HOME : 断熱やのぼやき : 北欧視察⑤

断熱屋のぼやき 一覧

北欧視察⑤

4日目 恒例朝の散策、今日は軽くしてマルメ城へ。

反対を振り返ると有名(らしい)な螺旋状のマンションが良く見えました。

街中でみた工事現場。自信のない国なので建物が細くてなんとなく頼りない感じですw

朝食後は今回の大きな目的一つであるオゾンの会社の視察。 社長のジャンさんが案内してくれました。

代表的な使用例として4つの紹介をしていただきました。

1、工場や店舗の排気の消臭・洗浄

近隣から苦情が来ているような状況を改善する事が可能。 プロセスはオソン水をシャワーして空気を洗浄し紫外線で排気に含まれている芳香物質を除去、最後に静電気フィルターで処理。この一連の提案が可能で排気の油分85%、匂いは95%除去が可能との事 使用例:船の廃油の精製工場や街中にあるファーストフード店の排気処理等

2、殺菌

工業用の掃除機位の大きさの物で完全な殺菌が可能。ただし処理中は人は入れない。 高いオゾン濃度でバクテリアやウィルス・カビを除去。1時間で99.99%殺菌可能。 普通の殺菌と違うメリットは 手が届かない所まで空気の振れるところは全て殺菌可能である事。 残った分は触媒で処理をすることで問題のない空気に戻す。また、オゾンは放置しておくと酸素に戻るので安全性が高い 使用例:病院などで院内感染の問題で完全殺菌をしなければ次の患者を入れられないが、従来方法と違い処理後すぐに入室可能

3、活魚の輸送

オゾンを作る技術に付随した技術である高濃度の酸素精製技術を利用。水の酸素濃度を分子レベルの気泡を作る事で92~94%まで上げる事が可能。 魚は90%の溶存酸素濃度があると1か月位生きられるし、酸素濃度が高い事で容器毎りの魚の量を3割増やせる。また水温を4℃位にして魚を半冬眠状態にすると餌が要らない。 結果、船(飛行機で無くても時間がかかっても大丈夫)で通常より多くの量を完全に生きたままで大量に運ぶことが可能 → 輸送コストの低減が可能。

4、室内空気の洗浄

オゾンを使い空気の洗浄をして循環させて使う。主に発展途上国のホテルなどで採用されている。 発展途上国は外気がきれいでないのでこの方式で安全な空気にして供給する。 花粉症はPM2.5にもいいかもしれません。 従来の水+塩素殺菌と違うメリットは、オゾンであれば水の殺菌を兼ね、オゾンは酸素に戻るので処理後の処理が容易である事
とても興味深い技術なので取扱いについて前向きに検討しようと思いました。 特に消臭殺菌の分野は住宅分野を始め広く提案できそうです。
終了後ソーラーウォーマーの製造元へ車で長距離移動。
スウェーデンとデンマークを結ぶ世界最長の橋から見える風力発電。デンマークは国策として風量区発電を推奨したためこの後も風車が相当数立っていました・

途中通り道をちょっとだけレゴランドにタッチアンドゴー。

うちには小さな子がいないのでおそらく用はありませんがこれがデンマークの「夢の国」だと実感^^
そして実はこの日の宿は、スケジュールがどうなるか解らなかったので予約しておらず行き当たりばったりだったのですがキリのいい所によさげなモーテルを発見。飛び込みましたか結構良いホテルでした。

断熱屋のぼやき

北欧視察④

3日目はヨーロッパでも最大級の換気メーカーであるシステムエアー社訪問。 買収買収で、今は上場の大きな企業になったそうです。

取締役のマッツさんに工場内を案内頂き、プロジェクトルームの案内からスタートし製造ラインまで見せてくれました。(写真は企業秘密もあるかもしれないので撮りませんでした) かなり大きな会社なので部品の製造から焼付塗装、梱包まで、最初は外注だったのを徐々に内製化率を高めコストダウンが出来るようになったとのこと。 そして実験設備も充実しており、なんと音響試験装置まで。熱交換換気のテストをするために空調湿も完備、気流の流れ方(吹出した空気動き方)を測定する実験室、電気的なテストなどそれはもう重質した実験室でした。システムエアー社は現在4つのブランドを持っているそうです。 丁度テストしていたのは2ローターリーの熱交換換気装置で1ロータリーだと熱交換部分のロータリーの半径が大きくなってしまうのが小さく出来るので、天井裏に設置するような用途の時に換気装置の高さを抑えることが出来るとのことでコストは上がりそうですがアイデアですね。
工場見学の後はショールームへ行き様々な製品を見せてくれました。

そのあとスウェーデン人の戸建住宅の事例という事でマッツさん自身の家を見せてもらいました。

本当に自然のど真ん中!! 家の眼前に広がる湖がうらやましい

薪ボイラーと給湯システム

太陽熱温水機も中古で買ってきて将来取り付ける予定だそうです。(時間が無くてなかなか取り掛かれないようです)

昼はピザをご馳走になりました。注文したピザの名前はなんと「システムエアー」。 そういうわけでかなり大きな会社なので、完全に企業城下町となっていてシステムエアー社関連の住人の割合はかなり高いそうです。会社名のピザがあっても不思議ではないですね^^ みんなでそれを注文。一枚の大きさが大きいにもかかわらず一人一枚というとんでもない量を食べ完食。おかげで食べ過ぎで夕方になっても全然お腹がすきませんでした;;
その後はストックホルムへ直通バスで移動し飛行機でコペンハーゲン空港→スウェーデンのマルメまで移動し宿泊しました。 マルムで食事したショッピングモールの入り口がデザインされていました。掃除が大変そうです(^_^;)

断熱屋のぼやき

北欧視察③

2日目。 やはり早朝に活動開始。ヴェステロースへの移動前に散策。 合計約6km程歩きさすがにへとへとになりました。
街中で見つけた用途が解らない小屋(笑)

なんとマンションの1Fが地下道の入り口に・・・

ちょっと便利な荷物も人も乗せられる自転車

散策ついでに折角なので、9時過ぎには珍しく空いているバーサ号ミュージアムへ・・・朝一なのでガラガラ。帰るころにはだいぶ人が増えましたがゆっくり見れました。

バーサ号は現存する最古の戦艦でしかも完全状態。1628年に完成しましたが、処女航海に出てすぐに湾内で沈没してしまった船だそうです。彫刻などデコレーションがすごく戦艦というよりモニュメントかという位でした。ただ湾内ですぐ沈没したことが今このように完全体で見られるというめぐりあわせにつながったんですね。 でもこのバーサ号、ゆるきゃらの元祖がいっぱいついていたようです(笑)

帰り北欧らしい風景を一枚

そのあとホテルに戻り、電車で約一時間離れた町ヴェステロースへ移動。システムエアー社を引退されたラーシュさんがアテンドしてくれ駅まで迎えに来てくれました。 電車での移動中の風景はまさに北欧!!緑と湖(本場はフィンランドかもしれませんが現状では)が美しい風景が広がっていました。
まず最初に、一般のスウェーデン人住居の案内という事で自宅をに招待頂きました。

11年前に購入した集合住宅で、現在は150㎡の床面積を2人で使っていらっしゃいました。バルコニーはアウターリビングになっていて北欧人は短い夏を目いっぱい楽しむために太陽が降り注ぐスペースでもありそこで食事を頂きました。スウェーデン料理名物ミートボールを始めポテト、豚肉料理等すっかりごちそうになってしまいました。
また、この日はたまたま古いアメリカの車が集まるパワーミーティングというイベントが行われており夕食後散策し見学してきました。

面白かったのはなんとイベントの中で、牧師さんが無料で派遣されていて即席の結婚式を挙げていました。元々車好き同しが集まってカップルになって結婚をこのイベントで上げたことが始まりのようで今ではすっかりイベント化しているようです。 式を挙げているところ

結婚式を挙げ、後ろにカンカラを引きながら出発する所です。

そして夏の北欧は夜の10時過ぎても明るく時間の感覚がおかしくなりそうです。 この町はストックホルムからつながっている湖に面していてとても素敵な風景でした。 湖畔際のマンションからこんな風景が眼前に広がっています。

また電車で1時間でストックホルムに通う事も可能だそうでなんともうらやましい環境です。
町で見つけた庇。

高度が低い日だけよけられるように工夫さてています。
今回宿泊したのは郊外のホテル。前述のとおりお祭りのために市内のホテルが取れず30km程離れたこのホテルを取ってもらいましたがけがの功名でとてもよいホテルでした。
こんな森の中にあります。

泊まった棟です。この一棟で5部屋あります。

これは隣の部屋ですがとてもよい雰囲気です。

暖炉も・・

ジャグジーまでついていました。

パワーミーティングに来ていた人も泊まっていました。とてもきれいです。

断熱屋のぼやき

北欧視察②

午後は測定器メーカーのスエマ社訪問。この会社は市内から20分位地下鉄に乗っていくのですが、駅から歩いて約10分程度。少し早目についたので丁度会社のビルにレストランがあったのでコーヒーブレイク。しかしこの場所がとにかく静か。車の音がなくこんな空間日本には本当に少ないな~と感じました。
SWEMA社は風量測定が得意なのですが、特に興味深いのは、日本には規格がないですが配管の気密性を測定できる技術を持っています。たかが配管と思うかもしれませんがエネルギーロスにつながります。特に建築の性能が上がれば上がる程使うエネルギーが少なくなり、そのロスのウエイトが大きくなるので、重要な技術なのです。 最初に測定方法についてレクチャーで、興味深かったのは、測定をするのに全ての配管を一度に測定できないのでパート分けて測定をするのですが、その区切りをするのに蓋としてボールの中身や市販の栓を使っているのです。配管への追随性が高く安い手軽とナルホドです。

アイディアですね。

これは模擬ですが配管の気密測定のでもストレーションです。

また、国によってのレギレーションがの違いや、EU基準として共通のレギュレーションを作るのにドイツが反対していたり・・・何処の世界も内情は変わらないことも実感。 この配管の気密測定において、目標とする基準はあるが、実際はユーザーによって要望が違うがそれよりも高い数字で測定をすることが多いいそうです。それくらい技術力を持っていることが良く解りました。

また省エネ基準が2019年からスタートし政府関係の建物は義務化される事や、学校のCO2濃度の基準が650ppmとかなり高い基準が一部トライされている事も情報として得られました。この基準はCO2濃度が高くなると眠くなったり知的生産性が落ちる事から設けられたようで成程です。どのようにそれをやっているかというと、センサーを取り付けランプが付く事で、窓開け等を行うという事です。でも冬季にそれをやると暖房負荷が大きくなってしまうので省エネとどのようにバランスを取っていくのか?課題もあるかもしれません。

断熱屋のぼやき

北欧視察①

2日のセミナー後3日からは北欧視察に来ています。 今回はソーラーウォーマーの製造元を始め、大学の先生と同行で北欧の会社や大学の先生との情報交換、オゾン生成装置のメーカー視察が目的です。(遊びじゃありません・・・(笑))

 
今回は初めて、日本のキャリアでの海外出張!となりました。しかもJALだったのでなんと787に搭乗。787のシート配置は2-4-2なのでとても楽ちん。通常の窓側3人配列だと3人が知り合いでないと通路に出にくいのでとても気が楽です。

 
ストックホルムに到着後、空港からアーランドエキスプレスという列車で市内に移動。この列車なんと200km以上のスピードが出ていました。値段が割高なわけです。20分ほどで市内へ。 夕食は成田でカツカレーを食べそびれた事から、ホテルのすぐ近くにあるカレー屋さんにて。味はまあまあ;; そのままホテルへ入ってバタンキューで寝ました。

 
2日目、やはり時差ボケで夜中に目が覚めてしまい少々仕事。ただ集中力が無くあまりはかどらず。そのままでは時差ボケが治らないのでもう一回頑張ってちょい寝しました。 朝食後、町を散策。

今回早朝の散策(観光)はとてもいいという事を発見しました。夕方夕食を食べに町を歩いてしみじみ気が付いたのは、なんといってもすいている事です。人が少ないので写真を撮るのも邪魔されず取り放題w。但し外から見れるものだけでオープンが決まっている建物内部等には入れませんので、中を見たい場合以外なら早朝の散歩はかなりいいです。

今回は王宮から

ガムラスタンを巡って約1時間半位の散策 こちらはガラムスタン(旧市街)から覗くドイツ協会の尖塔

ガラムスタンで一番狭い通路。90cm程度しかありません。こちらもスキスキで写真も邪魔されません^^

最後はノーベル賞の授与式が行われる市庁舎。

北欧らしい風景

全て徒歩で回ったので結構疲れました。

午後へ続く・・・・

断熱屋のぼやき

2013年 07月 06日

今週の2日、 改正省エネ基準の基本を「自立循環型住宅設計講習」から学ぶ ~これからの省エネ基準の基礎を身に付けよう~ と題したセミナーを、50名近くの参加を頂き無事終了する事が出来ました。

 

最後には、自立循環型住宅の研究をされている本人である高知工科大学の田島先生にも応援を頂きました。

 

実はこの自立循環のセミナーは、講師の資格が必要なのですが、今までその資格を持っていながら宝の持ち腐れで、今回初めて講師をさせて頂きました。とにかく内容量が多いので時間配分がうまくいくか心配でしたが、なんとかうまく配分できたようです。そして内容量が多いのでなるべくポイント踏まえた解説をするように心がけましたがうまく伝わっていたらうれしいです。 早速8月にも今回参加できなかった別のお客様向けに行う事になりました。
これからの省エネを考える上でとても参考になる資料なので2020年に省エネ基準の義務化へむけ少しでも皆さんの役に立てるように頑張りたいと思っています。

断熱屋のぼやき

うちエコ診断

本年度、弊社もこの取組に参加することになり、先日私を含め計3名がこの資格の講習を受け無事認定診断士の資格を取ることができました。
うちエコ診断とは、環境省が行っている家庭エコ診断制度基盤整備事業で、弊社が所属しているJBNが採択されました。私はその事業運営のためのワーキンググループに所属しており、お手伝いさせていただいております。

弊社も10件ほど(夏5・冬5)の診断を行う事になりました。(もちろんもっと多くてもokですが;)
もし診断をご希望の方がいましたら無料ですので是非お問い合わせください。
一応8/3のマツナガ勉強会はこちらの診断サービスを実施する予定で募集をさせていただきいています。
応募についてはhttp://matuibent.exblog.jp/20654084/をご覧になって頂くか
03-3925-0065 OR info@ms-matsunaga.jp
うちエコ診断受付係までお問い合わせください。

受診時間は、50分程度です。

ちなみに、うちエコ診断(HP)とは、受診されるご家庭の年間エネルギー使用量や光熱費などの情報をもとに、専用ソフトを用いて、お住まいの気候やご家庭のライフスタイルに合わせて無理なくできる省CO2・省エネ対策をご提案するものです。

お気軽にお問い合わせください。

断熱屋のぼやき

2 / 212