HOME : 断熱やのぼやき : 東海道2015パート1④

断熱屋のぼやき 一覧

東海道2015パート1④

さて、2日目。

実は昨日の夜、雪が結構降ったようで朝起きたら一面真っ白。なので少し朝はゆっくりしてから出発。今日はどうかなと思いながらとりあえず桑名へ向かいました。そうしたら着く頃には天気は思いっきり晴れ!雪もあっという間に溶けてしまいました。
IMG_4524
早速7里の渡し場からスタート。まず最初に「伊勢の国一の鳥居」
晴れてきて歩き始めたら昨日とは打って変わって少し暑いくらいでした。
IMG_4532

桑名宿の町並み。
IMG_4534
面白い街灯
IMG_4535
春日神社青銅製大鳥居。桑名に過ぎたるものは銅の鳥居に二朱女郎」と歌われた有名な鳥居だそうです。
IMG_4537

街道右手に桑名城跡。優美な姿から「扇城」とも呼ばれ現在は九華公園として整備。
IMG_4561 IMG_4565 IMG_4563
桑名宿はこのあと街道を正確に伝って歩こうと思うと複雑でかなり迷いながら目印を探しながら歩きました。
ガイドに書かれていたこのレトロなブラモデル屋もその一つ。かなりの年代物で何時まで残っているのかなと時代の流れを感じます。何年か跡に歩く人はきっと見つけられない目印になってしまうかもしれません
IMG_4539

天武天皇社。天武天皇を祭祀する神社として全国唯一だそうです。
IMG_4540

矢田立場跡。復元された火の見櫓がある。
IMG_4545

江場松原跡。西に鈴鹿山脈、東に伊勢海が見えるとても景色の良い所で4、50年前までは松並木が残っていたそうですが今は一本も残っていません。
IMG_4546

町屋川手前にある伊勢神宮の常夜灯。昔の橋が無いのでここを曲がって国道の橋をわたる。
IMG_4547

町家橋を渡り旧道へ戻ると古い家並。懐かしい感じ。
IMG_4548 IMG_4549

枯れてしまっているが、松並木に混じって植えられた榎が残っている。
IMG_4550

鏡ヶ池。奈良時代、聖武天皇が笠を落とし、娘がそれを拾ってさし上げた時、馬上の天皇の姿と見送る娘の姿が、鏡のような池の上に共に映え一幅の絵を見るような光景になった以来そう呼ばれるようになったそうです。
IMG_4553
朝明橋を渡り四日市市へ。ところが、順調に歩いていたのですが今日は思わぬ伏兵が^^;。
なんと長男の足が痛くなったということでとりあえず近くの駅までで終了ということに。

なんとか三岐鉄道のガードを超えると富田一里塚。
IMG_4554

そして八幡神社の力石。力石とは豊作の願いと村一番の力持ちの競い合いと仕事師の証としての踏ん張りの精神力を意味していたと思われる。
IMG_4555

行啓祈念道路碑にて本日は終了となりました。
IMG_4560

断熱屋のぼやき

東海道2015パート1③

笠寺一里塚。現存の塚でとても大きい。立派なエノキも元気です。
IMG_4490

笠覆寺。西側の入り口は屋台が出ていて賑わっていた。じつはこの辺で雪がちらつき始めたので足早に先を急いだ。見えにくかもしれないが雨のように白く写っているのが雪です。
IMG_4492 IMG_4493

色々神社がたくさんあったが上記の通り今日は早く目的地へ到着しようとひたすら通過。熊野三社だけ写真(笑)
IMG_4494

いよいよ「宮」の入口裁断橋跡と姥堂跡。
IMG_4497

宮宿を抜けたところにある「東海道道標」。東海道と美濃路の分岐点で重要な地点だったとのこと。1790年の建立当時のままだそうです
IMG_4499

渡し場の手前にある「鰻・ひつまぶし」で有名な蓬莱軒本店。今回は正月で休みだったが一度食べてみたいものです。

IMG_4511

西浜御殿跡。幕府高官や公家、大名の客館として使用されていた豪壮なものだったとのこと。今は跡形も無い。
IMG_4510

そして本日の終点、七里の渡し場跡(宮の渡し公園)。

IMG_4501

時の鐘。正確な時刻を知らせる鐘で住民や東海道を旅する人々にとって重要な役割を果たしていた。

IMG_4500
熱田湊常夜灯
IMG_4502
渡し場
IMG_4505
渡し場の前にある熱田荘。明治29年に建てられて魚半という料亭で現在は高齢者福祉施設として利用されている。「宮」の景観を偲ばせる数少ない遺構
IMG_4507
丹波家住宅。脇本陣格の旅籠屋でこちらも熱田荘の並びにある。
IMG_4508

最後に熱田神宮で子供の受験の神頼みをして本日の日程を終了。途中雪で断念かと思いましたが結局やんでくれたので最後まで歩くことが出来ました。(^O^)/
IMG_4514
信長塀。今川軍に大勝した戦勝のお礼として、信長はこの築地塀を寄進したもの。
IMG_4523

断熱屋のぼやき

東海道2015パート1②

桶狭間を出てすぐ池鯉鮒と鳴海の間にある宿、有松へ。
IMG_4452
有松絞りの産地として繁栄。昔ながらの町並みが残り立派な商家が残る
なかなか美しい家並みです。

白い土蔵造りの有松山車会館
IMG_4453
服部家住宅有松における代表的な建物。屋号は井桁屋
IMG_4455 IMG_4458
唯一正月でも開いていた駄菓子屋。子供たちと昔を懐かしんで駄菓子を買い込み楽しい一時。
IMG_4460 IMG_4459 のコピー IMG_4461
中舛竹田荘
IMG_4463
竹田家住宅
IMG_4465
町中に残る建物
IMG_4467

岡家住宅

IMG_4470
小塚家住宅。卯建が残っている
IMG_4473
多く残る指定文化財です。

有松を後にして鳴海宿入り口にある平部町常夜灯。街道でも有数のものと言われる大きく華麗な常夜灯だそうです。
IMG_4474

瑞泉寺。禅宗独特の建築が見事な建物だそうです。
IMG_4477 IMG_4478

当時酒問屋だった「千代倉」と言う粋な造りの屋敷がありお店になっている様子
IMG_4481

途中街道を少し離れ折角なので鳴海城跡を探した。この鳴海城跡公園がそうなのだろう
IMG_4487 IMG_4484

本陣跡を探すが見つからず、鳴海宿の西側に残る常夜灯に到達。宿の双方に残っているのは貴重との事。
IMG_4488

鳴海をでてすぐ鉾ノ木貝塚跡。
IMG_4489

 

断熱屋のぼやき

東海道2015パート1①

またまた正月に歩いたのを今頃アップです^^;

さて、今回は2015年1月1日知立から。

昔は「池鯉鮒」書きとても読めない字です。そして今回久しぶりに次女以外に長男が参戦し、3人での楽しい東海道歩きとなりました。
この交差点からスタート
IMG_4429
すぐに本陣跡の石碑
IMG_4430
池鯉鮒は少しわかりにくく知立城跡は見たいと思っていたのだがよくわからず通過してしまい写真に収めることが出来ませんでした^_^;

逢妻橋を渡り池鯉鮒を後にししばらく国道を歩き途中からまた旧道へ。
旧道に入ってすぐにあった洞隣寺と常夜灯。
IMG_4433
ここには何度直しても反対側に傾くという豊前(大分県)中津川藩士の墓があるとの事。お手洗いを拝借してちょっと歩くと「いもかわうどん」の標識。東海道の紀行文にいも川うどんの記事が良く出てくるそうで、それが東に伝わって「ひもかわうどん」として東京でもうどんのことを「ひもかわ」とよぶらしい。
IMG_4434
この辺は今川の家並みが残り
IMG_4437 IMG_4435
途中に乗願寺。境内に樹齢850年の立派なシイ。
IMG_4438

いよいよ鳴海に入る辺りで阿野一里塚
IMG_4440 IMG_4441
めずらしく道の両側の塚が残っている。

そしていよいよ桶狭間!!
私は歴史上の人物で織田信長と坂本龍馬が好きなのですが、その一人である信長がなんといっても歴史を大きく動かした桶狭間の地。感無量。
IMG_4442
こちらは今川義元の戦死した場所を示す碑
IMG_4444
こちらは今川義元の墓
IMG_4445

歴史のロマンを感じながら桶狭間を後に。

有松へ向かう途中でみつけた家。(笑)
IMG_4446

断熱屋のぼやき

1 / 11