HOME : 断熱やのぼやき : パッシブ技術研究会3月勉強会報告

断熱屋のぼやき 一覧

パッシブ技術研究会3月勉強会報告

さる3月2日にパッシブ技術研究会の3月勉強会を開催しました。
午前中は大泉パッシブモデルハウスの見学です。
パッシブ換気とエアコン一台で全館暖房となる本モデルですが、「とてもうまく行っていると感じました。」「穏やかな、静かな空気環境で、最高の贅沢ですね。」といった感想をいただくことが出来ました。
●DSCN2962.JPG
午後からは場所を池袋明日館に移し、まず最初にコンクスハウジングの松下部長より、北海道大合宿&特別視察報告がありました。初日の移動でいきなり玉突き事故の先頭のバスに乗車していたトラブルに見舞われた話から始まり、やはり実際にパッシブを実践している現場の体感や、実物を見るということは聞くだけではわからない事がよく分かるといった報告となりました。何はさておき事故では無事で何よりでした。
●DSCN2989.JPG
続いて午前中に見学を頂いた大泉パッシブモデルの性能測定中間報告を私の方からさせていただきました。室内空気環境も良くしっかり換気されており、かつ暖房エネルギーもとても少ないことや、ソーラーウォーマーの効果やデマンド制御の効果についてもうまく作用している様子を速報で報告しました。細かい分析は今後更に進めてまた報告させて頂く予定です。
●DSCN2994.JPG
そして今日のメイン山本亜耕先生による「パッシブ換気が創りだす新しい間取り」についての講演です。
超断熱とパッシブ換気により「建物を設備化」するという発想と、その結果得られた空間をどう使うかについて様々な事例をご紹介いただきました。特に熱交換換気が省エネにならないということを、その場で電卓を使い計算するなど色々ヒントが得られるセミナーとなりました。
●DSCN3005.JPG
性能だけでなくデザインも重要な要素です。パッシブ換気をすることがパッシブデザインにつながり、タイトル通り新しい空間づくりに活かせる手法としてどんどん情報発信していきたいと思います。

断熱屋のぼやき

北海道特別視察

今回、2月の北海道のパッシブシステム研究会大合宿の参加後に、パッシブ技術研究会メンバーで特別視察を行いました。

まず、25日の大合宿の後、株式会社キムラさんの建材展の見学のご案内です。キムラさんは北海道でも工務店さんへの支援や新しいものへの取り組みなど、普通の建材展より意識が高い会社なので、毎年2月に開催されるフェアには定評があります。

その後、札幌聖ミカエル教会へ。駅から少し距離があったのですが歩こうということになった途端、雪が強くなり着くまでには雪まみれに^^;。ようやくついた教会ですが、開いていません。てっきりいつでも見れるのかと思いアポを入れそびれていたのですが、運良く他の団体の見学の予定があったようで中を見ることが出来ました。

IMG_5858.JPG

こちらはアントニン・レーモンド氏の設計です。木造モダニズム建築の傑作と評されとても美しい建築でした。ステンドグラスの代わりに和紙を重ね貼した窓もとても建物と調和した良いデザインになっていました。

IMG_5864.JPG

IMG_5859.JPG

その後はホテルにチェックインし、明日の見学予定の札幌の建築家でパッシブ換気と300㎜断熱の山本亜耕先生と懇親会をしました。少人数で山本先生を独占し明日の見学会に胸を膨らませ楽しい札幌ナイトをすごせました。

 

翌日の26日は、まず旧荒谷邸の見学です。この荒谷先生とは、北大の名誉教授で、30年以上前にこのパッシブ住宅を自宅として建築された方で、昨今の温熱の基礎を作ったといっても過言ではない大先生の事です。現在は愛弟子のタギさんが譲り受けて、見学希望者があればタギさん自ら案内頂けて、本当にありがたいです。

IMG_5876.JPG

 

IMG_5879.JPG

↓24cmの外断熱やブロックによる蓄熱、

IMG_5878.JPG

↓空気の流れる仕組み(欄間)、

IMG_5881.JPG

 

30年も前にペアガラスを自作し、植物や玄関での雪の蒸発に寄る加湿、本当に奥が深く今でも十分通用する高い性能を持った住宅に、みんな驚きと尊敬の念をもって話を聞き入っていました。

IMG_5889.JPG

 

その後山本先生と合流し、平和の家と澄川の家を続けて見学させていただきました。

IMG_5920.JPG

IMG_5922.JPG

300㎜という超断熱とパッシブ換気が創りだす空間や生産者と共に作り上げるディテールや材料の工夫など、こちらも食い入るように皆さん知識の吸収をされ3月の勉強会の実践をすることができました。

 

最後は旧小熊邸でコーヒータイム!!。実はこちらも歴史的な建造物で、フランク・ロイド・ライト→レーモンドの流れをくむ田上義也という北海道を代表する建築家が設計した建物です。作風にFLライトの影響を強く感じさせる住宅で田上の代表作だそうです。そんな悠久の時を感じながらんのむコーヒーは格別で、大変よい視察ツアーを締めくくることが出来ました。

IMG_5934.JPG

PS、パッシブシステム研究会では元々ライトの設計した明日館で勉強会の開催をすることが多いのですが、今回もライトづくしの視察となりました。ライトに縁がある研究会として嬉しい視察をすることが出来ました。

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会9月勉強会

去る15日に、「住宅の温熱計画の実践方法 」~テーマは実践!!具体的な事例から学び提案力UP~ と題した9月勉強会を開催しました。

第一部は、住宅の温熱計画 〜私の実践方法〜 として当会のメンバーである㈲佐藤工務店の佐藤社長の講演です。
実際に シュミレーションソフトを使い、物件のデータを入力実演をして、どんなことが出来るか?入力方法のヒントなど充実した内容となりました。
第二部では「未来の天気図を変える」〜開口部強化の重要性〜 と題し、㈱栗原の佐竹専務より開口部の色々について講演がありました。
サッシの歴史から始まり様々な特性や言葉の説明から始まり、特に興味深かったことは、ペアガラスの性能で一番大切なのは空気層の厚みで16㎜が一番性能が高くなるそうです。また、16㎜の空気層になるとアルゴンガスや高いクリプトンガスを入れたものでも性能があまり変わらなくなってしまうそうです。サッシのサイズや重量などから、空気層の厚みが取れない場合にはこれらのガスが有効に働くという目から鱗の情報でした。
明日からの仕事にすぐ活用できる技術情報を得られた内容となりました。

断熱屋のぼやき

東海道2015パート2③

2日目の5月6日。加佐登駅を出発し国道を少し歩き右に曲がるとすぐ庄野宿へ。

IMG_4747

古い町並みが残り、風情の残る庄野宿。広重の名作、庄野の白雨の題材となったところとして有名。

IMG_4748 IMG_4749

程なく旧小林家住宅。江戸時代末期の大型町や建築として高い評価を受けている。菜種油屋の建物で庄野宿関係資料や農具などが展示され当時の生活の様子が分かるように陳列されている。

IMG_4750

問屋場跡、本陣跡と高札場跡。いずれも標識だけ

IMG_4752IMG_4754IMG_4755

程なく川俣神社。境内にはかなり立派なスダジイがあり幹周りはなんと5メートルの巨木。

IMG_4756 IMG_4757

中富田の一里塚と再び川俣神社。なんと庄野には川俣神社が3つあるそうです。

IMG_4763 IMG_4764

安楽川。川俣神社から真っすぐ行った所にかつて橋があったが今はないため、和泉橋へ迂回し川を渡っていざ亀山宿へ

IMG_4765

まもなく井田川駅と旧井田川小学校跡。大正4年から昭和54年まで存続したとの事。二宮金次郎の銅像が物悲しい。

IMG_4767 IMG_4768

こちら電柱にカラスの巣が^^;。電柱の根元に「カラスの巣残置中」の告知。ネットで調べると、「カラスの巣を撤去すると、またほかに巣をかける。要するにイタチごっこで、切りがない。そこで安全と思われる電柱には、カラスの巣をそのままにしておく。」という電力会社の対応だそうです。

IMG_4769 IMG_4770

そして谷口法悦題目塔

IMG_4771

すぐ和田道標。東海道から旧神戸道に分かれる所にあります。

IMG_4774

そして和田一里塚。

IMG_4775

亀山市の取り組みで、古い建物がどんどん減っていく中、歴史的な町のたたづまいを復活する最初のプロジェクトとして屋号を記した木札を掲げることを始めたそうです。昔の人はお互いを屋号で呼び合ったそうで、何かきっかけになればとの思いだそうです。東海道を歩いていて所々で屋号が掲げられているのを見ましたがみなさん同じような思いでされているのかもしれませんね。古い建物と屋号の木札がいい感じです。

IMG_4777IMG_4780IMG_4786 IMG_4791

能褒野神社の一の鳥居を右手に通り過ぎ

IMG_4779

なにやらお城の天守のよう・・。城マニアでしょうか(笑)

IMG_4782

江戸口門跡。ここを90ド右へ曲がり宿中心部へ。

IMG_4783

樋口本陣跡。

IMG_4785

遍照寺を過ぎ

IMG_4789

少し坂を下ります。なかなか風情がいいです。

IMG_4790 IMG_4792

坂を下り、亀山駅から亀山城へ向かう広い道とぶつかった地点。今回は子供の反乱で無念の途中終了^^;。今まで奇跡的によく付きあってくれたが、これからは難しいかな〜?。でも一人で歩くのは寂しいな〜(笑)

IMG_4794

どうなるか乞うご期待(笑)

断熱屋のぼやき

東海道2015パート2②

これもなかなかの建物

IMG_4695

 

日永地区にある日永神社とつんつくおどりの看板。「つんつくおどり」は、大勢の人々が手をつなぎながら太鼓や笛などの囃子に合わせて円陣を作っていくという古くから伝わる郷土色豊かな踊りだそうです。

IMG_4697IMG_4696

 

路から少し入った所にひっそりとある薬師堂の薬師如来坐像

IMG_4699

東海道な残りの一本松。こちらも大切に保存されている。

IMG_4703

そして日永の追分。右手が旧東海道で左手が伊勢参宮街道となる分岐点。 当時の伊勢神宮二ノ鳥居や石道標、 常夜灯などが残されている。 道標には「右京大坂道」「左いせ参宮道」と彫られている。

IMG_4705

近鉄線追分駅の踏切を渡り少しすると小さな金毘羅堂

IMG_4708

その後、急な坂道となり杖衝坂へ入る。息吹山の賊を討ち傷ついた日本武尊敬が杖をつきながら歩いたというところからこう呼ばれるようになったとの事

IMG_4711 IMG_4712

 

坂の上には武尊が傷ついた足を止血した場所と言われる血塚社がある。

IMG_4714

また国道1号と合流してまた国道からそれ、石薬師に入る。

IMG_4715

石薬師の入り口にある地蔵堂。旅の安全のために誰かが建てたらしい。

IMG_4717

そして石薬師宿へ

IMG_4719

宿内に有るひときわ大きな旧家の小沢本陣跡。建物は明治初期に建替えられているが、西国大名や当時の人々の宿帳等が残っていて、赤穂の城主浅野内匠頭の名前も記されているとの事。

IMG_4723

ほどなく佐々木信綱生家の隣にある石薬師文庫。佐々木信綱が寄贈したもの。何故か生家ではなくこちらの写真しか撮っていなかった^^;

IMG_4726

立派な塀でガラリがいい感じです。

IMG_4728 IMG_4727

宿の外れにある石薬師寺

IMG_4729

石薬師を抜けて蒲川を渡った所にある石薬師の一里塚碑。

IMG_4732

その後はしばし田園風景。とてもいい!!

IMG_4735 IMG_4741

この後加佐登駅近くのここまで歩き一日目はここで終了。

IMG_4746

 

 

 

断熱屋のぼやき

東海道2015パート2①

盆休みで時間がとれたので、GWの東海道今頃のUPです。^^;

5月5日、前回の終着点からスタート!!

IMG_4663

 

富田の町並み

IMG_4664

富田小学校校門脇にある明治天皇御駐輦跡。明治元年(1868)旧東海道を明治天皇が京都から東京へ向かう際に、御休息された場所ということで、明治天皇が御休息の際、富田の焼き蛤を気に入られたのか、その後三重県への行幸の際には必ず立ち寄られ、4回にわたりこの場所で御休息され田都のことです。

IMG_4665

常夜灯をすぎて、旧街道の落ち着いた町並み

IMG_4666 IMG_4667

しばらく歩いて突き当たりにある力石。寺の建設のために奉納された土台石を、村人達が力自慢を競い合い 持ち上げた石で、大き石は120kgもありさすがにそれを持ち上げた人はいなかったそうです。

IMG_4671

米洗川手前にある常夜灯。大きいw

IMG_4674

米洗川を渡り少し歩くと「かわらずの松」。東海道沿いは多くの松が植えられていたが虫の被害で残る松が少なくなっているが、このたまたま残った松を町名が川原須と言われていたことからこの名前が付けられ、大切に保存していきたいという思いだそうです。

IMG_4676

東海道に時々見かける、歴史がありそうな建物で病院等が多いです。

IMG_4677

境内に古墳が有るという志氏神社(左)と光明寺(右)をとおり

IMG_4679 IMG_4680

三ツ谷の一里塚跡(左)を過ぎ、三滝橋(右)を超えて江戸時代に四日市宿内へ入る。

IMG_4684IMG_4687

 

三滝橋超えてすぐにある「なが餅」で有名な笹井屋。なんと創業は1550(天文19)年戦国時代!!なが餅とは細長く延ばした餡入り餅で、藤堂高虎が足軽時代に食し「武運ながき餅は幸先よし」 として気に入り有名になったそうです。折角なので試食^^。とても美味でした。

IMG_4689

そのまま進むとかつての宿場の中心部の街の一角に「すぐ江戸道」「すぐ京いせ道」の道標がある。「すぐ」とは、まっすぐの意味だそうです。右の写真は今は失われてしまった旧道が明示されていました。こういう情報とても嬉しいです。

IMG_4690 IMG_4691

四日市宿にはかつての建築物は残っていない。そのまま四日市のアーケード街を抜け、赤堀駅を過ぎ赤堀の町並み。

IMG_4692

左は鈴木薬局。膏薬の製薬を200年以上も営む旧家で、代々勘三郎の名を受け継ぎ、現在の当主鈴木と友造勘三郎さんは11代目。この建物は1852(嘉永5)年に建てられ、東海道沿いの古い建物の中でも一際がっちりつくられているそうです。膏薬を作った作業場や薬研など貴重な道具も保存されている。

IMG_4693

 

 

 

 

 

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会7月勉強会

さる7月22日、AGCスタジオに於いて、「誰でも出来る設計支援ツール「涼暖ナビ」と夏のパッシブ」~自分で出来る提案ツール。力をつけよう提案力~というテーマでパッシブ技術研究会の勉強会が開催されました。
◯IMG_0773
まず最初に会場を提供いただいた旭硝子さんからショールームの見学と説明を頂きました。住宅用と言うよりは商業系が中心なのですが、逆に知らないこともあり、皆さん興味深く見学されていました。
◯IMG_0779
続いて第一部で保健医療課学院の林先生による「環境性能設計支援ツール「涼暖ナビ」を活用しよう」と題した講演です。開発の背景や出来る事等説明を頂き、その後パソコンを操作しての実践を行いました。最近この手のシュミレーションソフトが充実してきて、かなり詳細にシュミレーションが出来るようになったのはいいのですが、逆に入力がとても複雑になってしまい、お客様とのコミュニケーションツールとしてはヘビーになってきている中、比較的簡便な入力でコストシミュレーションまで出来るこのソフトの存在意義はとても大きいのではと思っています。特に開口部の設計や断熱材とのバランスを簡単にシュミレーションできる事や、イニシャルコストとランニングコストの検証も出来るため、施主さんと検討する上でとても解りやすくとても秀逸なソフトだと思います。
災害復興支援の基金で作られているのでフリーであるというのも大変魅力です。機会があればパッシブ技術研究会として普及のお手伝いができればと考えています。
◯IMG_0805
続いて第二部で北海道科学大の福島先生に寄る「夏のパッシブ!窓を使った夏のくらし〜外気涼房と窓〜」というテーマで講演いただきました。一般的に通風というと直接風を取り入れることがイメージされますが、実はこれはちょっとっ建物があったり風向が変わるだけで計算通り行きません。しかし昔から立て込んだ町家では横の通風は無理なことから、中庭や緑を利用した揺らきで暑さをしのいでいた例から、横の通風ではなく縦の通風を活用しようという内容でした。
具体的には夏のパッシブとして高窓を利用して熱対流換気を行い、夜間は外気が下がるので、その高窓から冷気が降りきて外気涼房が可能となる事、昼は逆に熱い空気が入ってきて大丈夫なのかという疑問に対しては、実は熱の階層が出来るため、外気は外気温と同じ温度のところまでしか下がらないので大丈夫との事でした。また、フラット天井より斜め天井のほうが排熱に熱溜まりが出来ないので有利であることなどとても興味深い内容の講演となりました。
◯IMG_0821
参加者皆さんからの評判も良く、すぐ実務に活かせる内容とでした。

断熱屋のぼやき

海外研修先下見視察④番外編

こちらの番外編はデンマークからの帰りです。

●IMG_4936

空港へ車で移動途中のどかなデンマークの風景

●IMG_4941

リンホルム遺跡。オールボー空港からコペンハーゲンに帰るのにオールボー空港のすぐ近くにあるヴァイキングの遺跡です。眺めの良い丘に広がり墓や住居跡があり古代のロマンたっぷりの場所でした。

●DSC03294

飛行機から見下ろした風景。とても綺麗です。コペンハーゲンとスウェーデンのマルメを結ぶ大きな橋が見えています。

●IMG_4956●IMG_4958

飛行機降りるときに雨が降っいてきれいな虹が見えました。

よく見るとなんと二重になっています。

●DSC03305

こちらは虹がくっきり。

 

断熱屋のぼやき

海外研修先下見視察③番外編

今回の下見視察の番外編です。

まずパリ到着した翌日の日曜日、友人でフランスブルゴーニュのワイナリーに嫁いでいて、最近日本へもソムリエの田崎真也さんが認めたワインということで輸入されている「ドメーヌ・フルーロ・ラローズ」の久美子さんに会いに行ってきました。

何度もフランスを訪れていますが、実はパリから外に出るのは今回はじめてです!なのでTGV(フランスの新幹線)も初めてでした。片道2時間半かけて行ってまいりました。

途中ディジョンでTGVから在来線に乗り換えがあり1時間ちょっと待ち時間があったので少々街の散策。

とてもきれいな町並みで、パリを出るとこんなに綺麗なのかとびっくりしました。

P6142227

町の中心部への入り口

●P6142235

中心部まで歩く途中の景観がとてもいいです。

●IMG_4877 ●P6142238

上は途中にあった古い木造の建物。左は少し傾いています^^;右は赤で可愛いです。

P6142241

中心部に有るブルゴーニュ大公宮殿。噴水が綺麗です。

 

駅に戻り再び電車でボーヌへ。

ボーヌ駅から街へ向かって歩きます。

●P6142246●P6142247

これは街の入口で城壁に囲まれています。

IMG_4882

環状線と城壁が町をぐるっと回り囲まれています。

IMG_4887

小さい街ですが結構見どころもあります。

●IMG_4890

中央広場に立っている銅像。体の一部がありません(笑)

●IMG_4891

こちらはオテル・デュー。オテル・デューオテル・デュー、1443年に「ブルゴーニュ公国」の宰相二コラ・ロランとその妻によって創設された病院だそうです。屋根瓦がカラフルでとても綺麗でブルゴーニュの文化なんだそうです。

●IMG_4898 ●P6142266

久美子さんに迎えに来て頂き合流。ボーヌの街を後にしてドメーヌへ向かってぶどう畑の中を説明を聞きながら移動しました。ワインで有名なブルゴーニュ地方のぶどう畑が広がる雄大な風景です。ワイン好きにはたまりません。隣同士の畑でも全く価値が違うとの事でこのラインからこっちでは・・・あっちでは・・・という説明に驚きます。

●P6142260

途中、フルーロ家が所有している400年前の建物。元々ワインの製造にも使われていた建物とのことで中には大きなぶどう絞り器がおいてありました。とても風情があって素敵な建物ですが、現在使っていないのでだいぶ痛み始めてしまったそうです。今改修して使おうと考えているようで、いろんな事のスペースとして使ったりお客さん用に宿泊できるようにしようと思っているようです。次回来た時は泊まれるかも。楽しみです。

1時間程ドライブしてサントネー村へ到着。久美子さんのドメーヌへ

IMG_4903

この建物は、実はあのロマネコンティが最初ここでワインを作っていたそうで、規模もとても大きく由緒ある建物なのです。今では手に入らない貴重な道具なども飾ってあるそうです。

●IMG_4904●P6142268

地下2階約10mです。ワインの貯蔵醸造には通年を通して10℃(B1は11℃)70%を維持しているそうです。地上にはこの地下とつながる自然換気口があり、これがちゃんと機能しているそうです。

ドイツに占領されたが、建物の規模が大きかったことから高級将校の宿舎になったため、普通は略奪されてしまったのが、奇跡的に戦前のワインがのこされたそうです。

 あっという間の半日。この地域は温泉もあり昔から保養所があるような場所でなんと長期滞在客の為にカジノもあるそうです。おみやげに珍しいワインで作ったジュレとワインを購入してとんぼ返りでパリへ戻りました。

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会27年度総会

さる6月12日、池袋明日館においてパッシブ技術研究会第3回総会(27年度)が開催されました。
IMG_0724.JPG
会員近況報告でもパッシブ換気の事例が増えつつ有り、取り組み事例もだんだん増えてきました。
さらには西は山口県でも一棟パッシブ換気の事例が建築中で将来のメンバー増強の可能性も増えてきました。そして、今年度は11月には世界のパッシブ換気を見に行こうということで海外研修も計画され、ますます活発な活動が予定されています。
IMG_0732.JPG
総会後の田島先生による基調講演では、「パッシブ換気の測定事例とエネルギー消費量について」講演を頂き、パッシブ換気の優位性がエネルギー上でも評価され温暖地である6,7地域では熱交換よりも省エネなことが分かりました。またソーラーウォーマーの省エネ効果もかなり高い効果を示す事が説明されました。
IMG_0750.JPG
続いて北海道のJ建築システムさんによるJグリッドポスト工法についての説明を頂きました。パッシブ換気システムは床下空間をチャンバー空間として活用するために、その部分の形状がとても重要で、なるべく障害にならないような基礎形状が求められます。本工法を採用することでそれが容易に実現できる工法として今後の検討課題として会員一同の高い関心がありました。
IMG_0759.JPG
以上盛会のうちの総会も終了し懇親会へ・・新しいとても良いスタートを切ることが出来ました。

断熱屋のぼやき