HOME : 断熱やのぼやき : 25%削減ハウス

断熱屋のぼやき 一覧

25%削減ハウス

関東地域以西の温暖地では、断熱を少しがんばるだけで暖房費を大きく少なくする事ができます。 今までの提案を図で表示しました。

そこで鳩山総理の25%削減をキーワードに、Co2削減に貢献できる住宅イメージとなる、「25%削減ハウス」と「45%削減ハウス」なる提案を作ってみました。(約40坪程度の住宅で検討)
まず一般的な仕様の住宅スペックです

続いて25%削減ハウスの仕様です。 断熱強化と照明を蛍光タイプに変更しただけです。

最後に45%削減の超省エネタイプです。 更なる断熱強化と給湯関係に節湯タイプを採用し、エコジョーズの採用をしてみました。エコキュートまではしなくてもここまで減らすことができるんです。

決して大きなハードルではないんではないでしょうか?
その結果得られる省エネルギー(Co2削減)は下記グラフのとおりになります。

暖房のエネルギーにいたっては25%ハウスでも1/3、45%ハウスではなんと1/5にもなってしまいます。

続いて光熱費の削減も下記のとおり大きなものになります。

年間冷暖房費を2万円切ることもその他の工夫を取り入れれば十分可能だと思います。

また、初期に投資したものは十分回収可能ですし、設備のように10年後また費用がかかることがないので10年後からはその削減分はすべてお得になります。

今回はなるべく設備に頼らず住宅の基本性能を上げることで大きく向上することが可能なのです。

さまざまな提案を行っていますので是非お問い合わせください。

断熱屋のぼやき

フィットの実力

先日営業者として購入したフィットですが、いや~期待通り良く走ります。当初社内で燃費を競いあうような状態でした。燃費を伸ばすためにエアコンも我慢したりとその意識向上はとても高く微笑ましいです。

よく太陽光発電の紹介で、発電量や売電量といったメーターがあるとユーザーの生活行動が節約に動くのと同じですね。見える化というのはとても大切ですね。

今までの最高は16.99km で期待の15kmをクリアーしています。エアコンを使用する夏は少し燃費が下がり条件が悪いと11~14km位で、高速やエアコン使用が無い条件がいいと15~16km程度は走ってくれますので、ハイブリッドでなくても十分環境と財布にやさしいです。

今後弊社でも、住宅の省エネについて「見える化」 をテーマに取り組んでいきたいと思います。

断熱屋のぼやき

国連での鳩山総理のCO2削減25%について

ちょっと前になってしまいましたが、国連で鳩山総理がCO2排出量を1990年比で25%削減を目標とすると発表しました。とても話題になりましたが、今回はその件についてちょっと考えてみたいと思います。

産業分野では、石油ショック後の省エネ技術の向上により、上記グラフの通り1990年と比べても消費エネルギー量は増えていません。逆に高い省エネ技術を持っているためこれから大きく削減する事は難しいと思います

そこで注目されるのは民生分野(家庭部門)です。ただでさえ1990年から比較して30%も増加しており当然一番ターゲットになる分野だと思います。

そこで真っ先に頭に浮かぶのは太陽光発電ではないでしょうか?
しかし太陽光発電だけがCO2削減の特効薬ではありません。
実は断熱はとても大きな可能性を秘めているのです。
太陽光で発電する事も大切ですが、そもそも使用量が30%増えているのですからその使用量そのものを減らす事は直接消費量を減らす事は最も理にかなっているのです。しかも断熱は10年単位で更新が必要になる設備機器と違い、その効果が建物の寿命の分だけ享受できるのです。そしてなんといっても快適性や住宅内の温度差によるヒートショックを防ぐ等良い事づくめなんです。
次回その効果について検証したいと思います。

断熱屋のぼやき

新営業所開設しました

おかげさまで、本日10/1をもちまして下記営業所を開設する事になりました。
今までも全国各地でお仕事をさせていただいておりますが、今回縁あってこのような体制を取る事ができました。

我々は信頼の施工、確実な施工をモットーに、フランチャイズとは違い志を同じくする仲間をもってのみこのようなx展開をしていきたいと考えています。
今回これを機会に関東以外のお客様へのサービスを、今まで以上に向上させることが出来ると思いますので今後も更なるご愛顧のほどよろしくお願いします。

【MS西日本】 
重点対応エリア:広島県、山口県、岡山県、島根県、鳥取県
愛媛県、高知県、香川県、徳島県
〒731-5102広島県広島市佐伯区五日市町石内6392-2
岡山に統合。086-246-2465
広島は工事拠点として

【MS中部】
重点対応エリア:山梨県、長野県、岐阜県
〒408-0017山梨県北杜市高根町五町田166-2
080-5658-3750

断熱屋のぼやき

綿布団②

ちなみに綿布団の値段ですが、敷布団でなんと一万円以下で買えます。下手なものを買うとそれ以上するので普通にお値打ち価格です。

そして使ってみた感想ですがとても寝心地がいいです!!

汗を吸ってくれる、つぶれない、そして打ち直しが出来る(布団も粗大ごみなのでごみにするとまたお金がかかります)いい事尽くめです。

そして実はついでに そば枕も購入したんですが、これもまたとても寝心地がいいのです!!

おかげさまで、布団購入前の問題は一気になくなりました。やはり原因は布団だったようです。
一生のうちに布団にお世話になる時間は決して少なくありません。やはり睡眠ってとても大切な事なんだな~~と痛切に感じた出来事でした。

綿布団は久しぶりにヒット(ホームランかも^^)でした。

布団情報について、こちらのサイトがとてもよくまとまっていて分かりやすいです。http://www.ofuton.info/index.html

断熱屋のぼやき

綿布団①

二段ベッドを買ってから2ヶ月。今まで布団で川の字で寝ていたので人数分の布団が無くても何とかなっていたのが、ベッドになってしまったため、一人1布団が必要になっていました。結果、この2ヶ月布団が足りず、床に直接寝たり、毛布を敷いて寝たりでやり過ごしてきました。しかし、のように最近とにかく疲れが取れないような感じがするのと、昼間に無呼吸症候群の症状??どうしようもなく眠くなって落ちるようになっていました。これはまずい!!もしかしたら布団のせいでしっかりと寝れていないからかなと思い、ようやく布団を買い行ってきました。家内が綿布団がいいとうわさを聞きつけてきて探しましたが普通の量販店や家具センター、はてまたデパートでも売っていないのです。羽毛布団や化繊物しか売っていないのです。

そこで近所のいわゆる昔ながらの布団屋に突入。色々話を聞きました。やはり綿布団が一番よさそうということが分かってきましたところが今は綿布団を作れる職人も減り店も減っているとの事。綿布団は打ち直し等手がかかるのでなかなか一般のお店や量販店で取り扱うには難しいそうです。この店の店主自体もお年なのですが、体が続く限りはやるつもりだが、病気したりなんかあったら店はたたむとの事でした。

綿布団は決して高くなく、むしろとてもリーズナブルな値段です。

便利さ安さだけでなにか古き良きものがどんどん少なくなっていく、日本の現状をここでも目の当たりにしとても残念な思いがしました。買い手ももっといい物をきっちりと評価できる能力が必要なんじゃないかなと感じました。

㈱マツナガHP

断熱屋のぼやき

二段ベッド

もう2ヶ月前になります。今まで川の字になって布団を敷いて寝ていたんですが、
「布団の上げ下げが大変」「ベッドが欲しいという子供の要求」等等の理由でいよいよ念願の2段ベッドを購入しました。所狭しと並べてこんな感じです。

部屋が一杯に・・・

ところが購入してびっくり。

大手家具店で購入したのですが、納品直後のにおいがとてもきつかったのです!!まあ1台ならいざしらず4台もありましたからそのせいもあるかもしれませんが、それはそれはとてもとても寝れるような感じではありませんでした。

しばらくはこの部屋は使用しないで昼間は窓全開で換気をし、インターネットで家具のにおいや有害物質の分解をしてくれるというスプレーを購入しふりかけました。

さすがに2週間位するとにおいもだいぶ良くなって、念のためにホルムアルデヒドを測定してみたところ問題なかったのでようやく使用を開始する事ができました。

シックハウスの大きな原因である家具に対しての認識を少し侮っていました(^^ゞ。
しっかりと確認しないといけないな~としみじみ感じました。

断熱屋のぼやき

住宅の省エネの見える化(省エネナビ)

つづいて色々調べるとこんな製品もありました。

そしてさらに調べた所、とてもラッキーな事に知り合いの測定器メーカーの人からまさにその製品を試して使ってくれと依頼を受けました。

早速設置!!

設置はとても簡単でした。
毎日自宅に帰るとまずこのメーターを見てしまいます。メーカーさんの説明によるとこのようにメーターを取り付けると省エネ行動に走る為、10%位は黙っていて省エネになるそうです。 このようにメーターを確認できるととても意識が高まるのがよくわかりました。そして、日単位、週単位、月単位で消費電力、発生CO2、電気料金といった項目が表示確認できます。これならまさに楽しみながら省エネが出来る、とてもすばらしいシステムだと思いました。

今後は、全体の電気量だけではなく、エアコン位は分離して使用電力量がわかる物を検討していきたいと思います。そうすれば冷暖房費が実際にどの程度かかったかも解るようになるので、このような提案に取り組んでいきたいと思います。

断熱屋のぼやき

住宅における省エネの見える化

先日、パナソニックさんへお邪魔してきました。

我々の取り扱っている商品は、キッチンや化粧材料といった目に見えるものとは違い、断熱や省エネといった住んでからその効果が本当に実感できる商品なので、どうしても新築検討時に優先順位が下になりやすいといった悩みがありました。住んでいただければやっぱり採用してよかったと高い評価をいただけるのですが、なにか事前にそういった情報を提示できないか常々考えていました。

その以前から考えていた事は、その性能が「見える」ものになればいいのではないかと思っていました。

その具体的な商品の一つが今回見に行ったパナソニックさんのECOマネシステムです。

パナソニックHP
分かりやすく事例でいうと、最近太陽光発電がよくテレビで紹介されますが、その際セットになって説明される発電量・消費電力を表すメーターがあります。このようにその効果(この場合発電量や消費電力量の割合でいかに節約出来たか??)が日々見えるととてもその意識が高くなると思います。そして今度それが見えるとそこに生活している人たちの行動がとても省エネ行動に前向きに働き、結果として更なる省エネにつながっていくようです。そしてやはりどれくらい省エネしているか見えると省エネが楽しいものになります。弊社でも先日購入したフィットで社員が燃費が向上するように行動をするようになったことからも良く分かります。

今後、パナソニックさんの物がいいか分かりませんが、測定器メーカーと組めればこういった「見える化」ができる商品の提案も行っていきたいと考えています。

断熱屋のぼやき

ガンダム・・・・

行ってしまいました(笑) 多くを語る必要はないですね♪(お台場です)

光って

動きます

なかなかの迫力でした。

断熱屋のぼやき