HOME : 断熱やのぼやき : ネットゼロ関連補助事業適応可能

断熱屋のぼやき 一覧

ネットゼロ関連補助事業適応可能

ネットゼロ関連補助事業で「空気集熱式太陽熱利用システム」の​計算方法が公開されました。事務局へ問い合わせた所わが社のソー​ラーウォーマーも適合できるとのこと。
うれしいヽ(^o^)丿
補助事業のHPはこちら

http://www.zero-ene.jp/zeh/index.html

みなさん是非是非ご検討下さい<m(__)m>

断熱屋のぼやき

一万円でスマハ?

今はやりのスマートハウス!!
先日面白い商品を見つけました。 キーワードは「1万円で出来るスマハ」です。 自分で使用確認したわけではありませんがとても手軽でよさそうです。


スマートハウスにおける三種の神器(構成要素)は
1、太陽光発電
2、HEMS
3、蓄電池 です。

その中のHEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)の部分のこの製品は該当します。
HEMSとは本来、家のエネルギーのコントロールをする事が目的なのですが、現在はまだ「見える化」をするだけで、技術的にマネージメントするまで到達していません。 従って基本的に見えるだけす。

技術発展の途上である現在、ちゃんとコントロールまで出来るようになるまではこのような製品でも十分かもしれません。 またこれなら既設の住宅でも利用できます。

この「見える化」だけで10~15%位は省エネ行動につながる事で省エネになると言われています。

現在販売されているHEMSも4月から補助金もでるようになりだいぶ安く買えるようになったのでそれを利用するのもいいですが、こちらの簡単なものでも、入門的に考えるなら十分だと思います。

詳細は下記リンクを参照ください。 http://www.lean-energy.net/

断熱屋のぼやき

シェルターユニットバス

昨日訪問したお客さんで非常に興味深い製品(技術)がありました。 久しぶりに感動するアイディアでした。

その名も「シェルターユニットバス」です。


どういうものかというと、その名の通りユニットバスをシェルターとして利用するものです。 このユニットバスを強固にすることで安全な器となり、数日の間の避難場所として利用で切るというものです。

なぜユニットバスなのかというと、1階部分や寝室の近くに置かれることが多く、意外と逃げやすいところにある事、コストが安価ですむ事、天井裏空間があるので収納スペースとして利用可能で壁面にもボックスを設置するとかなりの量の非常用食料、簡易治療品等を補完する事ができます。、

秀逸なのは水がある事で、洗い場の下に貯水タンクを設置し、さらに簡易トイレを設置すれば非常時にかなり役にたちます。

まだ製品化はこれからのようですが早く世の中に出てきてほしいです。

断熱屋のぼやき

薄いメモ帳(保存するメモ帳)

買ってしまいました。

最近欲しかったアプラサスの薄いメモ帳!! なんと普通のA4の紙を折って使うからランニングコスト0!

しかもメモはスマホで写真で取ったりスキャンしたりして、後はエバーノートなどでデジタル保存・管理が可能と優れもの

こういったものって専用のリフィルが必要なので面倒くさかったですがそういった悩みもないです。

これで仕事の能率が150%UP!!

・・・・・になるわけないか(笑)

ホームページはこちら
http://superclassic.jp/

断熱屋のぼやき

新東名走りました^^

今週出張でさっそく新東名走ってきました。

前情報で聞いていましたが、車線が広くて、当たり前ですが路面が出来たばかりなので荒れておらず走り心地がとてもなめらかです。


また全体的に高低差も少ないので本当に走りやすいです。
そしてなんといっても閉口区間は高速道路が東名と2つに分かれるので車の交通量がとても少ないのでそういう意味でも走りやすいです。


当然トラックで詰まってちんたらにならないので移動時間も今までより早くなります。

しかし、びっくるなのは夜8時だというのにサービスエリアが満車!!他のパーキングエリアも全て満車か混雑なんて・・・出来たばかりで物珍しさも手伝っているのでしょうがどれだけSA・PAが人気なのか??びっくりでした。

断熱屋のぼやき

温暖地におけるQ値=1.9

今回ゼロエネの補助でQ値が1.9という指標がでました。

実は私も今までずっと考えてきていたのですが、温暖地においてこれからの目標とされるべき断熱レベルはこのQ値=1.9あたりだと考えていました。
もちろんそれ以上の断熱性による先進的な仕様もあってもいいですが、建築的に今までと違った特別な仕様や収まりにする必要がなく大きなコスト負担が無いレベルで達成できるのがこの1.9というレベルだと思います。

このレベルまで上げるときわめて少ないエネルギーで冷暖房が行えます。このように建物性能が高まると連続で暖房しても間欠で暖房しても暖房費が変わらなくなってきますから連続暖房を行う事でも快適性は格段に上がります。

温暖地においてこれから目指すべきレベルとだと思っています。

そして快適性という意味では、おそらく夜暖房を切って朝の室温が15℃程度以上をキープするレベルになりますし、非暖房室の温度差も2~3℃で済むようになるのでヒートショックになりにくい健康な住環境が得られるようになります。

※ただし立地や計画によっては絶対値ではありません(笑)

例えばこれをMSグリーンファイバーで行うとすれば
屋根(天井):200㎜
壁:120㎜
床:100㎜
窓:アルミ樹脂複合サッシ+LOW-Eガラス
換気:MS調湿換気システムor熱交換
で十分達成可能なレベルです。(もちろんプランにもよりますが)

是非検討してみてください。

断熱屋のぼやき

ZEROエネルギーハウス補助金制度

このGW中に住宅のゼロエネルギーハウス関連の補助事業の詳細が発表されました。

ゼロエネルギーハウスとは、国が省エネを目指して進めている政策で、ヨーロッパでは日本より早い段階でその目標を立てて政策がすすめられています。

ゼロ・エネルギーハウスとは、省エネルギー性能がきわめて高い建物で、建物における化石エネルギー消費量を、躯体及び設備の省エネルギー性能向上と、再生可能エネルギーによる創エネルギーで、年間のエネルギー消費量(二酸化炭素排出量)が正味でゼロとなる建物のことです。

現在国では、2020年には標準的な新築住宅でZEH(ゼロエネルギーハウス)を実現し、2030年には新築住宅の平均でZEHを達成を目指しています。もともとは2050年までにはストック含めすべての建築物がゼロエミという目標もありました。

今回の補助事業は、「ネットゼロエネルギーハウス支援事業」と「住宅のゼロエネルギー化推進事業」2種類あります。
前者は施主さんが直接申請するもので、断熱性が温暖地でもQ値という単位で1.9(従来の省エネルギー基準の4割程度の性能向上)が要件で認定された特殊省エネシステムを採用することが条件、主に設備に関した補助で最大350万。
後者は中小工務店さんが対象で、標準的な住宅の一次エネルギー消費量が概ねゼロになるもので、かつ学識者により構成される審査委員会によって認められる事が条件、ゼロエネ化にかかる割り増し分の費用について最大165万の補助がでます。

この手の補助金は大体時間が限られているのでなかなか使いにくいのが玉にきずですが、適応させれ繪そうであれば是非トライしてみてはいかがですか?弊社でも情報提供やお手伝いが可能なところはさせていただきタイと思っています。

情報はゼロエネルギー化推進室のホームページでも得られます。

http://www.zero-ene.jp/index.html

断熱屋のぼやき

1 / 11