HOME : 断熱やのぼやき : 東北自立循環型住宅設計講習

断熱屋のぼやき 一覧

東北自立循環型住宅設計講習

全16箇所の巡業も9月末で11箇所終わり残り5箇所残すところとなりました。
今回は自分自身にとっても勉強になるいい機会を頂きました。
一人で4時間話すという経験がなかったので、やってみて結構ヘビーなんだなと初めて気づきました。
なので3連チャンは結構きつくて終わるとヘロヘロになっています^^;

来年から完全施行される平成25年基準のベースは、この自立循環型住宅にあります。
どちらも住宅で使用されるエネルギー全ての評価を行います。
住宅で使用されているエネルギーというと難しそうに聞こえますが、暖房・冷房・換気・給湯・照明の5つ(評価はしませんが家電もあります)しかありません。これに創エネ(発電)を組み合わせて評価します。この使用エネルギー^と創エネを足し引きして0になれば0エネルギーなのです。

d0092413_18564765

なのでなんと家の燃費計算も出来てしまうのです。

設備による省エネでもエネルギー使用量は減らせますが、勉強すればするほど建築的手法が大切なことがよくわかります。また建築的手法は設備と違い最初にやれば壊れませんので一生効果を享受できます。

そういった点を是非工務店さんに取り組んでもらいたいと思い少しでも興味を持ってもらうように、そして折角講習を受けに来て頂いているので役に立てればと最後の11月11日の新潟まで頑張りたいと思います。

PS,ブログさぼり気味で少し時間立ってしまいました^^;

断熱屋のぼやき

9月勉強会

26年度第一回勉強会を9/18池袋明日館で行いました。(報告が遅くなりました^^;)
今回は立ち見が出るかと思わるくらい申し込みがあり、定員一杯での勉強会を開催出来ました。
パッシブ技術の関心の高さの現れでしょうか?
第一部は北海道大学の菊田先生による講演で、北海道で実績のあるパッシブ換気についての実態調査から効果と特徴・良さについての話から、再生可能エネルギーの活用として太陽熱給気の効果が大きいことや薪ストーブの測定でパッシブ換気の空気循環がきちっとされているといった研究についての解説がありました。
第二部では工務店さんにとって苦手な分野である「ローンの知識」について講義があり、家づくり以外の知識についても重要だと言う事を認識できたとても内容の高い勉強会になりました。

 

断熱屋のぼやき

省エネルギー行動研究会

先日BECC JAPAN 2014に参加してきました。
省エネルギー行動研究会http://seeb.jpといい海外ではもう数年開催されている研究会らしいのですが日本では第一回目だそうです。
どのような研究会かというと

Behavior=ふるまい Energy and Climate Change =エネルギーと気候変動

の略でいわゆる省エネ行動に関する研究のことです。
一般的に省エネというととかくハード面が中心で、制度や製品の対応はされているのですが、人間の行動や意志決定も省エネにはとても大きな影響を及ぼす事なのです。
以前省CO2先導事業で建築された建物で実績報告で、先導的な建物であるのにもかかわらず普通の家よりもエネルギーを使っているような事例もあり、正しく使わないといいものも効果が得られないのです。
うちエコ診断でも行動ー例えばシャワーを3分短く使うといった事でも省エネにつながります。

今回のセッションで興味を引いたのは、前先生によるミドルマンの存在が重要ということ。ユーザーが物やサービスを選ぶ時に省エネな製品やサービスを選ぶように適切にアドバイスする人の存在が重要ということです。建築で言えば例えば設計者になるでしょうか?まさに我々が関与できるポジションに居るのだと思います。

また、今回幾つかのセッションでHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)についても発表されていましたが、この機器最初は興味を引くのでそれなりの省エネ行動を起こすため効果を発揮するのですが、すぐ飽きてその効果がなくなってしまうとの事です。それどのようにして興味を持ってもらうか?ランキングにしたりポイントをつけたり情報サービスとして提供したりと様々な工夫を凝らした研究が行われていました。
それから技術の進化だな〜ととても感心したのは、スマートメーターの発展版で今の技術で電力の波形を読み取ることでどんな家電が使われているかまでわかるそうです。それを利用して高いHEMSをつけなくても電力の消費状況がわかることからそれを元に様々なサービスが展開できるそうです。家電の故障や異常まで発見出来る可能性があるそうです。
いかにユーザーにわかりやすく知らせる事でかなり効果が高い例の紹介もありました。

弊社でも取り組んでいる「家庭エコ診断」もそういった省エネ行動のきっかけとして有効な提案ができる一つの例といえます。ご興味有る方は是非受けてみませんか?
ご希望の方は下記URLから入り「その他連絡事項」にマツナガと記入下さい。 こちらからご連絡致します

https://www.uchieco-shindan.go.jp/2014/touroku/regist0.php?jimukyoku_id=186

「家庭エコ診断」について詳しくは下記URLからどうぞ。

http://www.uchieco-shindan.go.jp/

断熱屋のぼやき

1 / 11