HOME : 断熱やのぼやき : パッシブ技術研究会7月勉強会報告

断熱屋のぼやき 一覧

パッシブ技術研究会7月勉強会報告

7月28日(木)【夏のパッシブとブランディング戦略を学ぶ】 と題したパッシブ技術研究会の7月勉強会に行ってまいりました。

第一部はコンクスハウジングさんによる宮地モデルハウスの見学と熊井戸社長によるセミナーです。

あIMG_0931.JPG

このモデルハウスは「スローライフな家」~パッシブで創る50歳からの平屋~ がテーマで、上記写真のように平屋に見えない平屋でとてもかっこいいデザインとなっています。弊社のソーラーウォーマーも正面右にバッチリ!

そして今回は、パッシブ換気を取り入れる為に、大屋根にすることで平屋でも高さが取れるようにし、それに現在弊社にて開発中の換気塔(下記写真参照)を組み合わせることで高さを確保していました。

あIMG_0934.JPG

この一年の結果が良ければ来年から提供出来るようになりそうです。

そして、熊井戸社長によるセミナーでは、設計や仕様については、特に主婦動線に注意した設計を行い、仕様を決めるのにも細かい所に気を使っている事がとてもよくわかりました。

あIMG_0920.JPG

そしてガンはストレスが原因の一番の理由ということからも、家でストレスが無いことを重視した設計になっていていちいち成る程と感心してしまいます。

 

お客様へ対しても、業者目線にならないように常にお客様目線を重視。モデルハウスの案内資料にはご主人様用と奥様用の裏表にしたチラシを作成しとてもわかり易くなっています。

また、このモデルハウスは、保健医療科学院の林先生と弊社とコンクスハウジングさんで共同研究を行っており、中間季・夏季についてもパッシブ換気で換気をまかなえる可能性を広げる実験を行っており、その説明を会員の皆様にさせていただきました。

あIMG_0938.JPG

 

第二部では「お客様から見た工務店とは? 」~お客様目線での企業ブランド作り~

と題し㈲制作室たつのこの吉田聖彦社長に講演いただきました。

あIMG_0950.JPG

お客様目線で常に考える事の大切さや、ブランディングについて一般的に陥りやすい間違いを、とてもわかり易くお話いただき、特に我々がどんなことが出来るのかを具体的に提案することや、「広く浅く」ではなく「狭く深く」掘り下げるブランディングが大切で、お客様に寄って来て頂けるような提案を心がける、等とても勉強になりました。

会員全員に是非聞いて欲しいとても実のある一日でした。

断熱屋のぼやき

1 / 11