HOME : 断熱 : MSグリーンファイバーの特徴 : 防火性能について

断熱

MSグリーンファイバーの特徴防火性能について

びっくり!実は火に強いんです!!

炭化層が酸素の侵入を遮断してくれる為、火災がおきても表面が焦げるだけ。延焼を防ぎ、有毒ガスや多量の煙を出す事もないので、心強い安心住宅です。

防燃処理がしてあるので、もしもの火災でも材料は焦げるだけ。
隣家からの飛び火でも、延焼を防ぐはたらきがあります。

火災の時、グラスウールは施工が隙間気味になっている為、決して燃えにくいという事はありません。石油化学系の断熱材の場合は燃え広がれば一気に燃え上がってしまうでしょう。特に石油化学系断熱材では、火災時に有毒ガスが発生し大変危険です。MSグリーンファイバーでは、隙間のない施工が施されているので、表面が炭化しそれ以上 酸素が供給されない為、燃え広がりません。また、有毒ガスの発生もありません。

ごらんのように、MSグリーンファイバー断熱材は 焦げるだけで、燃え上がるという事はありません。

セルローズファイバー防火認定 建築基準法第68条の26第1項(同法第88条第1項において準用する場合を含む。)の規定に基づき、同法第2条第八号並びに同法施工令第108条第一号及び第二号(外壁(耐力壁):各30分間)の規定に適合するものであることを認める。認定番号:PC030BE-0198

1時間以上燃えた現場

室内はボード+珪藻土まで仕上げた状態からここまで燃えました。 写真の通りセルローズファイバー(灰色)の表面だけが焦げているだけで後ろ側の合板はなんともありません。

火災実験

実験方法

右図のように同一構造で造り、 同時点で着火し火災実験を行いました。

実験する断熱材の種類

  • ・断熱材未使用住宅
  • ・グラスウール使用住宅(10k 100mm)
  • ・スーパーZハウス(断熱層100mm)

下に本実験の結果を示します。
スーパーZハウスがもっとも防火性能が高い事がわかります。

防火性能実験風景

時間 未使用住宅 グラスウール断熱材 スーパーZハウス
0分 家の中にあるペイントシンナーに発火
5分 天井裏200℃   天井裏40℃
11分 天井裏400℃を超え落下    
21分   天井が落下  
60分 全壊 一部倒壊  
70分     天井が落下
137分   全壊 いぶりながら形を保つ