコンクスハウジングさんで共同研究を行っており、中間季・夏季についてもパッシブ換気で換気をまかなえる可能性を広げる実験を行っており、その説明を会員の皆様にさせていただきました。

あIMG_0938.JPG

 

第二部では「お客様から見た工務店とは? 」~お客様目線での企業ブランド作り~

と題し㈲制作室たつのこの吉田聖彦社長に講演いただきました。

あIMG_0950.JPG

お客様目線で常に考える事の大切さや、ブランディングについて一般的に陥りやすい間違いを、とてもわかり易くお話いただき、特に我々がどんなことが出来るのかを具体的に提案することや、「広く浅く」ではなく「狭く深く」掘り下げるブランディングが大切で、お客様に寄って来て頂けるような提案を心がける、等とても勉強になりました。

会員全員に是非聞いて欲しいとても実のある一日でした。

ガウディ!!!!!②

サクラダ・ファミリア

近年急ピッチで工事が進み2026年には完成させるとの事。

新築しているのに既に100年前の補修工事が同時並行で進む不思議な建築物ww

IMG_6349

グエル公園

まるでおとぎの国のよう

IMG_6343 IMG_6334

 

 

カサ・バトリョ

ベランダが仮面みたいですw

IMG_6261

 

 

吹抜け

上が濃い色で下に行くに従って薄い色にし、かつ窓の大きさも上は小さく下は大きくすることで、室内に入る光が上階も下階も変わらないようにデザインされている。

IMG_6279

かわいい換気口・通気口たち

IMG_6272IMG_6268

IMG_6280

曲線できれいにデザインされてます。

IMG_6269

小屋裏の通気口。デザインがおしゃれです。

IMG_6288

 

カサ・ミラ

こちらも曲線がキレイです。

IMG_6445

 

 

 

ガウディ!!!!!①

先日機会がありスペインへ行ってまいりました。

建築視察ではないので自由時間に行ってまいりました!!

しみじみと見て感動!!感激!!でした。

パッシブ換気に携わる人間は「絶対これは見なければならない!!」と固く思った次第です(笑)

気がつけば煙突の写真ばかり(笑)

100年位上も前に換気や採光、通風など建築環境を考えていたなんてすごいです。やはり名作には名作なりのよく考えられた事が凝縮されているんですね。

そして奇抜に見えるデザインも考えられた結果のデザインで、実はとても自然なデザインなのです。

見てきたのはカサ・バトリョ、カサ・ミラ、グエル邸、サクラダ・ファミリア、グエル公園です。

まずはこの美しい煙突群を御覧くださいww。

カサ・バトリョの煙突です。ニョキニョキしてます(笑)

IMG_6290 IMG_6295

カサ・ミラの煙突です。煙突が人の顔に見えます

IMG_6449

IMG_6480

IMG_6467

IMG_6464

 

 

グエル邸の煙突です。とてもカラフル。

IMG_6558

IMG_6535

IMG_6562

山本亜耕先生に旭川でソーラーウォーマー採用頂きました。

先週の土日に北海道の旭川で行われた山本亜耕先生設計の現場見学会で、ソーラーウォーマーをご採用頂き、山本先生のブログでパッシブ換気の工夫としてご紹介いただきました。

http://ako-re.blogspot.jp/2016/03/blog-post_63.html

パッシブ換気ではいつもお世話になっていますが、ソーラーウォーマーでは初めてお世話になる事ができました。

またこの現場を御見学頂いた秋田の西方先生にもブログでご紹介いただきました。

http://nisi93.exblog.jp/24259174/

2人の先生にご紹介頂きうれしい限りです。

北海道特別視察

今回、2月の北海道のパッシブシステム研究会大合宿の参加後に、パッシブ技術研究会メンバーで特別視察を行いました。

まず、25日の大合宿の後、株式会社キムラさんの建材展の見学のご案内です。キムラさんは北海道でも工務店さんへの支援や新しいものへの取り組みなど、普通の建材展より意識が高い会社なので、毎年2月に開催されるフェアには定評があります。

その後、札幌聖ミカエル教会へ。駅から少し距離があったのですが歩こうということになった途端、雪が強くなり着くまでには雪まみれに^^;。ようやくついた教会ですが、開いていません。てっきりいつでも見れるのかと思いアポを入れそびれていたのですが、運良く他の団体の見学の予定があったようで中を見ることが出来ました。

IMG_5858.JPG

こちらはアントニン・レーモンド氏の設計です。木造モダニズム建築の傑作と評されとても美しい建築でした。ステンドグラスの代わりに和紙を重ね貼した窓もとても建物と調和した良いデザインになっていました。

IMG_5864.JPG

IMG_5859.JPG

その後はホテルにチェックインし、明日の見学予定の札幌の建築家でパッシブ換気と300㎜断熱の山本亜耕先生と懇親会をしました。少人数で山本先生を独占し明日の見学会に胸を膨らませ楽しい札幌ナイトをすごせました。

 

翌日の26日は、まず旧荒谷邸の見学です。この荒谷先生とは、北大の名誉教授で、30年以上前にこのパッシブ住宅を自宅として建築された方で、昨今の温熱の基礎を作ったといっても過言ではない大先生の事です。現在は愛弟子のタギさんが譲り受けて、見学希望者があればタギさん自ら案内頂けて、本当にありがたいです。

IMG_5876.JPG

 

IMG_5879.JPG

↓24cmの外断熱やブロックによる蓄熱、

IMG_5878.JPG

↓空気の流れる仕組み(欄間)、

IMG_5881.JPG

 

30年も前にペアガラスを自作し、植物や玄関での雪の蒸発に寄る加湿、本当に奥が深く今でも十分通用する高い性能を持った住宅に、みんな驚きと尊敬の念をもって話を聞き入っていました。

IMG_5889.JPG

 

その後山本先生と合流し、平和の家と澄川の家を続けて見学させていただきました。

IMG_5920.JPG

IMG_5922.JPG

300㎜という超断熱とパッシブ換気が創りだす空間や生産者と共に作り上げるディテールや材料の工夫など、こちらも食い入るように皆さん知識の吸収をされ3月の勉強会の実践をすることができました。

 

最後は旧小熊邸でコーヒータイム!!。実はこちらも歴史的な建造物で、フランク・ロイド・ライト→レーモンドの流れをくむ田上義也という北海道を代表する建築家が設計した建物です。作風にFLライトの影響を強く感じさせる住宅で田上の代表作だそうです。そんな悠久の時を感じながらんのむコーヒーは格別で、大変よい視察ツアーを締めくくることが出来ました。

IMG_5934.JPG

PS、パッシブシステム研究会では元々ライトの設計した明日館で勉強会の開催をすることが多いのですが、今回もライトづくしの視察となりました。ライトに縁がある研究会として嬉しい視察をすることが出来ました。

パッシブ技術研究会27年度総会

さる6月12日、池袋明日館においてパッシブ技術研究会第3回総会(27年度)が開催されました。
IMG_0724.JPG
会員近況報告でもパッシブ換気の事例が増えつつ有り、取り組み事例もだんだん増えてきました。
さらには西は山口県でも一棟パッシブ換気の事例が建築中で将来のメンバー増強の可能性も増えてきました。そして、今年度は11月には世界のパッシブ換気を見に行こうということで海外研修も計画され、ますます活発な活動が予定されています。
IMG_0732.JPG
総会後の田島先生による基調講演では、「パッシブ換気の測定事例とエネルギー消費量について」講演を頂き、パッシブ換気の優位性がエネルギー上でも評価され温暖地である6,7地域では熱交換よりも省エネなことが分かりました。またソーラーウォーマーの省エネ効果もかなり高い効果を示す事が説明されました。
IMG_0750.JPG
続いて北海道のJ建築システムさんによるJグリッドポスト工法についての説明を頂きました。パッシブ換気システムは床下空間をチャンバー空間として活用するために、その部分の形状がとても重要で、なるべく障害にならないような基礎形状が求められます。本工法を採用することでそれが容易に実現できる工法として今後の検討課題として会員一同の高い関心がありました。
IMG_0759.JPG
以上盛会のうちの総会も終了し懇親会へ・・新しいとても良いスタートを切ることが出来ました。

海外研修先下見視察①

先日の6月13〜20日で、パッシブ技術研究会で訪問する先の下見と打合せを兼ねて、フランスとデンマークへ行ってまいりました。

まず最初のフランスですが、パリの20区でパリ市の市営住宅現場をメーカーの取り計らいで見学させてもらいました。何と住宅の管理運営会社、設計者、販売店、管理人、メーカーと6人位で案内を頂きました。

DSC03111
建物の上に煙突が見えています。
DSC03116
平面図です。
この物件は住みながらのリノベーションを行った案件で、外断熱改修や窓改修等の性能向上を行い、その結果気密性が高くなることから換気が必要となることから、エネルギー的に有利なハイブリッドパッシブ換気を採用されたそうです。結果としてエネルギー消費でAクラスを達成し補助金が受けられたそうです。
P6142240images
街の不動産屋さんで右図のようなエネルギーパスがこのように表示されています。
既存の建物では新たにダクトを通すことが出来ない事と暖炉用の煙突に使用した縦シャフトスペースが有ることから、既存物件の換気改修には唯一このアエレコ社の自然換気が認められています。特にハイブリッドは低圧力なので煙突のシャフトスペースを活用することが出来るのが大きな特徴です。ハイブリッドにすることで冬のパッシブ換気だけでなく夏もきちんと換気が出来るようになっています。
DSC03117
ここはベランダだった所を室内に広げた改修をしています。
DSC03119
窓用のデマンド給気口
DSC03120
キッチンのデマンド排気口です。ここから煙突につながっています。
DSC03129DSC03128
説明を受けています。私と田島先生の為に6人も来てくれました^^;
この物件を設計した設計士さんの娘さんが何と今年一年東大へ留学しているそうです。
DSC03134DSC03142
屋上に上がり煙突を確認!!
こちらはハイブリッド型の自然換気となっていて、冬の温度差が有るときは自然換気をし、夏の温度差がないときはファンが回るハイブリッドタイプで、1年中換気を確保できるようになっています。
DSC03132
当然省エネを狙うのには必需の太陽熱温水器も設置されています。
IMG_4910
隣の棟にもハイブリッド型パッシブ換気が採用されています。
最後におまけ^^
P6152290
小さいですが、屋上から垣間見るエッフェル塔。
◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯
続いてアエレコ本社工場訪問してきました。
工場も倍以上に大きくなり、現在従業員は350名。
私達が取り組み始めて20年弱となりますが、当時からすると会社の規模は数倍以上となりました。
時代が省エネに動いている証拠ですね。
昨年新社屋を建設したそうです。もう立派な大企業です。
IMG_4912
こちらは社長が日本的なものが好きなので作らせた日本風の中庭です。
DSC03174
ショールームもかっこよくなっています!
DSC03171
最後に仕事上の打合せを行いとても有意義な一日となりました。
現場もアエレコ社も11月のパッシブ技術研究会の研修視察に快く応じて頂けました。

 

パッシブ換気セミナー動画公開中です

「自然エネルギーを活用した住宅! 〜住い手のことを考えたパッシブ換気〜」と題して先月録画してまいりました。それが4月1日から一ヶ月間、日本住宅新聞のホームページ上で、説明動画が4回に分けて公開されています。

アーカイブされないのでご興味頂ける方は是非タイムリーに御覧ください。

1〜7日   現代の家づくりの課題

8〜14日  パッシブ技術とは?

15〜22日 パッシブ換気について

23〜30日 住い手のことを考えた理想の住宅とは

初めてのことなのでうまくお伝え出来たか分かりませんが、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

イベント情報

1 / 3123