HOME : 断熱やのぼやき : MS調湿換気システム製造元アエレコ社訪問

断熱屋のぼやき 一覧

MS調湿換気システム製造元アエレコ社訪問

さて、今回のヨーロッパ出張は決して遊びで行ったわけではありません(笑) 弊社が輸入販売している製造元へ打合せに行っていたのです。 そこで少しその報告をしたいと思います。

まずは換気についてです。

フランス国内では自然換気と機械換気を組み合わせたハイブリッド換気が大幅に伸びており、特に公営住宅ではすみ手によるメンテナンスが全く期待できないため、デマンドコントロール型が大きく支持されているとのことです。なので熱交換タイプは全く問題外だそうです。
日本でも北海道では札幌市でポスト次世代基準でパッシブ換気が基準に認められているのと同じうごきでしょうか。

また、今年は最近のポーランド等東欧諸国の伸びが大きく、昨年比28%の勢いで販売量が拡大しているそうで年々大きな成長をしているとの事。日本でも頑張りたいところです。 今回伺った際も工場拡大のため物色している工場を見せてもらいました。 そしてドイツでも後述のレポートにより省エネ性が公に認められて販売量が大きく増加しているそうです。

そのドイツのレポートですが、「ITG]というドイツでも有力な研究機関において、ドイツの省エネ基準「EnEv2009」によってシュミレーションされたデータから作成したものです。 デマンドコントロールにより換気量が抑えられることにより下記のような大きな省エネ効果があります。
93%加熱回収する熱交換換気と比べても1年間で24ユーロ(約2650円)の差にしかなりません。
(しかも外気温が下がりすぎると熱交換効率は落ちますが、カタログ性能値が100%発揮され、メンテナンスもきっちりと行われたと仮定した場合です)


初期費用の高さを考えたらその分を回収するのはとても難しいと思います。しかもフィルター代が別にかかるので2650円もフィルター代で消えてなくなりそうですが・・・。

またデマンドコントロールにより換気量が減っても下記グラフのように室内の空気環境も問題ありません。

それから新製品としてBXC排気口が発売されます。 今回のラインナップにより CO2orVOCセンサー付も選べるようになりますので、オフィスや店舗といった住宅以外の用途にもより適切に計画できるようになります。

最後に、今後の開発テーマとしてデマンドコントロールする(湿度)熱交換換気の開発も行っているとの事。風量も抑えられるのでフィルターの汚れが少なくもちろん熱交換が必要ない時のバイパス機能も搭載される予定です。 来年には試作機を製作し2~3年後には製品化されると思われます。 まあ取り扱うかは微妙ですが・・・(笑)

断熱屋のぼやき

ヨーロッパ出張最終日

最終日、昨日はホテル到着が23時でヘロヘロだったはずなのですが、どうしても時差ボケのせいもあり早起きさんになってしまいます。結局6時頃には目が覚めてしまいました。そうなればせっかくなので出発前の午前中散歩を兼ねてちょっと市内散策をしてきました。

まずは世界3大がっかりと言われている「コペンハーゲン・人魚姫の像」へいってきました。朝が早いのでまだ観光客はいませんでした。

朝日の当たり具合なのですがこのアングルからみると人魚姫がさびしい感じに仕上がっています。

こちらは北欧最古の人工的に作られた港「ニューハウン」。この一角はとてもきれいでした。

ストロイエ(ショッピング通り)で見つけたアンティークです。いったいいつのスキー板でしょうか?
まだ10時前なので店はほとんどしまっています。

天体観測所としてはヨーロッパ最古のラウンドタワー(円塔)です。1600年代にこんなものが出来ていたなんてすごいです。やっと10時を回ったので入ることが出来ました。

上るのは階段ではなくスロープになっています。珍しいです。

途中で見つけた昔のトイレ。ぼったんだったんでしょう。

展望からみたコペンハーゲンの街並みです。

こちらは世界一美しいと言われている旧証券取引所。

最後に無料レンタサイクルを見つけたのでホテルに戻るのにちょっと乗ってみました。

この自転車ブレーキがなくピストみたいにペダルを逆廻しにしてブレーキをかけます。最初は転びそうになりましたがコツをつかんだらそれなりに乗れました。でもなぜブレーキなしの自転車なのでしょうか?(もしかしたブレーキは壊されやすいからかも)

この地図が自転車の乗れる範囲です。

最後に空港のトイレです。でもデンマークでは結構あちこちで見られた無洗浄トイレです。エコの観点で進んでいるからなんでしょうか・・

断熱屋のぼやき

ヨーロッパ出張4日目②&5日目

コペンハーゲンから片道約500kmの移動+ソーラーウォーマー製造元と打合せを終え、ミッション無事完了。メーカーとも内容の濃い打合せができました。 そして移動の途中にもいい景色がありました。

かなり完璧の状態の虹。写真ではわかりにくいですが、7​色がちゃんと筋でわかれてしっかりした虹でした。

そして両端がちゃんと地面とつながっています。こんなに​大きいのも初めてです。

風力発電にかなり力が入っているようで普通にあちらこち​らに立っています。デンマークだけでも相当な数になるの​ではないでしょうか

断熱屋のぼやき

デンマークの小さな村ドラオア

ホテルの近くに、昔漁師の村で、昔からの伝統を受け継いでいる村があり、この一画を後世に残そうと昔ながらの街並みを残しているところがあるとのことだったので、ちょっとバスにのり1時間ほど足を延ばしました。
ついてみると本当に昔ながらが完全に保存されていてとても素晴らしい街並みが残っていました。

改造や新築に対してもスタイル、色、材料すべてに制限を受けているとの事だそうです。

茅葺屋根です。

銀行も外観をいじれません。

ランプで風情が増しています。

最後にみた補修中の現場、塗り壁を削っているようです。このように一旦削り取って再度塗るようです。しかし結構風があったのに削り取った粉が結構待っていましたが全くお構いなしのようでこれもお国柄ですね~~

断熱屋のぼやき

ヨーロッパ出張4日目①

時差ボケの関係もありどうしても朝早く目覚めてしまいます。出発までに少し近くを散策しました

再び自転車専用道、ちゃんと段差がついていて車が乗り入れにくいようになっています。

街に溶け込んでいるフィットネスクラブ

デンマークで普通に走っているママチャリ

驚きますが、バスにもテーブルがついていますww(1席のみ)

断熱屋のぼやき

シーテックジャパン2011

先週、スマートハウス関連の注目技術が展示されているという事で「シーテックジャパン」へ行ってきました。

まず何はさておきこれですね。
未来型スマートハウス「NSH-2012」と、日産の電​気自動車「リーフ」

とどのつまり(辛口に言うと)太陽光発電と蓄電池としての車と制御システムの組み合わ​せです。


横浜の実証実験では太陽光発電で全電気量の70%​までは賄えたとのことです。

車はサンデードライバーが基準のようで、完全に電池として考えられています。
面白いのは、車を蓄電池として考えても、ヤマダ電機で買う蓄電池より​もKWあたりの値段は安くなるとのことでした(笑)

最近の傾向で感じた事は、震災の影響でしょうがそろいもそろって蓄電池のPRでした。蓄電池と太陽光しか​提案がないのか??とおもってしまいましたが、家電メーカーで​は当然そうなりますね~(笑)


ただ、今後太陽光発電とスマートグリッ​ドが進んでいくとDC家電の可能性も高まると思いますが、さっそく展示してあっ​たのにはさすがとおもいました

断熱屋のぼやき

ヨーロッパ出張2・3日目

2日目はパリへ移動。

デンマークの海岸線に見られた洋上風力発電です。

無事にパリに到着したまではよかったのですが、待てども暮らせど荷物が出てきません。バッゲージクレームサービスへ確認したら今回に飛行機に乗せ忘れたらしくまだコペンハーゲンにあるとのこと。(驚き)したがって次回の飛行機で来るとのこと。ホテルまで届けてくれるとは言っても次のフライトは到着が5時半過ぎ。そうなると今日のホテル到着は難しいのではないかと思いつつ空港を後にしました。案の定その日中には届かず夕方取りに行けばよかったと後悔・・・・

2日目のパリは雨。普段できない仕事とたまっている本を持ってきたので読書をゆっくりとホテルで過ごしました。

3日目は荷物が届かずあきらめて取引先に向かおうと思いチェックアウトの時受付に伝言をした所この荷物がそうか?と聞かれびっくり!!なんだ荷物はもうついていたなんて・・・(絶句)。荷物が届いても全く知らせてくれないなんてさすが海外<`ヘ´> あわてて着替えてあたふた出発しました。

打合せが終わった後、遅い食事をして、今、空港で夜のフライトを待ちながらブログを打っているところです。 のどが痛くて風邪を引いたのか体が少しだるく早くホテルで寝たいですww。

断熱屋のぼやき

ヨーロッパ出張1日目

今週はヨーロッパ出張です。 1日目はコペンハーゲン。夕方到着して次の朝一でパリへ移動なので寝るだけです。(笑)

夕飯を買いに近隣を散歩兼物色。自転車​専用道が完備されていて結構走っています。日本も健康や省エネで​自転車が推奨され始めていますがこれくらいちゃんとされていると​いいですね。


解りずらいですが、真ん中に走っているの​が自転車と自転車専用道です。車道より少しだけ狭いくら​いです。

こちらが夕食を買ったハンバーガー屋さん?です。 晩御飯はそんなに量も食べたいと思わなかったのでレストランで食​事というつもりもなかったのでフロントで近くのスーパーの場所を​聞き適当なものでも買いに行こうと思いましたがめぼしい物がなく​、もうしばらく散策して見つけました。。さっそくベーコンチーズ​バーガーをテイクアウト。部屋に帰って食べたらまずい;;。私の​口に合わないのか?そもそもまずいのか?はわかりませんが、こん​なことなら空港でバーガーキングを買ってくるべきだったと後悔・​・・

少し散策してしみじみ思いましたが、古い建物を大事に使っていて街並みもいい。海外をあるいて思うのはこういう古い建物を大事に使いそういう文化があります。当然中古を買うのでしょうから新品のようにいかず細かいところを見るともちろんガタがきているところが見当たると思いますが、そんなに気にしないでいるんだろうな~と感じます。 日本もそういうおおらかさも必要なのではと思いました。

断熱屋のぼやき

1 / 11