HOME : マツナガの理念・想い : マツナガの理念・想い

家づくりの提案

マツナガの理念・想いマツナガの理念・想い

マツナガが目指す快適な生活は「エコロジー×エコノミー×健康」

地球温暖化が進んでいる今、地球環境を考える事は避けて通れない状況です。
そして、高齢化社会・人口減少を迎える日本にとって、大量消費大量供給の時代は終わりストックの時代へ入りました。温度のバリアフリーによる快適性の向上、住宅の長寿命化と省エネといった住宅性能の向上が必要不可欠です。

私たちの目指す家づくりは、快適性と省エネ性を向上させ、メンテナンスが不要な断熱性能の向上が重要だと考えます。また、四季によりもたらされる豊かな自然と多様性を持ち、地域によって違う地域特性がある日本において、通風・採光・日射遮蔽・外部環境といった自然エネルギーの有効活用なども重要です。

マツナガが目指す快適住宅

”快適計画”とは

快適計画
快適な家とは、どんな家でしょう?底冷えのする冬の寒さを和らげ、夏のうだるような暑さを凌ぎ、冷暖房費を節約する……断熱性の高い住宅はこれらすべてを可能にしますが、それだけではありません。冷暖房を使用している部屋とそうでない部屋の温度差や、床・天井・壁付近と室内の温度差が、快適生活には大きく関わってくるのです。これらの温度差を極力なくすこと、つまり温度のバリアフリー化を実現する快適な家をマツナガは目指しています。

”快適計画”がもたらす効果

知識や経験があるからこそできる提案がここにあります。

01健康へのこだわり

温度差による健康被害を軽減

同じ家の中でも、暖房のない脱衣室や浴室へ移動・入浴する際の急激な温度変化によるヒートショック(血圧の急変)が、脳卒中や心筋梗塞などの原因となる場合があります。それを防ぐために断熱をしっかりと行い温度のバリアフリーにする事が大切です。

結露が発生しにくく、カビの発生防止に

自然が生んだMSグリーンファイバーは、湿気を吸い、吐くといった、調湿機能をもっていますので、壁の中で結露が発生しにくく、カビの発生を防止します。

02快適へのこだわり

夏涼しく冬暖かい生活

暖房の効いた部屋から廊下などに移動した時の寒さや、部屋の上の方は暖かいのに床が冷たく足元が冷える感じなど、断熱が不十分だと同じ家の中でも温度差が生まれやすく、不快を感じる場面が多くなります。家の中での温度差を極力なくすことで、快適な生活につながります。

家族が安心して暮らせる空間に

温度差がないので結露も起こらずカビダニ無し、家を腐らせず、高い防音効果で静か、火災に強い、省エネ、環境に優しい、人体に安全な材料と、住宅の基本性能を考えた家なので快適に過ごせます。

03省エネへのこだわり

省CO2で地球にも優しい

自然エネルギーを最大限に活用できる住宅なので無駄な電力を使うことはなく、冷暖房(エネルギー)を最小限に抑えられます。そのため、CO2の発生も同時に抑えることができます。

省エネで電気代の節約に

住宅性能がとても高いので、光熱費を減らす事は決して難しくありません。夏・冬に使用する冷暖房エネルギーが少ないから光熱費も安上がり。将来的にエネルギー価格が上がっても、そもそも使用エネルギーが少ないので安心です。