HOME : 基礎パッキン ネコニカ

基礎パッキン ネコニカ

基礎パッキンネコニカ

ステンレス耐震基礎パッキン~ネコニカ~

湿気&地震に強い基礎パッキン

従来のパッキンより耐震性・耐久性・施工性・通気性アップ

従来の基礎パッキンより耐震性がアップ

御存知でしたか?アンカーボルトはスキマが12mm以内でないと十分な強度を確保できません。

従来の20mmの基礎パッキンでは、アンカーボルトの強度を十分に生かすことができません。 ステンレス製基礎パッキンは、厚さが9mmなのでアンカーボルトの耐震力を強力にサポートします。

アンカーボルトの耐力試験で、隙間20mmより耐力があることが立証されました。
スキマ10ミリと20ミリのアンカーボルト曲げ耐力試験グラフ
M12アンカーボルト曲げテスト後の形状写真

ネコニカは土台と基礎の隙間が狭いので、
地震等の横揺れや曲げ圧力に対し、大きな抵抗を示します。

ネコニカと樹脂パッキン 比較

ステンレス製で低価格を実現

JFE443CE(2005年新開発銅)|2006年 日経優秀製品サービス賞 最優秀賞受賞|2008年 第40回市村産業省 功績賞受賞
汎用ステンレス鋼SUS304と同等の耐食性を持ち、
SUS304より安価な新しいステンレス鋼を使用

ネコニカ 第13回ステンレス協会賞 優秀賞

基礎パッキンの各社比較

商品名 ネコニカ A社 B社
主素材 ステンレスJFE443CT 合成樹脂(PP) 合成樹脂(PP)
耐久性 × ×
耐火性 × ×
アンカーボルトの耐力
滑り止め機能
防火地域
準防火地域
市場価格

★性能が樹脂パッキンより優れている上に、価格も大差はありません。

厚さ9mmだから防鼠材不要

鼠の動ける隙間は15ミリ以上。ステンレス製基礎パッキンは厚さ9ミリだから防鼠材が入りません。防鼠材が入らないから、その分コストがかかりません。表裏もないので、誰でも確実な施工ができます。

白アリを防ぎます

土台と基礎が接していると土台が腐りやすくなり、白アリの絶好の餌食となってしまいます。ネコニカを使用すれば、土台の腐る要因が減り、白アリの生息しにくい環境になります。

シロアリを寄せ付けない理由

コンクリートの水分吸収を防ぎ、木材の乾燥を促進させ、通気性を上げ腐れを防ぎシロアリを寄せ付けません

ねこ土台換気金物 9ミリ耐震パッキン ネコニカ

湿気と地震の多い日本の木造建築のためのステンレス製基礎パッキン

  摘要 品番 材質 板厚・高さ・幅・長さ 箱入数
(1) 2×4 NHP105-SQ JFE443CT 0.8×9×100×121 160ヶ
(2) 在来3.5土台 NHP105-MQ JFE443C 0.8×9×100×185 120ヶ
(3) 在来4寸土台 NHP120-MQ JFE443C 0.8×9×115×185 100ヶ
(4) 在来4.5寸土台 NHP135-MQ JFE443C 0.8×9×130×185 100ヶ