HOME : 断熱やのぼやき : 新聞記事

断熱屋のぼやき 一覧

新聞記事

設立セミナーの記事をご紹介いたします。

日本住宅新聞

新建ハウジング

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会について

パッシブ技術研究会について

本会は、産学協同による研究・技術開発をベースにしたパッシブ換気技術の温暖地・蒸暑地への普及を目指しながら、様々なパッシブ技術ベストミックスによる高い省エネ性と快適性を持つ住宅の普及を目的に活動をして参りたいと考えています。最終的には住まい手の幸せの創造と参加メンバーの発展、ひいては日本の建築業界の発展への寄与を目的としています。皆様の発展とともに、本会が発展するように邁進して参りたいと思っておりますので、皆様のご支援とご参加を頂だけますようよろしくお願いします。

代表世話人:松永潤一郎
顧  問 :(独)北海道立総合研究機構 北方建築総合研究所 副所長 福島明先生
高知工科大学 准教授 田島昌樹先生

提携団体 :NPO法人パッシブシステム研究会

目的
 ●会員企業の事業発展と資質向上
 ●研究開発
  ・温暖地におけるパッシブ換気(ハイブリッド換気)に関する実測と効果検証
  ・公的なガイドライン等への反映を目指す。
  ・パッシブ換気に関連する技術開発
   (太陽熱給気予熱の省エネ効果、頂側壁方式の開発、床下エアコン手法の確立等)
  ・当会が目指す温暖地・蒸諸地域におけるパッシブ住宅のベストミックスの探求
 ●勉強会・現場見学会等の開催
  パッシブ換気システムの設計技術や煙突の作り方、基礎の設計方法等
 ●外部へ対してパッシブ技術の情報発信。(ユーザー向・業界向とも)
 ●会員への様々な情報提供(行政情報・補助政策・etc)
 ●各種補助事業への参画(システム採択)支援等

公的な仕組みへの取組
 平成25年度住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金において、
「太陽熱利用型ハイブリッド換気システム」として「プラスワン・システム」の採択を
 受けています。

断熱屋のぼやき

広島事業所開設します

お陰様を持ちましてお客様の要望が増えてきたので、来月11月より広島事業所を開設することになりました。

場所は安佐南区です。これから少し化粧直しをしてスタートすることになります。

これで西日本は岡山と広島の2拠点で四国へのフォローアクセスもより充実することができます。

皆様どうぞ引き続きご愛顧よろしくお願いします。

断熱屋のぼやき

3年越しのMAC

約1ヶ月前にきたMAC。

しかし、しみじみと感じましたがマックは包装からして美しいですね^^
3年越しの念願のマ・ッ・ク・ブ・ッ・ク・エ・ア・ー~~~~
そろそろ現在のパソコンも壊れてもおかしくない年齢になったのと決して今までも調子が良いわけではなかったのですが、なかなかポチッとする勇気が持てず我慢してきたましたが、さすがにもういいだろうと壊れる前にポチッとすることが出来ました。
うれしい~~~
きっとこれで仕事の能率が1.3倍に・・・・・・・←嘘です(笑)

ところが、しばらくは環境を整え無ければいけないのですぐに使えるかとは思っていませんでしたが想像以上に解らないことだらけで悪戦苦闘でした。

友人からのヘルプを受け、お盆休みの時間をフルに使って、ようやくMACの新しい環境整備が整い始めました。これでようやく仕事効率が95%まで戻りました

しかし使い始めて見るとしみじみMACはすごいです!!何と言ってもマジックトラックパッド!マウスなんて比じゃない操作性です。(細かい操作はマウスのがいいけど)
まだ細かいカスタマイズや設定が必要だしなれるまではもう少し大変ですが使いこなしたら本当に便利そうです。早く130%まで持っていかなければ・・・

断熱屋のぼやき

東海道2013 3-③ 5/4~5

見付宿への途中にある三ケ野七つ道

最初は江戸の古道に気が付かず明治の道を上って行ってしまいました。 上りきってから気が付き折角なので戻って江戸古道へ

こちらが合流してきた鎌倉古道

大日堂古戦場跡

大日堂古戦場跡からの眺め

なんともわかりにくい道でした。(^_^;)
そしていよいよ見付宿へ 見付を代表する旧見付学校

現存する日本最古の洋風木造小学校校舎です。
昔の教室が再現されています

見付学校の塔屋部分からみた街並み

旧見付宿脇本陣大三河屋門

奈良時代の遠江国分寺址

2日目は磐田駅前までで終了

3日目もここからスタート
秋葉山常夜燈を超え天竜川へ

いよいよ天竜川!!

この辺が天竜川渡船場だったと思われます
古い橋は歩くスペースが無いので新しい橋を渡ります

船橋之記碑と天竜川木橋跡碑です。

金原明善の生家

金原明善は、天竜川の氾濫による犠牲者を減らす為に、私財をなげうち20数年の歳月をかけて天竜川堤防工事を完成させた人だそうです。昔はこういう人がいたんですね~学ぶべき点が沢山あります。
浜松といえば凧。こんなお店がありました。

道端に普通にあるすごい松

こちらは一里塚跡。浜松まで来ると都市化しているので殆ど昔の物は残っておらず看板のみ;;

浜松は丁度「浜松祭り」のお祭りでした。

170を超える町が参加し、そして夜の御殿屋台の引き回しに80を超える町が参加している結構大きなお祭りです。
そしてもちろん城マニアとしては浜松城も寄り道して見学

梅屋本陣跡。こちらももちろん立札のみ(笑)

今回は市内のここまで!

最後に折角なのでよる少しお祭りに参加してきました。

以前ねぶたに参加したことありますが、参加出来たら大変だけどきっと楽しいだろうな~と少しうらやましです。 お祭りってやっぱりいいもんですね^^
帰りはご覧のとおりごった返しでした

断熱屋のぼやき

東海道2013 3-② 5/3~4

途中で見つけた小学校の前にの信号に懐かしのシマジローが・・・

かわいい♪
掛川宿入口にある常夜灯いよいよ掛川宿へ

新町七曲り

数十メートルごとに折れ曲がった幅3mほどの細い道が続く。敵の侵入を防ぐ構造になっています。
そしていよいよ掛川城に

掛川城は、豊臣秀吉の命を受けて山内一豊が旧城を大改修したもの。全国初の木造天守閣として復元された珍しい城です。天守閣からの眺めはもちろんGOOD!
このように普通に町から城が見えます。城のある町って素敵ですね。

初日はここまで、蓬莱橋の2kmが効いて合計17~8km程歩きヘロヘロになりました。
2日目
広重の大池橋。掛川を離れます

街道に残る松並木

レトロな感じの作り酒屋。

前回歩いた時に出会ったカンカラ細工の風車がいっぱい^^この辺では出回っている様子(笑)

仲道寺(善光寺)

この寺は東海道の丁度真ん中だった事から名づけられたらしい
見事な東海道名残りの松並木

富士浅間宮の赤鳥居

袋井東小学校・・・ど真ん中(笑)

と久津部一里塚

こういう何か意味があるのってうれしいですよね^^
常夜灯を超えて袋井宿へ

東本陣跡。復元された門

旧澤野医院

袋井市の指定文化財で澤野家が幕末から昭和初期までに建築した4棟の建物群でとてもきれいな建物でした。居宅は純和風で幕末から明治初期、病棟、洋館は洋風で昭和初期に建築されたものだそうです。 診察室

手術室

レントゲン室

病棟

なんとトップライトがあります

渡り廊下

洋館

立派な木原一里塚袋井宿を離れます

断熱屋のぼやき

東海道2013 3-① 5/3

前回は無念の花粉リタイアでした。(;O;) 花粉も収まるGWに歩いたのですが、バタバタしていてUPにだいぶ時間建ってしまいました(^_^;)
今回は再スタートする金谷宿の手前に、蓬莱橋というのがあります。ルート上ではないのですがせっかくなのでそこへ立ち寄りました。ここは日本最長の木造橋でなんとギネスブックにも載っているそうです。全長897m。スタートする前に往復したのですでに2km近く歩いたことになってしまいました。

なかなか風情がある橋でした。

前回終了地点金谷宿(駅)からスタートです。

金谷宿の西の入口にあたる不動橋

急勾配の金谷坂!旧東海道石畳(登り)入口です。

昔ながらの石畳に復元され、風情一杯に残されています。

金谷坂の石畳は終わると諏訪原城跡

自然の地勢を巧みに生かした山城だそうですが今は森のようにしか見えません。

そのあとはすぐに菊川坂の石畳で下り坂に。

菊川の里を超えると青木坂入口へ。 旧東海道の難所として有名な「小夜の中山峠」の入口でとても急な登り坂になった。がその左右には茶畑が広がりとても絶景!!眺めはきれいでよかったです。

峠の頂上部にある久延寺。ようやくのぼりが終了した。

子育て飴で有名な扇屋。

着いたときは丁度10時頃で閉まっていたが、ちょっとだけ休憩と思って座っていたらお店の人が来て「今開けるからちょっと待ってて」と運が良かった。

折角なので子育て飴を購入。おいしい物でないが自然の甘すぎない味は悪くなかったです。でも埴くっつきやすく油断するとべたべたして食べずらいのは玉にきずでした。(笑)

日坂宿途中での眺め。茶畑で「茶」の文字を浮き上がらせています。

そしてここにも美しい茶畑が広がっています。

「日坂・小夜の中山」の広重の絵碑

緩やかな坂道が終わると急カーブの下り坂「二の曲り」となりこの一連の急坂も終わりとなる。

日坂宿にはいった。

公開されていた旅篭・萬屋

旅篭・川坂屋

江戸時代の面影を残す建物上段の間があることから身分の高い武士などが宿泊した宿であるといわれている。
復元されている高札場

伊達方一里塚跡石碑を超えいよいよ掛川宿へ

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会設立記念セミナー

昨日、「他社と差別化を図る工務店の技術研究会」 ~ゼロエネ・スマートハウス・低炭素住宅はパッシブで変わる!!~ と題してセミナーを開催しました。

第一部は、北海道建築総合研究所副所長の福島先生に「パッシブ技術を生かしたプラスαの家づくり提案」

そして第二部は、高知工科大学准教授の田島先生に「温暖地でのパッシブ換気の可能性」

というタイトルでご講演頂きました。
最後にパッシブ技術研究会のご案内をさせていただき設立の運びとなりました。 パッシブ技術研究会は、産学協同による研究・技術開発、パッシブ換気を活用したパッシブ技術の普及を目指し、そして高い省エネ性と快適性を持つ住宅を供給する事による住まい手の幸せの創造、参加メンバーの発展の為、ひいては日本の建築業界の発展への寄与を目的に設立致しました。 顧問には講演頂いた福島先生と田島先生という強力な学術的な支援を頂ける先生方に就任していただきました。また、役不足ではありますが、この会が軌道に乗るまで私が代表世話人を務めさせて頂く事となりました。

 

今回のセミナーはおかげさまで40名の参加を頂き、参加者からは「参考になった」「勉強になった」「講演を聞いて自信を持ってお客様に薦められる」「チャレンジしたい」と大変好評をいただくことが出来ました。早速 参加したいという声も頂きました。

 

これからも皆様にはよりよい住環境を追求し新しい提案を含め頑張ってまいりたいと思っていますので応援の程よろしくお願いします。

断熱屋のぼやき

パッシブ換気でセミナー

先週、南雄三先生が主催するBB研究会で「自然換気は可能か、その方法は?」というタイトルでパッシブ換気についてお話しをさせていただきました。

パッシブ換気の歴史からシステムについて説明、メリットデメリットや効果について一通りお話しさせていただいた所、省エネ性についてもあまりちゃんとした形で表示された例が少なかったので、少々驚きも頂き皆さんにご興味持っていただけたようでした。

断熱屋のぼやき

ネットゼロエネルギーハウス 2次募集

ネットゼロエネルギーハウス(350万補助)の2次募集が始まりました。
今回は一次募集でそれなりに集まったようで、当初の予定で2次募集が始まらず検討しているとのアナウンスがあったので無いかもしれないと思っていました。
ただ枠はそんなに無いようで先着順となっています。
予約者決定が10上旬で来年1月末までに完成とかなりタイトなスケジュールです。
しかも先着順となっています・・・(^_^;)
向こうの都合でしか考えていないのもどうかと思いますが貰う方だから仕方ありません。(笑)
改修であれば取組みやすいかもしれませんが、いずれにしてももし計画がある方はエントリーされては如何でしょうか?http://www.zero-ene.jp/zeh/

下記3種類の弊社のプラスワンシステムも使用可能ですのでご検討いただければ幸いです。
・ソーラーウォーマー
・MS調湿換気システム
・太陽熱利用型ハイブリッド換気システム(パッシブ換気)
詳しくはhttp://www.ms-matsunaga.jpまで

断熱屋のぼやき