HOME : 断熱やのぼやき : 東海道53次2015〜2016③

断熱屋のぼやき 一覧

東海道53次2015〜2016③

一路坂下宿へ向け山道へ。最初にある西願寺

img_5366

途中右手に見える筆捨山。この山の名の由来は画聖狩野元信がこの山の景観に惹かれて筆をとったが、激しく変化する天候に追いつけず、ついにあきらめて筆を投げ捨てたという言い伝えからきている。

img_5369

 

ひたすら山道

img_5372 img_5371

筆捨地区へ到着。立派な建物

img_5375 img_5373

松尾本陣跡。初日は亀山から公共交通を使うためにここまでで一旦帰る。バスは無いのでタクシーにて駅へ帰り宿へむかいました。

img_5376

 

【2日目】2015.12.31

さて2日目!翌日の朝はバスでここまで来れる。

img_5379

バスを降りた所が松尾本陣跡、大竹本陣跡、梅屋本陣跡、小竹原脇本陣跡と石碑だけが続く。

img_5380 img_5381img_5383

松屋本陣の玄関が移されている法安寺。
img_5382

立派な石垣が

img_5387

岩家十一面観世音菩薩の石碑。自然の岩窟を利用してたてられたお堂

img_5388

片山神社の参道を入る。うっそうとした杉木立をすすむ。ここがかつての古町で坂下宿だったが1650年の大水害で移設された。ところどころに石垣が残る当時を偲ばせる。

img_5389img_5390img_5392 img_5393

ほどなく片山神社に到着。

img_5394

 

ここからは鈴鹿峠に向けつづら折りのすごい山道が。

img_5396img_5402 img_5403

国道をくぐり広場がひらけた所に鈴鹿峠を行き来する馬の水飲み場跡がある。

img_5400

途中鏡岩に寄り道。鏡岩は珪石が断層のズレによりこすられ、露出面に艶が出たもの。昔峠に住む山賊が街道を通る旅人の姿がこの岩に映るのを見て待ち伏せたという言い伝えから、「鬼の姿見」とも言われていた。なお明治元年の山火事で鏡面の輝きは失われてしまったという。

img_5412

峠を超え広い平地が広がり程なく大きな万人講常夜燈。そのままこんどは緩やかに下り気温は0℃とちと寒い

img_5413 img_5416

 

 

断熱屋のぼやき

東海道53次2015〜2016②

いよいよ関宿へ。47番目の宿です。古代から交通の要衝で「伊勢鈴鹿の関」が置かれていた場所。

img_5313 img_5314

関の小萬のもたれ松

img_5315

 

 

すぐに東の追分。一の鳥居がある。

 

img_5321

 

そして町並み。古い建造物がよく残り国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

img_5322
img_5331img_5334

郵便が何と書状集箱(笑)

img_5332

 

建立当時のままの2階が残る伊藤本陣跡、橋爪家、石垣家とよく建物が残っている。電柱やテレビアンテナがないのも風情が増してとても綺麗だ。

img_5342 img_5343img_5346

 

西の入り口に近づくと高札場跡が復元されている。

img_5347

 

 

織田信長の3男の織田信孝の菩提寺である福蔵寺

img_5350

 

福蔵寺の向かえに会津屋(山田屋)がある。小万が育った旅篭として知られている。

img_5352

 

そして松葉屋という火縄銃に使う火縄屋がありなんとなく気になった古いレンガの塀を過ぎ観音院へ

 

関宿の終わりの西の追分

img_5361

ここから坂下宿へ向かい一路山道へ

 

img_5354 img_5357img_5359

 

 

 

断熱屋のぼやき

東海道53次2015〜2016①

一年越しの東海道更新となってしまいました^^;

【1日目】2015/12/30。前回終了の亀山からスタート!!

img_5278

すぐに亀山の町並み

img_5283

 

亀山城西の丸と外堀跡

img_5285

そして町並み、

img_5289

 

img_5293

 

森家住宅、光明寺

img_5290

img_5291

 

そして野村一里塚。とても大きく樹齢400年とのこと。一里塚としてほぼ完全な形を残しているそうです。

img_5295

 

いよいよ亀山を後にして三又路。もちろん右手の東海道へ・・

img_5297

 

布気神社を確認しつつ大岡寺畷を通り関宿へと向かう。畷とは、縄を張って真っ直ぐな道を作るということだそうで、その名の通り見事に真っ直ぐな道路です!

img_5299 img_5302 img_5308

 

途中の名阪国道高架下に広重の53次の絵が楽しませてくれます

img_5305 img_5306

 

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会9月勉強会報告

さる9月23日、パッシブ技術研究会の9月勉強会を開催しました。

テーマはずばり、【意外と知らない太陽光発電のホント】 です。

第一部は「四季を通じて心地よい空気環境を保つ温暖地版パッシブ換気の極意」として、私より、パッシブ換気の歴史や実績、取り組み方等、パッシブ換気に対しての理解と興味を深める為のお話をさせて頂きました。

●IMG_0980.JPG

そしてその後に温暖地で一番最初にパッシブ換気に取り組んだ原田工務店原田専務より事例の紹介がありました。具体的に事例で説得力の有る話が出来ました。

●IMG_0993.JPG

 

メインイベントの第二部!!

「意外と知らない太陽光発電のホント」 ~メリット・デメリットの両面からパッシブな家づくりとZEHとの関係を考える~ と題し、富山大学准教授の堀祐治先生にご講演頂きました。

話題のゼロエネルギーハウス(ZEH)にどう取り組めば良いのか?何のために太陽光発電をやるのか?太陽光発電の仕組みや発電の省エネ・太陽光発電は得なのか損なのか?、社会的背景や省エネ施策の背景、太陽光発電に対する考え方、目的、そして我々が目指すべき方向性についての示唆まで、とても多岐にわたるお話を頂きました。参加者から相当勉強になったという声を多く頂きお陰様で大変評判が高い勉強会となりました。

●IMG_1005.JPG

今後も皆様の役に立つ勉強会を企画運営してまいりたいと思います。

 

 

断熱屋のぼやき

パッシブデザインについて

●パッシブデザインとは

最近流行りの「パッシブ」という言葉、住宅業界で色々な場所で色々な意味で使われています。なにか聞き心地の良い言葉ですが、もしかしたらみなさんにとって、どういう意味か解ったようで実はよく解らない言葉ではないでしょうか?定義がない曖昧な言葉かもしれません。そこで私達の考えるパッシブについてお話したいと思います。

 

●「パッシブ」と「アクティブ」

まず「パッシブ」という言葉の意味ですが、直訳すると「受動的」という意味になります。

受動的と言われてもわかりにくいですよね。

まず、一般的にエネルギーと言えば、石炭、石油、ガス、電気と言ったエネルギーを想像されるのではないでしょうか?これは言ってみれば人工的なエネルギーと言えます。

それに対して、自然エネルギーとは太陽、風、雨、雲、水、地熱、蓄熱、氷、雪、蒸発、熱対流、放射、温度差、植物など無償かつ無限にあるエネルギーです。しかしエネルギーとしてはとても密度が低く微弱な力しか持っていません。そして人工的なエネルギーと違いコントロールが難しく思い通りに制御出来ないため、その活用には工夫が必要で、人間はそのエネルギーを活用する立場といえます。

しかし、人類は古来この自然エネルギーをうまく活用してきたはずです。

近年の科学の発達に伴い、人類は密度の高い人工的なエネルギーを使い、思い通りに環境を作ることが出来るようになりました。ただし、そのエネルギーは有償でかつ有限、それが近年の環境汚染にも繋がっています。

 

以上の事から、自然エネルギーの活用については、「自然にあるエネルギーを上手に活用する」=「受動的」=「パッシブ」、人工的なエネルギーの利用は、「自らエネルギーを使い環境を作る」=「能動的」=「アクティブ」と言えるのです。

 

●自然エネルギーの活用

私達の考えるパッシブ技術とは、まさにそういった自然エネルギーをうまく活用する事にあります。例えば自然換気は温度差を上手に活用する技術です。

繰り返しになりますが、自然エネルギーは地球上至る所に有り無限にあるエネルギーですが、人工的なエネルギーと比べとても弱い力なので、単体では十分にそのエネルギーがうまく活用出来ないので、様々な工夫や繋がりが必要になります。

 

例えば、寒い時に人工的なエネルギーであるストーブを使えばどんな状況でもあっという間に暖を取ることが出来ます。換気も機械ファンを使えばいとも簡単に換気を行うことが出来ます。しかし自然エネルギーである太陽熱や温度差による自然換気はそうはいきません。その日射をうまく取り込みその熱を逃がさない技術、室内外の温度差を上手に作る、「断熱」や「気密」をしなければその熱や温度差を活用することは出来ないのです。

ですので、建築におけるパッシブ技術とは、人工的なエネルギーと違い自然エネルギーという微弱な力をを最大限に利用するための建築技術&手法で、なるべく機械に頼らない家づくりを目指した技術といえるのです。

 

●パッシブ技術にはアクティブな人

しかし自然エネルギーをうまく活用したパッシブ=受動的な住宅は、その自然エネルギーを活かすために、そこに住む住人にはアクティブ=能動的が求められます。

なぜならば、風や外の空気を活用するためには窓を空ける、太陽熱を利用しようと日射を入れるためにはカーテンを開ける、日射を遮るためにはオーニングを下げたりカーテンを閉めたり・・・住人が環境を感じその操作を行わなければなりません。

もちろん機械=アクティブ技術を使えばもちろん自動で行うことも出来ますが・・・それではパッシブでは無くなってしまうのです。

 

パッシブ技術には、住み手の参加と生活の知恵が重要です。自然エネルギーとは無償であるが故、伝える人が少ないので自ら勉強する必要があります。(有償であるからこそ宣伝する人や伝える【販売する】人がいる)

パッシブ技術を実現するためには、住まい手も創り手も「アクティブ」=「能動的」である必要があるのです。

 

従って

「住む人がパッシブな生き方」=「パッシブ技術を活用したい」場合、「住まい手はアクティブ」になる必要があります。そして「住む人がパッシブ」であるならば「建物はアクティブ」である必要があると言えるのです。

 

さあ、あなたが選ぶ家づくりはどちらでしょうか?

 

(本文に、北海道大学名誉教授:荒谷登先生の著書「住まいから寒さ・暑さをとりのぞく」から、多くの言葉をお借りしました。有償で欠点対応型の人工エネルギー、無償で良さ発見型の自然エネルギー活用という荒谷先生の言葉はとても身にしみる言葉です。とても深い本ですので、家づくりにご興味の有る方には絶対ご一読頂きたい名著です。)

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会7月勉強会報告

7月28日(木)【夏のパッシブとブランディング戦略を学ぶ】 と題したパッシブ技術研究会の7月勉強会に行ってまいりました。

第一部はコンクスハウジングさんによる宮地モデルハウスの見学と熊井戸社長によるセミナーです。

あIMG_0931.JPG

このモデルハウスは「スローライフな家」~パッシブで創る50歳からの平屋~ がテーマで、上記写真のように平屋に見えない平屋でとてもかっこいいデザインとなっています。弊社のソーラーウォーマーも正面右にバッチリ!

そして今回は、パッシブ換気を取り入れる為に、大屋根にすることで平屋でも高さが取れるようにし、それに現在弊社にて開発中の換気塔(下記写真参照)を組み合わせることで高さを確保していました。

あIMG_0934.JPG

この一年の結果が良ければ来年から提供出来るようになりそうです。

そして、熊井戸社長によるセミナーでは、設計や仕様については、特に主婦動線に注意した設計を行い、仕様を決めるのにも細かい所に気を使っている事がとてもよくわかりました。

あIMG_0920.JPG

そしてガンはストレスが原因の一番の理由ということからも、家でストレスが無いことを重視した設計になっていていちいち成る程と感心してしまいます。

 

お客様へ対しても、業者目線にならないように常にお客様目線を重視。モデルハウスの案内資料にはご主人様用と奥様用の裏表にしたチラシを作成しとてもわかり易くなっています。

また、このモデルハウスは、保健医療科学院の林先生と弊社とコンクスハウジングさんで共同研究を行っており、中間季・夏季についてもパッシブ換気で換気をまかなえる可能性を広げる実験を行っており、その説明を会員の皆様にさせていただきました。

あIMG_0938.JPG

 

第二部では「お客様から見た工務店とは? 」~お客様目線での企業ブランド作り~

と題し㈲制作室たつのこの吉田聖彦社長に講演いただきました。

あIMG_0950.JPG

お客様目線で常に考える事の大切さや、ブランディングについて一般的に陥りやすい間違いを、とてもわかり易くお話いただき、特に我々がどんなことが出来るのかを具体的に提案することや、「広く浅く」ではなく「狭く深く」掘り下げるブランディングが大切で、お客様に寄って来て頂けるような提案を心がける、等とても勉強になりました。

会員全員に是非聞いて欲しいとても実のある一日でした。

断熱屋のぼやき

ガウディ!!!!!②

サクラダ・ファミリア

近年急ピッチで工事が進み2026年には完成させるとの事。

新築しているのに既に100年前の補修工事が同時並行で進む不思議な建築物ww

IMG_6349

グエル公園

まるでおとぎの国のよう

IMG_6343 IMG_6334

 

 

カサ・バトリョ

ベランダが仮面みたいですw

IMG_6261

 

 

吹抜け

上が濃い色で下に行くに従って薄い色にし、かつ窓の大きさも上は小さく下は大きくすることで、室内に入る光が上階も下階も変わらないようにデザインされている。

IMG_6279

かわいい換気口・通気口たち

IMG_6272IMG_6268

IMG_6280

曲線できれいにデザインされてます。

IMG_6269

小屋裏の通気口。デザインがおしゃれです。

IMG_6288

 

カサ・ミラ

こちらも曲線がキレイです。

IMG_6445

 

 

 

断熱屋のぼやき

ガウディ!!!!!①

先日機会がありスペインへ行ってまいりました。

建築視察ではないので自由時間に行ってまいりました!!

しみじみと見て感動!!感激!!でした。

パッシブ換気に携わる人間は「絶対これは見なければならない!!」と固く思った次第です(笑)

気がつけば煙突の写真ばかり(笑)

100年位上も前に換気や採光、通風など建築環境を考えていたなんてすごいです。やはり名作には名作なりのよく考えられた事が凝縮されているんですね。

そして奇抜に見えるデザインも考えられた結果のデザインで、実はとても自然なデザインなのです。

見てきたのはカサ・バトリョ、カサ・ミラ、グエル邸、サクラダ・ファミリア、グエル公園です。

まずはこの美しい煙突群を御覧くださいww。

カサ・バトリョの煙突です。ニョキニョキしてます(笑)

IMG_6290 IMG_6295

カサ・ミラの煙突です。煙突が人の顔に見えます

IMG_6449

IMG_6480

IMG_6467

IMG_6464

 

 

グエル邸の煙突です。とてもカラフル。

IMG_6558

IMG_6535

IMG_6562

断熱屋のぼやき

自立循環型住宅設計講習のお手伝い

さる4月28日、浦和コミュニティーセンターにて温暖地版 自立循環型住宅への設計ガイドラインについてお話をさせていただきました。今回は74人もの参加を頂き関心の高さを感じました。

昨年秋に発刊されたばかりのテキストで、2020年に義務化される省エネ基準のプログラムの元になっている研究で、内容が盛りだくさん!一日かけた6時間の講習となりました。私は寺尾先生と半分づつ担当だったので、一昨年4時間講習を一人でやった時よりは楽にできましたが、実は聞いている方は大変だったのではと思います(笑)

◯P4280170 ◯P4280176

自立循環型住宅設計とは、自然の風・

光・太陽光・太陽熱・気温・湿度等自然エネルギーの上手な活用法を身近な技術を用いて居住性や利便性を向上させつつ、エネルギー消費を半減することを目指すものですが、いきなりハードルをあげて50%達成しなければと考える必要はなく、ひとつからでも取り組んでいただければいいわけで、参加者からも「難しく考えていたけどとても参考になった」と嬉しい言葉を頂けました。

これからの住宅はこの自立循環型住宅設計を活かした家づくりを活用し、量産メーカーには出来ない家づくりをしっかりと提案していく事が地域ビルダーにとって重要な事ではないかと思います。

今後もこのような情報発信を行っていきたいと思います。

断熱屋のぼやき

山本亜耕先生に旭川でソーラーウォーマー採用頂きました。

先週の土日に北海道の旭川で行われた山本亜耕先生設計の現場見学会で、ソーラーウォーマーをご採用頂き、山本先生のブログでパッシブ換気の工夫としてご紹介いただきました。

http://ako-re.blogspot.jp/2016/03/blog-post_63.html

パッシブ換気ではいつもお世話になっていますが、ソーラーウォーマーでは初めてお世話になる事ができました。

またこの現場を御見学頂いた秋田の西方先生にもブログでご紹介いただきました。

http://nisi93.exblog.jp/24259174/

2人の先生にご紹介頂きうれしい限りです。

断熱屋のぼやき