HOME : 断熱やのぼやき : エコハウスのウソ

断熱屋のぼやき 一覧

エコハウスのウソ

まずは「面白い!!」。そして一般の方にとても読みやすくなっていると思います。

東大准教授の前先生が執筆された本です。

そもそも住宅における温熱関係の話は難しくわかりにくいのが定説で、どうしても考えている事を伝えようとすると難しい表現になってしまい、わかりやすく伝えられず歯がゆい思いをしていました。それがとてもわかりやすく書かれていて日頃私が思っていることが見事に表現されています

少しデフォルメしているぶん強い表現もありますが、なんと言っても環境省の行ったエコハウス事業の検証を行いその貴重なバックデータから展開する話はとても説得力があります。温熱系の話は物理現象なので理論が解れば怖くない事がよくわかります。

是非皆さんも読んでみてはいかがでしょうか?とても参考になりますよ。

内容を私なりにダイジェストすると・・・
・エアコンの正しい使い方
・通風の正しい考え方
・暖房の真理
・特に蓄電と災害対応の勘違い
・スマートメーターの過大な期待
・節湯が最強

などなど・・・  といった所でしょうか。

断熱屋のぼやき

Forward to 1985 energy life1985

昨日のネガワットですが、一般の家庭で今すぐにでも取り組む事が出来るのをご存知でしょうか?

弊社も応援(協賛)させていただいておりますが、1985運動というのがあるんです。

この運動は豊かで人間的な暮らしが可能な上で家庭の省エネを促進し、日本全国の家庭が1985年当時のエネルギー消費量まで落とすことが出来れば、原発がなくても現状の発電で電力が足りるようにしようという事を目的にした運動です。国民一人一人が参加できるのです。

もっとも難しい事はなく楽しみながら工夫をすることで、光熱費を減らし(=お財布からの出費を減らす)しかも省エネに貢献できるというものです。

この大集会が9月1日に埼玉で開催されます。こちらも参加募集していますので是非ご興味ある方はふるってご参加ください。

【案内文】   運動の目標は、豊かで人間的な暮らしができる、究極の省エネルギー社会の創出を目指し、家庭でのエネルギー消費量と電力消費量を1/2以下にしようとするものです。 家庭の省エネ、エネルギー問題について興味のある方ない方、業界の方ご近所の方、どなたでも結構ですので、お気軽にご参加ください。 日時:9/1土曜13:30~受付開始 場所:埼玉会館(京浜東北線浦和駅から徒歩5分) 申込:下記HPより http://to1985.net/

 

 

断熱屋のぼやき

ネガワット発電

先日パッシブデザイン協議会のセミナーで、「ネガワット」という言葉つかい省エネを推奨していました。
この「ネガワット」という言葉ですが、エネルギーの節約で電気の仕様を減らす事は、その分ひゃつでんしたものとみなす考え方です。

例えば10のエネルギーを使った住宅があったとします。そこに太陽光発電を乗せたとします。太陽光発電はエネルギーを作るので例えば3というエネルギーを作ったとします。
10-3でその家では7の電気だけをつかうので3のエネルギーを発電所で作らなくてよくなります。

一方、10のエネルギーを使う住宅を省エネ性を高めて7のエネルギーしか使わないで済む住宅を作ったとします。そうすると同じく3のエネルギーを作らなくてよくなるので同じように節電になるのです。

エネルギーの節約は、太陽光で発電したのと同じことになるという意味です。

ところが上記には大きな違いがあります。後者は住まいの質(快適性等)も向上するのです。
しかも住宅の基本性能は設備のように壊れませんので買換えもメンテナンスも不要なのです。

太陽光発電や設備は経済対策的な側面もありそれはそれで大切だと思いますが、住む人にとって本当にためになる住宅の基本性能にも是非目を向けてみていただければと思います。

断熱屋のぼやき

1 / 11