HOME : 断熱やのぼやき : 燃料代が倍になったら・・・

断熱屋のぼやき 一覧

燃料代が倍になったら・・・

先日東北へ出張した際、お客さんから「今年は寒くて暖房費がえらくかかった」という話が多いとのことでした。実際に、灯油代は昔の3倍近くになり、電気代も上がることになりました。
これからは今の想定でかかっている燃料代(暖房費)が倍になった時の計算も合わせて提示しているとのこと。
現実味を帯びてきた昨今とても大切なことだと思いました。

断熱屋のぼやき

太陽光発電だけが全てじゃない(笑)

昨日東大の産学協同プログラムの講演会に参加してきました。私がずっと思っていた事でそこで発表された、「太陽光発電をなぜそこまで住宅に載せる必要があるのか?」ということです。

もちろん駄目とか意味ないとは思いませんが、今の全世帯の屋根に無理矢理太陽光発電を載せるという世の中の流れについて、景観上、メンテナンス上、効率上そんなにいい事なのかと思います。一軒一軒の家の上に乗せて売電なんて制御しづらいシステムを構築するつもりならその分をメガソーラーにして、そこに基金として自然エネルギー促進の投資としてリターンされる仕組みにした方がいいのではないかと思います。一軒一軒の住宅はトレードオフのような形で太陽光発電を乗せたのと同じ補助や助成の適用をすればいいのです。

太陽光発電を乗せる選択肢があるなら、そもそも発電する以上のエネルギーを使わないようにする方が早いです。スマートハウスを旗印に災害時の非常電源としてもうたわれていますが費用を考えるとそこまで役に立つとは思えません。そんな費用があるなら電池や食料・水のストックなど山盛りできます。

一方、経済対策・効果という観点もありますが、近い将来中国製の発電パネルに置き換わるであろうことを考えるとそれも??です。

太陽光発電を否定するつもりは全くありませんが太陽光発電ありきの現状には少しほかの方法もないのかと模索してしまいます。

最後に、太陽利用といえば熱という選択肢もあります。太陽熱はただ動かすのが大変なのですが作るのも貯めるのも容易です。一方太陽光発電は移動するのが容易ですが作るのも貯めるのも大変なのです。

断熱屋のぼやき

デフレの正体

とても興味深い本でした。
経済・景気は人口の波で起こり、現在の日本のデフレは特に生産年齢人口の減少が原因というのです。賛否両論あるようですが、このような切り口で経済を考える事はとても参考になります。景気の動向はもちろん重要ですが、それよりも「日本はどこに向かわなければいけないのか?」「何を目指さなければいけないのか?」といった点についても考えさせられる本だとおもいます。
日本はこれから類を見ないスピードで高齢化を迎えるわけですが、日本の人口構成の変化とそれに伴う経済構造の変化についてしっておくべきですし、とてもよい視点だと思いました。

断熱屋のぼやき

セルローズファイバー回収工事

先日セルローズファイバー断熱工事の回収工事をおこないました。

この物件は数年前に断熱改修を行った住宅なのですが、今回アパートに建替えるという事で回収作業の依頼があり今回の事例へつながりました。


当社では以前からこのような回収依頼があり取り組んでおりました。回収機も既に制作して対応できるようにしていましたが一棟丸ごとの事例としては初めての取り組みとなりました。

結果は下記写真の通り!! ばっちり回収することができました。

もちろん沈下も全くありませんでした。

さらにこの回収した材料を建て替えの時にも十分使える事も確認することが出来ました。 回収した材料を再度使用することで、回収にかかった費用を一部賄う事ができます。

この先10年20年で解体されてしまうことはそんなにないのですぐにこのような事例が増えるわけではありませんが、きっとそう遠くない将来にはごみを捨てるのがどんどん難しくなっていくと思います。 そうしたときに当社で対応できるのは断熱材の部分だけですが、もう一度使う事が出来るというのはサスティナブルな社会に対応できるいい材料だなと感じています。

マツナガでは今後も回収の事例が増えていけばさらなる技術開発に取り組んでまいりたいと考えています。

断熱屋のぼやき

旧荒谷邸~33年前の北海道パッシブハウス~

先日、北海道で建材のキムラさんの展示会に出展してきました。その展示会の後、縁あって旧荒谷邸を♪見学する機会を頂きました。

荒谷先生は北海道大学名誉教授で北海道において建築環境に関して第一人者の先生です。
現在活躍されている先生の多くは荒谷先生の教え子というすごい先生です。


この家は32年前に荒谷先生が自宅として建設した高性能住宅で、現在でも十分通用する性能を持ち、北海道のパッシブハウスとして注目を浴びています。

ブロック造で外断熱(250㎜)、手作りでLow-Eガラスをトリプルで作った木製窓等を使い

100坪もある大きな家を非常に小さなエネルギーで温水暖房し温度差のないとても快適な室内環境を維持しています。

冬は南面の大きな窓から日射を取り込み、夏は当然日射遮蔽と小屋裏に設けた排気窓を開けることで通風もしっかりデザインされていました。


しかしなんといってもブロックの蓄熱がよく機能しているのがとてもよくわかります。


この玄関入ってすぐの土間は、ここで雪を落とすことで加湿器になるとのこと。


32年前に手作りで2重玄関扉になっておりしかも断熱戸になっているとのこと


このとき説明してくれたタギさん(現在ここにお住まいの環境コンサルタント)の話で興味深かったのは、、「熱交換率90%以上の換気を「排気の温度が低くて凍っちゃうよ」という一言でした。熱交換効率が高くなると排気温度が外気に近づくことで室内から出た湿気が出口で凍ってしまうのだそうです。よく考えてみればその通りと新しい発見とともに熱交換換気のむずかしさの一端を再発見してしまいました。

断熱屋のぼやき

健康維持増進住宅研究シンポジウム

先日健康維持増進住宅研究シンポジウムに参加してきました。 さすがに研究もだいぶ成果が出てきており今回はとても参考になる話が聞けました。

まずなんといっても居住者向けのガイドブックが完成しました。 これは新築住宅だけでなく現在の住まいに対して見直す事にも使えるものです。もちろん新築住宅を建てる際にも参考になりチェック・打合せ事項のコミュニケーションツールとなっています。

健康に暮らすキーワードが
1、予防・安全
2、静養・睡眠
3、入浴・排泄・身だしなみ
4、コミュニケーション・交流
5、家事
6、育児期対応
7、高齢期対応
8、自己表現
9、運動・美容
といった9のつのキーワードでまとめられており
・基本→健康を損なわないための必須のレベル
・推奨→健康の維持増進のために望ましいレベル ・選択→ライフスタイルや状況に応じて選択するレベル にわかれて解説されています。

ガイドブックにはこれを部屋ごとにわかりやすくまとめられているのでそれらをチェックする事で、健康に暮らすヒントや注意しなければならない事がわかるようになっています。

こちらで購入できるのでご興味のあるかたはぜひ参考にしてください。 http://www.ibec.or.jp/tosyo/index.html#kenko

次はキャスビー健康チェックリスト こちらは健康をきっかけに住宅を見直すものでこちらのページで誰でも診断することができます。 原因が特定できれば上記の資料を参考にしていただければ誰でもできます。 http://www.ibec.or.jp/CASBEE/casbee_health/index_health.htm

それから面白かったのは住宅満足度がストレスと腰痛・肩こりに与える影響です。

上記キャスビー健康チェックリストのスコアがいい=住環境満足度が高いとストレス軽減・健康増進できる可能性が示唆されました。

この調査は大規模なアンケートにより解った結果で、改めて住まいの満足度が上がると腰痛や肩こりに影響を与えるという事が検証されました。


住まいの満足度が上がる

家事が楽しくなる

ストレス・疲労感が少なくなる

腰痛肩こりがよくなる

という風に間接的に連鎖しているのです。

住まいへの満足度を上げるには、快適な住環境が必要です。設備ではなく住宅性能の向上がこのようなプラス効果があり、住環境が健康に与える影響がとても大きい事がよく理解できる話でした。

断熱屋のぼやき

長期優良住宅先導事業シンポジウム

少し怠けていたらあっという間に前回UPから1か月以上たってしまいました。 今日から少し頑張って書こうと思っています。

昨日、長期優良住宅先導事業シンポジウムに参加してきました。 この長期優良住宅事業は平成20年から約4年が経ち、先導モデル事業としては本年で一応しめくくりを迎えます。ただし長期優良住宅の認定制度はまだ続きます。 現在、新築での長期優良住宅の割合は25%前後で推移しているとのこと。かなり普及されてきたんだな~と感じました。

そして高度成長+住戸不足のスクラップアンドビルドの社会からストック型の社会へと大きな方向転換をして、少子高齢化、人口減少といったこれからの日本において、今後重要になるのはそのストックをどう有効活用するかといった中古住宅市場へマーケットも大きく変遷していくことが予想されます。

今回のシンポジウムで東大の松村教授の講演がとても解りやすかったのでご紹介させていただきたいと思います。

これからは新築以外のウエイトが増えていく→ストック型社会へ 以前すでにストック型に移行している海外での調査でも、そういったマーケットで求められていく人材は新しいタイプの人間である事だったとの事でした。

新しいタイプの人材とは、=それは今まで以上にコミュニケーションが出来る・提案や取りまとめが出来るといった人材が求められるようになるであろう。 なぜかというと今までの新築のようにきめられた言ってみれば狭い範囲での提案ではなくなるから。

今までは無いから建てていたものが、これからは住まいはあるけど何とかしたい=生活や住まい方というフィールドへチェンジ。リフォーム・リノベーションはその一部として検討される。だから費用対効果といった説明が必要になるし、生活がどうなるかといった暮らしの提案が必要になる。

これは異業種との連携も必要になってくるであろうし重要になる。

これからの住宅産業は今までとは違う新しいマーケットと認識して取組んでいく必要があるとしみじみと感じました。 そして我々としてまず出来る事である、断熱されるとどういいのか?どんな生活ができるのか?といった点から情報発信をしていきたいと思います。

断熱屋のぼやき

東電が電気料金を値上げ

いよいよ東電が電気料金の値上げに動きましたね。
今まで、日本において大きくエネルギー代が上がらなかったのは奇跡ともいえるのではないでしょうか?電気代においては石油ショック以来との事。

家においても「燃費が重要」になってくる時代がもうすぐそこまで来ました。
このようにエネルギー問題は普段の生活においても光熱費に直接かかわるのでしっかりと考えていく必要があると思います。

今回の福島原発問題で、「原発は安い」という試算は大きく変わりました。
原発は、ひとたび事故を起こした場合の問題だけでなく、最近の報道で廃棄にも膨大なエネルギー(費用・時間・危険)という事が解ってきました。使用済み核燃料なども、何百年も保管して管理しなければいかないし、しかもその保管量はこのままいけばどんどん増え続けていけば最後にはいったいどうなってしまうのでしょうか?
いずれにしても、原発は人類が手を付けてはいけない領域なのではないかと思います。

昨今の、「税と社会保障の一体改革」の問題で、将来世代につけを先送りし、負の資産を残さないようにしなければならないのと同様、エネルギー問題についても決断する必要があるのではないでしょうか?

断熱屋のぼやき

ソーラーウォーマー製造元訪問

時間建ってしまいましたが10月ヨーロッパ出張時の報告です。

今回の報告は、デンマークのソーラーウォーマー製造元への訪問時レポートです。

こちらの会社は太陽熱利用機器メーカーとして、ドイツで省エネや温熱環境系の研究で有名なフランフォッファーでも共同研究等を行っており、その中でも高い評価を得ている会社です。

現在、今まで太陽エネルギー利用に関連する機器のEU基準がなかったらしいのですがその策定にも携わっているとのことです。

まず先方から提案のあったのはコペンハーゲンと札幌の気象状況比較でした。 こちらが札幌です。

こちらがコペンハーゲンの気象です。


気温は札幌の方が一ランク低く、降水量=積雪量も多いのですが、よくみると日射量(一番下の数字)は札幌の方がコペンハーゲンより倍くらいあります。 という事は日本ではデンマークよりも高い効果が出るという事です。

ソーラーウォーマーの利用用途は国ごとに結構特徴があるそうですが、納戸や収納庫等のカビ防止(保管物が湿気ない)、除湿・乾燥から始まって、補助暖房、洗濯物干し用、週末に家族で過ごすミニハウスや別荘といった住宅用、はてまたガレージや地下室といった除湿乾燥させたい空間、工場やオフィスの換気用(換気の熱損失を防ぎ省エネ)などなど・・・・、 暖める、除湿(湿気させない・かびさせない)、換気と様々な用途で使用されているとのこと。

製品の品質面では、特に太陽光発電パネルの品質確保が一番重要だそうですが、そのパネルの品質チェックは製造元で1回、納品時1回、製造時1回の合計3回も行っているとのことです。結構真面目です(当たり前ですが・・・)

こちらは競合製品との性能比較試験中の写真です。


このような製品の場合、単純に何度の熱が入ってくるかで評価してしまいがちですが、トータルの取得熱量が重要です。 それは、どれくらいの量(風量)の空気をどれくらい温められるか(吹出し温度)が、トータルの性能となり総生産熱エネルギー量になります。いくら吹出し温度が高くても、風量が少なくては結局取得熱量は大したことはありません。

この製品はとてもよく出来ていて表面温度や裏面温度が低く、これは太陽エネルギーが効率よく熱エネルギーに変換されているので製品の表面に熱が逃げないのです。この製品の表面温度が高くなるという事は外に対して熱を漏らしていることになり取得熱量が増えません。実際の今回見せてもらった実験では、他社製は表面温度が暖かくなっていました。

吹出し温度は同じくらいでしたが、吹き出し風量は6倍違うので性能は段違いです。 今までも世界中の様々な製品と比較しても性能は上回っていたとのことです。

製造は自社で、フレームから作成できるので様々なサイズも作ることが可能なのだとのことです。ある程度のロットがまとまれば特注サイズ・特注色も製造可能という事で、こちらは展示会用に作ったハート形のソーラーウォーマーです^^ お茶目ですww

断熱屋のぼやき

878初乗り

今日は岡山広島へ出張だったのですが、何か違うと思ったら・・・・・

初787搭乗!!でした


全てのシートにモニターが付いて(結局は使いま​せんが)いるのでなんとなく「空の旅」感は​バツグンでした。 そして4人掛けシート中央にはスペースまであって挟まれ感が少​なくなっていたり(その代り通路が狭くなっていてごろご​ろが転がせませんでした)

そのほかトイレは自動で蓋が​閉まったり、​窓のシャッターが完全目隠しではなく遮光になっているだ​けなので外が見えるのが新鮮でした。

フライト感は言われてみれば違うような・・・(笑)


久しぶりにウキウキした、中々よい空の旅でした(^^)v

断熱屋のぼやき

20 / 39« 先頭...10...1819202122...30...最後 »