HOME : 断熱やのぼやき : 東海道2014③

断熱屋のぼやき 一覧

東海道2014③

2日目5月4日(後半)
いざ白須賀宿へ

ちょっとわかりづらいですが今も残る古い宿の町並み。
そして曲尺手。
道が直角に曲げられていて、軍事的な役割だけでなく、大名行列同士がかち合わないようにする役割もあったそうです。
火防樹
槙が道の左右に僅かに残っている。槇の木は燃えにくく耐火用に優れていて昔の火災の延焼を防ぐ役割を持っていたそうです。現在静岡県にの頃のはここだけとのこと。
庚申堂
手前に見える2匹と1匹が「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿の像がある。
ここから先二川までまたしばらくひたすら歩きます。
途中で見つけたコオロギ販売!!なんとコオロギが売っていました(笑)。
いよいよ二川宿へ
長かった静岡県。ようやく愛知県へ入りました^^;。
そして二川宿本陣
現存する本陣としては全国に二川宿本陣と草津宿本陣の二カ所だけの貴重な建物。
本陣の中は見学できるようになっている。
さすが本陣!とても大きな建物です。
玄関。昔の大名はここから出入りしていのでしょう。
玄関を中から見た風景

上段の間で大名が滞在した部屋
この部屋から見える庭もさすがです。

当然お殿様の入るお風呂はまた違いますww

こちらは併設された旅籠屋清明屋

旅人を迎え入れる様子が再現されていました。

そして併設された資料館ですが、結構内容が充実していてもっと時間をかけてゆっくり見たいくらいでした。東海道の歴史や様々な事が分かり易く解説されていました。こちらは二川宿のジオラマです。
二川駅を過ぎ二川宿をでて、吉田宿へ。
途中に以前の東海道を歩かれた方の情報であったクロマツが切り倒され、写真のように跡として残されていました。
ひたすら歩き、ようやく吉田宿入り口まで到達。
吉田宿は現在の豊橋市で、 古くは豊川に架けられた橋の名から今橋と言い、 池田輝政が城主となった1600年頃、今橋は 縁起のよい「吉」という字を取り入れ吉田に変えた。 宿場は豊川が流れ吉田城を有する城下町で 東海道の中でも大きな宿場の一つでした。ちなみに明治2年に豊川に架かる橋も名前をとって豊橋と3度目の改名をした町だそうです。
曲尺手門の石碑
曲尺手門は吉田城内への入口の一つ
吉田宿本陣跡石碑

本日の行程は豊橋市中心のここで終了。だいぶピッチが上がってきました。

断熱屋のぼやき

東海道2014②

2日目5月4日(前半)
渡しを渡ったところにある新井関所のところからスタートです。
現存の関所の建物はここにしか残っていないそうです。
「特に入り鉄砲に出女」を厳重に取り締まったため、多くの女たちはこの関所を通過しない姫街道を利用したそうです。
復元の高札場
ここから新居宿に入ります。中心部はこんな感じ。
新井宿は飯田武兵衛本陣跡と
飯田武兵衛本陣跡
疋田八郎兵衛本陣跡
の合計3件の本陣があった。
宿場境辺りにあるいつもの秋葉常夜灯
宿の外れにある棒鼻跡
棒鼻とは宿場の外れにあり一度に大勢の人が通行できないように土塁をつきだして枡形をなしていた所。「棒鼻」とは籠の棒先の意味がありこの場所で大名行列が先頭(棒先)を整えたのでこのように呼ぶ様になったそうです。
古い町並みを歩き
風呂の井へ
源頼朝上洛の折茶の湯に用いたそうです。
ここにも残る松の木
足利義教が紅葉を鑑賞したという紅葉寺跡
白須賀宿に向かう潮見坂へ
坂の途中から見える雄大な太平洋
潮見坂は西国から江戸への道中で初めて太平洋の大海原や富士山を見ることができる場所としても、古くから旅人を楽しませてくれた場所だそうです。
坂を登ってしばらく歩いた先にある潮見坂公園跡から見下ろす遠州灘です。なるほど、素晴らしい眺めです。

断熱屋のぼやき

東海道2014①

今年も一年ぶりに東海道歩きました。といっても3か月以上も前でアップが大幅におくれてしまいました^^;
ようやく半分の浜松を過ぎ少しゴールが見え始めてきました。子どもたちがついて来てくれる今のうちに京都までつかなくてはと少し焦りを感じ始めています。
さて、5月3日の1日目、前回終了の浜松からスタート。
前回は浜松のお祭りにぶつかりそのまま祭り見学してそのまま終了してしまいました。今回も同じ日程なので、当たり前ですがお祭りの日程と重なりますが当然スルーして(というかスタート地点ですが(笑))出発します!!
二つ御堂
JRを横切った先の3叉路交差点を曲がった所の左右にあります。藤原秀衡とその愛妾を弔う御堂だそうです。
熊野神社の高札場跡をすぎて
東海道沿いに時々残っている古い洋館がここにもありました。
舞阪へ向かう長い直線。特に見るものもなくひたすら歩きます。そして暑い!昔の夏が丁度GWの暑さに匹敵するのではないかと思います。
子供がスーパーから氷をゲット。これで手を冷やすだけでもかなり涼しくなかなかナイスアイデアです。
舞阪宿手前に残る松並木。
宿場入り口に残る見附石垣
大名行列などの際に番人が立って 人馬の出入りを監視した場所だそうです。
茗荷屋脇本陣。江戸時代からそのまま残る建物で旧東海道では唯一の脇本陣だそうです。ちゃんと内部も見れました

入り口

昔のお風呂

トイレ
トイレ男用
昔からこの形あったんですね〜
昔の船着場になる北雁木です。
復元されたものだそうです。雁木とは階段状の石畳を敷き詰めた渡船場の事で、舞坂には当時あった3つの雁木のうち、地位の高い者が利用したのがこの北雁木今切の船渡しになる場所だそうです。
今切とは昔は陸でつながっていたのが1499年大地震で切れたので今切という名になったそうです。
今日はここに友人の建築会社があり、その人と遅い昼食。本当は今切の渡しが復活したという情報を得てこの後それで浜名湖を渡るのを楽しみにしていたのですが、GW中は観光の方が忙しく今切の渡しに手が回らないということで体験出来ませんでした。なので一杯やってゆっくりして今日はここまでで打ち切りすることにしました。

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会総会

月24日パッシブ技術研究会が発足から一年を向かえ総会を開催。スタート時7社でスタートし現在12社に会員も増え、研究を実践へうつす2年目に入りました。

 
当会が目指すパッシブ技術とは、パッシブ換気の温暖地・蒸暑地での普及と、現実的に自然の力を上手く取り入れた住宅づくりを軸としています。

 

先期は会員が手がけた住宅のデータを収集し、現場見学、理論的な会員勉強会の資料として研究を続けてきました。今期は、会員内で東京・神奈川・長野・群馬でパッシブ換気を取り入れて建築される住宅があり、一年を通して更にデータを集め、快適さとの関係をさらに研究していく予定です。年間3回ほどのオープンセミナーを初め、勉強会や現場見学会、北海道の研究会への参加など活発な活動を行い、パッシブ換気を研究にとどまらず実践で示していく方針です。
 
総会後のセミナーでは40名弱の参加者があつまり、北海道科学大学の福島明教授と高知工科大学の田島昌樹准教授により、微弱な自然エネルギーの力による省エネの手法について、パッシブ換気はむしろ温暖地で効果を発揮する手法であることの講義が行われた。後半ではソーラーウォーマーの効果についての検証結果は会員からのかなり高い関心が集まりました。

断熱屋のぼやき

入門編・自立循環型住宅設計セミナーで頑張ります

住まいと環境東北フォーラム主催 東北電力後援で「入門編・自立循環型住宅設計セミナー」の講師をさせていただくことになりました。

全16箇所 ^^;

ちょっとハードですが参加して頂ける方に少しでも参考になるように頑張りたいと思います。

このセミナーでは、国土交通省国土技術政策総合研究所・独立行政法人建築研究所ならびに大学等研究機関と民間企業の共同研究組織『自立循環型住宅開発委員会』の成果をとりまとめた『自立循環型住宅への設計ガイドライン 入門編(温暖地版)』を使用します。このガイドラインは改正省エネ基準の一次エネルギー計算に必要な内容となっています。住宅の設計あるいは住宅の改修設計・施工に携わる実務者向けに居住時のエネルギー消費量を低減できる実用的手法を、なるべくわかりやすく解説したいとおもいます。

詳細はhttp://www1.odn.ne.jp/~htoenv/をご参照頂きお申込み下さい。

7/7  宮城 仙台市

7/8 宮城 石巻市

7/14  山形 山形市

7/15  山形 庄内

8/25  青森 八戸市

8/26  青森 弘前市

8/27  青森 青森市

9/8  岩手 北上市

9/9 岩手 盛岡市

9/29  秋田 秋田市

9/30  秋田 横手市

10/27 福島 いわき市

10/28 福島 郡山市

10/29 福島 福島市

11/10 新潟 新潟市

11/11 新潟 長岡市

断熱屋のぼやき

パッシブデザインで変わる!自然エネルギーを活用し機械に頼らない家づくり

パッシブ換気を軸としたパッシブ技術を活用し、量産メーカーに出来ない家づくりについてのセミナーを7月24日に行います。

パッシブ換気の育ての親である福島先生と、換気のスペシャリスト田島先生のコラボによるセミナーです。

当会も設立して2年目に入り、現在会員数は12社となりました。

ますます活発に活動してまいりたいと思います。

ご興味有る方は是非ふるってご参加下さい。

断熱屋のぼやき

太陽光発電で稼ぐ家

消費税UPや原燃料費調整などの要因で電気代がどんどん値上がっていっています。
話題の太陽光発電で稼ぐ家について、先日ある会合で話題になりました。

太陽光発電で作った電気を売ってローンに当てたり収入にする考え方がありますが、電気代が値上がりしていき、現在の売値32円/kWh(全量買取26年度価格)に近づいていった場合(買取価格も下がっていく)を考えてみます。
仮に電気の売電価格と購入価格が同じになった場合、太陽光発電で稼ぐという意味がかなり薄れてしまいます。それどころか購入価格の方が高くなってしまうと発電した電気を売るよりも自宅で使ったほうが得になっていきます。
環境先進国ドイツで起こっているのがこの現象で、現在では自宅で使用する分の適切な量の太陽光発電を計画するようになっているとのことです。

しかも、大きな発電量を確保するためには、南傾斜の全面片流れ形状の屋根にする必要があり、景観的にもあまり美しいとはいえない家の形になり、また、折角の南面の日射を太陽光発電優先で計画するため、日射取得が少なくなり熱的(暖房負荷)には不利になっていく可能性が高いかもしれません。

 

したがって、現状の過渡的な状況としてはこういう考え方もありで、それが出来る方はトライされるのも悪いわけではありませんが、住宅に求められる事項はお金だけではないはずなのでよく考え検討する必要はあると思います。

エネルギーについて、稼ぐとか稼がないとかを考えるより、そもそもエネルギーを使わないように考えた方が、今後どんな時代になっても適合します。なんていっても使わないのですからww(笑)
使う量が少なければエネルギーが高くなっても影響は少なく、またそれ以外にも快適であったり病気にならず健康になったりと多くのメリットが有るのではないでしょうか。

断熱屋のぼやき

住まいから暑さ・寒さを取り除く

様々建築関係の本がありますが、色んな意見や情報が氾濫している現在、知れば知るほどわからなくなっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この本はそういった方に(もちろんこれから建築をしようと考えている入門の方にも)是非読んでいただきたい名著です。
著者は北大の名誉教授で室内温熱環境計画の分野において、現在の基礎を築いてこられた大先生です。30年以上前に自邸で高断熱を実現し多くの優秀な研究者が荒谷先生の研究室から輩出されました。
普通なら「暖かい家」「高性能な家」と言った現在の表現とは違い、タイトルそのものが「住まいから暑さ・寒さを取り除く」となっています。建物にとって何が大切か考え方を学べる、そして荒谷先生の哲学が学べる本となっています。
 
それを象徴する表現として
 
・冬の外気は巨大な除湿装置。ただ温めるだけで大量の乾燥空気が得られる
・近代技術が得意とする有償である人工ネルギーの利用が欠点対応型であるのに対して、無償である自然エネルギーの活用は良さ発見型である。
・無償の自然エネルギーは独力では問題を解決し得ない弱さをもち、思い通りになる有償のエネルギーに隠れて目立たない
・無償のエネルギー(自然のエネルギー)は皆さんの廻りに満ち溢れている。それを有効に利用する技術が器としての建築と述べられています
 
そしてパッシブ換気も紹介されています。
 
読んで絶対に損はない本ですのでよろしければご参考下さい。

断熱屋のぼやき

高性能建材導入促進事業

今年はリフォーム市場の成長に力を入れている国交省の考え方に応じて「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の応募が始まっており、工事費の1/3、上限100万円の補助が得られます。そしてこれから始まる更に上位のレベルであるSランクの場合(殆スケルトンリフォームの場合)になると1/3の200万円の補助金が受けられます。

しかしこの補助事業は要求事項が多く、実際はなかなか使いづらいようです。
実は改修絡みでは環境共創イニシアチブの行っている「既築住宅における高性能建材導入促進事業」というのもあり、こちらは最大1/3、150万円の補助が受けられます。対象は登録された断熱建材のみですが、要求レベルも長期有良化のように構造や維持管理まで問われないので使いやすいようです。
弊社の断熱材も登録予定です。申込期限も6月末までございますのでよろしければご検討されては如何でしょうか?

既築住宅における高性能建材導入促進事業のHPはこちらです。

http://zero-ene.jp/material26/

断熱屋のぼやき

すまい給付金

新築をお考えの方へ

消費税増税対策として施行されているものに「すまい給付金」という制度があります。

こちらのサイトでは、ご自身の収入や、住宅ローンの予定を入力することで、実際にどれ位のローン減税が受けられて、すまい給付金がどれくらい貰えるのかのシミュレーションできるサイトになっています。

ご検討の方は一度されてみると良いですよ^^

断熱屋のぼやき