HOME : 断熱やのぼやき : 東海道2013 3-② 5/3~4

断熱屋のぼやき 一覧

東海道2013 3-② 5/3~4

途中で見つけた小学校の前にの信号に懐かしのシマジローが・・・

かわいい♪
掛川宿入口にある常夜灯いよいよ掛川宿へ

新町七曲り

数十メートルごとに折れ曲がった幅3mほどの細い道が続く。敵の侵入を防ぐ構造になっています。
そしていよいよ掛川城に

掛川城は、豊臣秀吉の命を受けて山内一豊が旧城を大改修したもの。全国初の木造天守閣として復元された珍しい城です。天守閣からの眺めはもちろんGOOD!
このように普通に町から城が見えます。城のある町って素敵ですね。

初日はここまで、蓬莱橋の2kmが効いて合計17~8km程歩きヘロヘロになりました。
2日目
広重の大池橋。掛川を離れます

街道に残る松並木

レトロな感じの作り酒屋。

前回歩いた時に出会ったカンカラ細工の風車がいっぱい^^この辺では出回っている様子(笑)

仲道寺(善光寺)

この寺は東海道の丁度真ん中だった事から名づけられたらしい
見事な東海道名残りの松並木

富士浅間宮の赤鳥居

袋井東小学校・・・ど真ん中(笑)

と久津部一里塚

こういう何か意味があるのってうれしいですよね^^
常夜灯を超えて袋井宿へ

東本陣跡。復元された門

旧澤野医院

袋井市の指定文化財で澤野家が幕末から昭和初期までに建築した4棟の建物群でとてもきれいな建物でした。居宅は純和風で幕末から明治初期、病棟、洋館は洋風で昭和初期に建築されたものだそうです。 診察室

手術室

レントゲン室

病棟

なんとトップライトがあります

渡り廊下

洋館

立派な木原一里塚袋井宿を離れます

断熱屋のぼやき

東海道2013 3-① 5/3

前回は無念の花粉リタイアでした。(;O;) 花粉も収まるGWに歩いたのですが、バタバタしていてUPにだいぶ時間建ってしまいました(^_^;)
今回は再スタートする金谷宿の手前に、蓬莱橋というのがあります。ルート上ではないのですがせっかくなのでそこへ立ち寄りました。ここは日本最長の木造橋でなんとギネスブックにも載っているそうです。全長897m。スタートする前に往復したのですでに2km近く歩いたことになってしまいました。

なかなか風情がある橋でした。

前回終了地点金谷宿(駅)からスタートです。

金谷宿の西の入口にあたる不動橋

急勾配の金谷坂!旧東海道石畳(登り)入口です。

昔ながらの石畳に復元され、風情一杯に残されています。

金谷坂の石畳は終わると諏訪原城跡

自然の地勢を巧みに生かした山城だそうですが今は森のようにしか見えません。

そのあとはすぐに菊川坂の石畳で下り坂に。

菊川の里を超えると青木坂入口へ。 旧東海道の難所として有名な「小夜の中山峠」の入口でとても急な登り坂になった。がその左右には茶畑が広がりとても絶景!!眺めはきれいでよかったです。

峠の頂上部にある久延寺。ようやくのぼりが終了した。

子育て飴で有名な扇屋。

着いたときは丁度10時頃で閉まっていたが、ちょっとだけ休憩と思って座っていたらお店の人が来て「今開けるからちょっと待ってて」と運が良かった。

折角なので子育て飴を購入。おいしい物でないが自然の甘すぎない味は悪くなかったです。でも埴くっつきやすく油断するとべたべたして食べずらいのは玉にきずでした。(笑)

日坂宿途中での眺め。茶畑で「茶」の文字を浮き上がらせています。

そしてここにも美しい茶畑が広がっています。

「日坂・小夜の中山」の広重の絵碑

緩やかな坂道が終わると急カーブの下り坂「二の曲り」となりこの一連の急坂も終わりとなる。

日坂宿にはいった。

公開されていた旅篭・萬屋

旅篭・川坂屋

江戸時代の面影を残す建物上段の間があることから身分の高い武士などが宿泊した宿であるといわれている。
復元されている高札場

伊達方一里塚跡石碑を超えいよいよ掛川宿へ

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会設立記念セミナー

昨日、「他社と差別化を図る工務店の技術研究会」 ~ゼロエネ・スマートハウス・低炭素住宅はパッシブで変わる!!~ と題してセミナーを開催しました。

第一部は、北海道建築総合研究所副所長の福島先生に「パッシブ技術を生かしたプラスαの家づくり提案」

そして第二部は、高知工科大学准教授の田島先生に「温暖地でのパッシブ換気の可能性」

というタイトルでご講演頂きました。
最後にパッシブ技術研究会のご案内をさせていただき設立の運びとなりました。 パッシブ技術研究会は、産学協同による研究・技術開発、パッシブ換気を活用したパッシブ技術の普及を目指し、そして高い省エネ性と快適性を持つ住宅を供給する事による住まい手の幸せの創造、参加メンバーの発展の為、ひいては日本の建築業界の発展への寄与を目的に設立致しました。 顧問には講演頂いた福島先生と田島先生という強力な学術的な支援を頂ける先生方に就任していただきました。また、役不足ではありますが、この会が軌道に乗るまで私が代表世話人を務めさせて頂く事となりました。

 

今回のセミナーはおかげさまで40名の参加を頂き、参加者からは「参考になった」「勉強になった」「講演を聞いて自信を持ってお客様に薦められる」「チャレンジしたい」と大変好評をいただくことが出来ました。早速 参加したいという声も頂きました。

 

これからも皆様にはよりよい住環境を追求し新しい提案を含め頑張ってまいりたいと思っていますので応援の程よろしくお願いします。

断熱屋のぼやき

パッシブ換気でセミナー

先週、南雄三先生が主催するBB研究会で「自然換気は可能か、その方法は?」というタイトルでパッシブ換気についてお話しをさせていただきました。

パッシブ換気の歴史からシステムについて説明、メリットデメリットや効果について一通りお話しさせていただいた所、省エネ性についてもあまりちゃんとした形で表示された例が少なかったので、少々驚きも頂き皆さんにご興味持っていただけたようでした。

断熱屋のぼやき

ネットゼロエネルギーハウス 2次募集

ネットゼロエネルギーハウス(350万補助)の2次募集が始まりました。
今回は一次募集でそれなりに集まったようで、当初の予定で2次募集が始まらず検討しているとのアナウンスがあったので無いかもしれないと思っていました。
ただ枠はそんなに無いようで先着順となっています。
予約者決定が10上旬で来年1月末までに完成とかなりタイトなスケジュールです。
しかも先着順となっています・・・(^_^;)
向こうの都合でしか考えていないのもどうかと思いますが貰う方だから仕方ありません。(笑)
改修であれば取組みやすいかもしれませんが、いずれにしてももし計画がある方はエントリーされては如何でしょうか?http://www.zero-ene.jp/zeh/

下記3種類の弊社のプラスワンシステムも使用可能ですのでご検討いただければ幸いです。
・ソーラーウォーマー
・MS調湿換気システム
・太陽熱利用型ハイブリッド換気システム(パッシブ換気)
詳しくはhttp://www.ms-matsunaga.jpまで

断熱屋のぼやき

北欧視察⑨

8日目最終日!! トランジットの為に半日ほどヘルシンキ滞在。 建築とデザインが有名との事。
ヘルシンキ大聖堂。結構きれいで迫力があります。

マーケット広場で結構おしゃれです。

マーケット広場から見えるアアルトの

コペンハーゲン、ストックホルムでも見ましたが、北欧を結んでいる7階建ての巨大豪華客船。一度乗ってみたい・・・

フィンランド建築博物館 。量も少なく内容も思ったほどではなくさくっと終了

デザイン博物館。こちらはとても面白く、観ごたえがありました。

岩に埋もれたテンッペリアウキオ教会。とても迫力がありました。

フィンランドは北欧の中でも一番安全そうな町でとても日本人的にあう町だなと思いました。 次回はアアルトはじめとする建築も時間作ってみたいものです。
以上で今回の視察は無事終了しました。結構内容も深く得るものも多くありました。その分移動も多く想像以上に疲労もたまりましたが・・・同行頂いたTさんありがとうございました<m(__)m>

断熱屋のぼやき

北欧視察⑧

7日目 朝の散策はリトルマーメイドまで挨拶がてら程度で軽めにしました。 散策途中で見た降り注ぐ日射

リトルマーメイドさんこんにちわ^^

カステレット要塞跡

デンマーク王宮

午後はデンマーク工科大へ。世界の中でもレベルの高い大学で、建築環境では世界的に有名なファンがー教授の大学です。今回はその流れの研究アーセンメリコフ教授と面談。 とても興味深い実験設備や話を聞かせて頂く事が出来ました。
機器の風量や風速、電気関係などの実験室

表面のプラスティックフィルムの裏側に室温と同じ空気を循環させ表面温度を維持する事で、周壁からの輻射熱の影響を受けないで実験できる部屋

PMV関係の測定

実際の教室で、様々な空調や冷暖房が入っていて切り替えて体験できる部屋。

その他飛行機の室内環境等写真で見せられない施設も多数あり、企業とパテントを共同で取得する事までやられているようです。
工科大へ移動中の電車にて、なんと自転車スペースが完備されています。

そのあとコペンハーゲン空港からフィンランドヘルシンキへ移動で本日も終了。 さすがデザインの国フィンランド!部屋もお洒落です。

断熱屋のぼやき

マックブックエアー!!!

来たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー キタキタキタキタキターーーーーーーーーーー

3年越しのマ・ッ・ク・ブ・ッ・ク・エ・ア・ー~~~~
そろそろ現在のパソコンも壊れてもおかしくない年齢になったのと決して今までも調子が良いわけではなかったのですが、なかなかポチッとする勇気が持てず我慢してきたましたが、さすがにもういいだろうと壊れる前にポチッとすることが出来ました。
うれしい~~~
きっとこれで仕事の能率が1.3倍に・・・・・・・←嘘です(笑)
しばらくは環境を整え無ければいけないので本格使用は8月くらいからかな~~
しかし、しみじみと感じましたがマックは包装からして美しいですね^^

断熱屋のぼやき

北欧視察⑦

6日目 さすがにヘロヘロ気味。今日は朝の散歩は飛ばして少々仕事 部屋からの眺め。きれいな街です。

後はコペンハーゲンへ車で一日かけてひたすら移動。
到着後ちょっとお土産を街中へ物色。
宿に近いコペンハーゲンで一番きれいで楽しい景色「ニューハウン」

食事した店で。店員を呼ぶときはスイッチを入れるとランプの上の青い小さなランプが光ります。なかなかお洒落

街中でしみじみ見つけた最上階の窓の上にあるでっぱり。 皆さんこれなんだかわかりますか?

昔ここに滑車をつるして荷物の上げ下げを行っていたそうです。知りませんでした。
本日もバタンキュウ。

断熱屋のぼやき

北欧視察⑥

5日目 またまた恒例の朝の散策。

通りからは良く解りませんでしたがホテルの裏から見えた町へ歩いていけばそこそこ大きな町でした。

教会の鐘が聞こえたのでそこへ行こうという事になり、ついでだから町の地図に載っていたデンマークの学校を見に行こうと足を延ばしました。

そうしたら偶然地域エネルギー供給会社を見つけました。

折角なのでダメ元で話を聞いてみようと突撃!!最初は何者??という感じで断られましたが、帰ろうとしたら変な奴じゃないと思っていただいたようでOKと施設を見せてくれ説明までしてくれました。感激 まずは1.7MWの能力を持つ木質ボイラーとヒートポンプで温水と冷水を同時に作れる設備になっていました。

こちらはヒートポンプでこれにより更に冷水まで作ることが可能で能力を大きくすることができます。

続いてガスタービンで発電5.1MWと温水5.7MWを作る設備。

廃熱利用の温水は380℃、50℃、20℃の3段階で余すところなく利用しています。

最後にちょっと離れた所に太陽熱温水もあると案内いただきせっかくなのでここも拝見。

一週間の週熱量が表示されています。

なぜ山羊??と思ったらおそらくメンテナンスのための草狩りの負担を減らす為でしょうか??

7500世帯分とかなり大きな規模でエネルギー教協を行い 最近ドイツが話題になっていますが、デンマークでも地域冷暖房を発展させたこのような会社がある事とそれを偶然見ることができて感激でした。
午後は製造元訪問

組織変更と製品の改良について説明がありその後工場案内、様々な意見交換をしました。(写真はオーナーで技術担当のハンスさん)

丁度ドイツのフランフォッファーの研究所との共同研究のデータが出たとの事で後日その資料を頂くことになりました。またデンマーク工科大学の教授ともソーラーウォーマーの効果について共同研究を始める所との事でその実験設備も見せてくれました。

工場にはこのように世界中の同じ種類の製品を集めテストして性能比較をしています。いずれも能力は劣るものばかりでその性能の高さを確認できている様です。

今回の訪問は新しいメンバーとも会う事ができ、とても真面目そうで安心して取引できると感じました。 オーナーのハンスは技術専門として製品開発に専念できる体制もでき新しい製品が出来る事楽しみです。このハンスさんは技術の話をするときは目を輝かせてしゃべる人でとても好感を持てて技術については本当に安心できる事を感じました。そしてピアノはプロ並みの腕前で毎日1時間位引いているそうです。娘さんも婿さんもプロのオペラ歌手だそうです。

断熱屋のぼやき

1 / 212