HOME : 電気代値上げで考えるエネルギー源

断熱屋のぼやき一覧|家づくり情報

電気代値上げで考えるエネルギー源

友人からの情報で北海道新聞にこんな一面記事が昨日でました。

家づくりにおいて、当然生活にはエネルギーを使用するわけですが、時の流れに流されずしっかりと見つめて考えなければいけない時代が本格的に来たような気がします。
以下友人のコメント引用です。 「今日の道新一面に大きくオール電化住宅値上げ率 一般の3倍と出ています。 既に札幌ではオール電化住宅の値下がりが始まっています。コメントしているのが知人の田口社長だったのにも驚きましたが、電気料金が値上がりする事が中古住宅やマンションの値段へ影響する速さが予想以上です。 防衛策は幾つかあります。

オール電化で通常使用されている電気温水器をエコキュートにする。蓄熱暖房機を電気オイルパネルヒーターへ、又は電気温水式セントラル暖房ボイラをヒートポンプ式暖房ボイラに入れ替える。(非蓄熱式電気暖房割引を利用する) 等があります。もっとも値上げ幅の大きい深夜電力ドリーム8摘要時間帯に使用電力量を減らす事が考えられます。

その他、工事費は増えますが、太陽光発電を設置してオール電化のもっとも電気料金が高い昼間時間の単価(現在30.42円/kWh)の時間帯に逆に北電に売電して副収入を得る。あるいは空気熱ヒートポンプから地中熱ヒートポンプに切り替えて更に電力使用量を下げる等の方法があり、これらには国の補助金が利用できることになります(国の予算成立後に補助金の内容がいくつも毎年あるのでもっとも適する形にご案内する事にします)。 太陽光発電とこれらの改修を併用すると投資額は10年かからず全額回収できます。 灯油、プロパンガス、電気を利用している場合、ガスと電気だけにすることで今までのオール電化並みにランニングコストを下げるハイブリッド方式も今はあります。」

電気料金値上げ

ブログ更新だいぶ怠けてしまい、ちょっと前の話になりますが、電気料金が値上げされる事になりました。
今まで安定していた日本のエネルギーの価格が、将来上がる可能性が出てきたという事です。
今までオール電化+深夜電力を推奨してきた電力会社。その深夜電力利用の場合の値上げ幅はさらに大きいようです。
これからの時代、間違いなく言えることは、エネルギー源や設備の選択ではなく、そもそもエネルギーを使わない住宅づくりが重要になのではないでしょうか。
そういう家は同時に快適性も上がるので一石二鳥です。
エネルギーを使わない住宅はエネルギー代が上がっても金額UPはわずかです。エネルギー単価に右往左往しなくてすむ家づくり応援します。

住まいの税金

弊社でお仕事お手伝いさせていただいている岡庭建設さんで、ローン減税の恩恵といった税金関連の情報をホームページでとてもわかりやすくまとめています。

家づくりの計画にはとても大切な情報です。

是非参考にしてください。 http://www.okaniwa.jp/Subsidy3

腐る家に住む

 

先日発刊された本です。 友人が執筆しているのですが売れ行き好調のようです。 「腐る家」とは、熟成・朽ちる・腐るという意味が込められているとの事。 斬新なタイトルですね。 家づくりをするときに供給側の一方的な押し付けではなく、色々な考え方があり、今までとは違った視点で考えるという意味ではなかなか興味深い本でした。

 

一番最初の15年以上前に建築された環境共生住宅の事例で、先進的に採用れたエコ設備が、3~5年で壊れ修理もされずその後使われていないというくだりは、とても考えさせられます。将来のメンテや維持管理まで考えないと今のスマートハウスのような設備偏重の家づくりは限界があるのだと思いました。

家づくりを検討する時に読んでおいてもいい本だと思います。

デザインとは

先週太陽熱利用の本家本元OMソーラーさんへお邪魔してきました。 そこで打合せの最後に見せていただいたモデルハウスです。

言ってみれば6m×6mのシンプルないわゆる田の字プラン。

しかし、そこに設計されたものは、とても写真では表現できない素晴らしいものを感じました。

全てが計算された空間の作り方。それぞれの高さの設定ひとつとっても、部屋のつながりや窓の配置、視線の位置や間取りの可変性、空気の流れやなぜか落ち着く空間づくり。 そしてそれらが有機的に結びついていて言葉で表現できません。

我々の仕事はどうしても断熱工事ではまだ建築半ばの状態なので、普段はなかなか完成した現場を見ることが出来ないので久しぶりに感動しました。

設計とはこういう空間づくりなんだな~~と、しみじみ・・・

OMさんがらみで言えば、いつもお世話になっている伊礼設計さんも、私がとても感動させられる空間づくりをされています。 たまたま、今月伊礼さんの提案するプロジェクトi-worksが筑波に完成します。ご興味ある方は伊礼さんのブログを是非ご参考ください。そして機会があれば一度ご覧になって下さい。

設計家に建築を依頼をする意味(醍醐味)は、まさにこの空間デザインではないでしょうか?

今年のマツナガセミナースケジュール

セミナーのテーマは

「エネルギーについて」
「今すぐ出来る省エネ」
「省エネ診断」
「快適な住まいの作り方」
等、時事のテーマに合わせた様々なテーマで開催します。

予定は
3/2(土)
4/6(土)
6/1(土)
8/3(土)
10/26(土)
11/30(土)

是非ご興味頂けましたらご参加ください。

また、上記以外にも様々な情報発信していきたいと考えています。

詳細やテーマは更新情報にUPしてまいりますのでチェック下さい。

年間冷暖房負荷計算

先週参加したセミナーでとても興味深い話いセミナーがありました。

このセミナーで講演頂いた会社さんでは、Q値でなく年間冷暖房で計算しお客様に提案しているとのことです。そうするとQ値(住宅全体の断熱性能)は決して良くなくても年間の冷暖房負荷で計算をすると基準をクリアーすることが出来るそうでうす。

年間冷暖房で計算をするという事は通風・採光・日射遮蔽・蓄熱を計算するという事なので当たり前といえば当たり前ですが、通常この一軒一軒この計算するという事はとても大変な事なのでなかなか出来ないのです。逆を返せばQ値がいくら良くても設計が悪いと効果が100%いかされているかはその数値だけではわからないという事です。

太陽は重要な暖房装置、通風は重要な冷房装置、蓄熱はオーバーヒートを防ぎ冷暖房負荷を平準化(貯める)干渉装置緩衝なのです。日頃、断熱はもちろん重要ですが、通風・採光・日射遮蔽、最近では蓄熱がとても重要だとお話をさせていただいているのですが、まさにその答えがありました。

北海道のパッシブ大合宿ででた日射の利用と蓄熱と通じるものがありました。

エコハウスのウソ

まずは「面白い!!」。そして一般の方にとても読みやすくなっていると思います。

東大准教授の前先生が執筆された本です。

そもそも住宅における温熱関係の話は難しくわかりにくいのが定説で、どうしても考えている事を伝えようとすると難しい表現になってしまい、わかりやすく伝えられず歯がゆい思いをしていました。それがとてもわかりやすく書かれていて日頃私が思っていることが見事に表現されています

少しデフォルメしているぶん強い表現もありますが、なんと言っても環境省の行ったエコハウス事業の検証を行いその貴重なバックデータから展開する話はとても説得力があります。温熱系の話は物理現象なので理論が解れば怖くない事がよくわかります。

是非皆さんも読んでみてはいかがでしょうか?とても参考になりますよ。

内容を私なりにダイジェストすると・・・
・エアコンの正しい使い方
・通風の正しい考え方
・暖房の真理
・特に蓄電と災害対応の勘違い
・スマートメーターの過大な期待
・節湯が最強

などなど・・・  といった所でしょうか。

低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議

「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」のロードマップがパブリックコメントで発表されました。

ここで計画されているのは2020年にはゼロエネルギーハウス、を標準的な住宅とし、既存住宅の省エネリフォームを現在の倍にする事が目標です。 これはゼロエネルギーハウスが標準的な技術として確立するという意味です。

次いで2030年には平均でゼロエネルギーハウスとなり、これは一般的な新築は基本的にゼロエネルギーハウスで建築するという意味になります。

ちょっとわかりにくい表現ですね(^_^;)

ロードマップに記載されるという事はこれに従って国の施策が打たれるという事、一気に省エネへ舵が切れることになります^^) 先日もゼロエネルギーハウスの補助事業が告示され、現在募集中ですが、一気にこの流れに世の中が動いているのを肌で感じます。

興味ある方は下記HPを参照してください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000362.html

一万円でスマハ?

今はやりのスマートハウス!!
先日面白い商品を見つけました。 キーワードは「1万円で出来るスマハ」です。 自分で使用確認したわけではありませんがとても手軽でよさそうです。


スマートハウスにおける三種の神器(構成要素)は
1、太陽光発電
2、HEMS
3、蓄電池 です。

その中のHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)の部分のこの製品は該当します。
HEMSとは本来、家のエネルギーのコントロールをする事が目的なのですが、現在はまだ「見える化」をするだけで、技術的にマネージメントするまで到達していません。 従って基本的に見えるだけす。

技術発展の途上である現在、ちゃんとコントロールまで出来るようになるまではこのような製品でも十分かもしれません。 またこれなら既設の住宅でも利用できます。

この「見える化」だけで10~15%位は省エネ行動につながる事で省エネになると言われています。

現在販売されているHEMSも4月から補助金もでるようになりだいぶ安く買えるようになったのでそれを利用するのもいいですが、こちらの簡単なものでも、入門的に考えるなら十分だと思います。

詳細は下記リンクを参照ください。 http://www.lean-energy.net/