HOME : 断熱やのぼやき : 低炭素社会に向けた住まい方推進会議

断熱屋のぼやき 一覧

低炭素社会に向けた住まい方推進会議

先日「低炭素社会に向けた住まい方推進会議」の第二回会議が行われました。せっかくなので見に行きたいと思い経産省へ申し込みましたがもちろん抽選されず傍聴出来ませんでしたが資料がアップされたので早速読んでみました。(写真を見るととても狭い部屋なので、こりゃメディアしか入る余地はなさそうなので傍聴できるわけないな~と思いました)

ポイントを抜粋すると

・住宅建築物の運用段階におけるCO2排出量を含む民生部門のがエネルギー消費量が、最終エネルギー消費の3割を占めている。→最も省エネルギーの強化が求められている。
・住宅建築物から排出されるCO2は大部分が既存ストックから。→既存ストックに対する対策が重要

そこで削減対策の基本的な考え方として
・2020年までに一時エネルギー供給に占める再生可能エネルギーの割合を10%に達することを目指す。
・既存ストック対策として補助税制等も含めた支援による省エネリフォームの推進が必要。
・省エネがもたらす直接的な便益(光熱費)だけでなく、快適性や健康性、知的生産性の向上など間接的便益(ノンエナジーベネフィット=省エネ以外のたとえば医療費が少なくなった等)の見える化についても目指す

ということのようです。
より一層の省エネが求められ、特に既存ストックに対する改修に対して政策が出てくるでしょう。
そしていろんな分野でも言われていますが「見える化」というのが重要なキーワードになってくるようです。

「2020~30年に目指す住まいについても2020年には標準的な新築住宅でゼロエネルギー住宅を実現し、2030年には新築住宅の平均でゼロエネルギー住宅を達成しLCCM住宅の早期実現を目標とする」ようです。
海外でもゼロエネルギー住宅の義務化がどんどん進んでいますが日本もそこに向かって進んでいくことになります。昨今話題のスマートグリッドも絡んで大きく世の中が動いている事を実感しました

断熱屋のぼやき

「既存住宅の省エネ改修ガイドライン」弊社実例が掲載

少々前の話ですが、ご紹介していなかったので掲載します。 今年の7月に「既存住宅の省エネ改修ガイドライン」というのが自立循環型住宅開発プロジェクト 国土交通省国土技術政策総合研究所と独立行政法人建築研究所により研究開発されているのですが、その第二フェーズで弊社でお手伝いさせていただいた物件がようやくまとまり発刊となりました。

実はp111~114まで掲載されている東京都B邸というのがその事例です。

このガイドラインは、その断熱レベルの低い既存住宅の断熱改修の手引書として、住宅生産の現場に直接携わることの多い建築実務者や、一般の住宅設計者の方々を対象に書かれています。 部位ごとに改修手法を整理している点もポイントのひとつで、屋根、天井、外壁、床、基礎、開口部などに分け、断熱あるいは気密改修の工法を紹介。工法の特徴や使用材料、改修効果、留意点、関連工事などもまとまっています。価格の参考値も掲載されているのでとても参考になる資料となっています。

弊社ではこういった研究開発にも取り組んでおります。 特に今年は耐震断熱改修に取り組んでいますのでどしどしご相談いただければと思います。

断熱屋のぼやき

今年もジャパンホームショーが始まりました

昨日からジャパンホームショーが始まりました。弊社としても14回目になるエコメッセとしての参加です。

今年の目玉はなんといってもソーラーウォーマーです。 一日目の感触もまずまずでした。
それからお昼頃、「開口部の設計作法」というタイトルで伊礼先生のセミナーがありました。 いつもながらとても参考になる面白いセミナーでした。事前登録で受付終了になっているのは伊礼先生ともうひとつだけでした。

そのなかでとても参考になったのは 「設計って外部をどれだけ採り入れるかでしょ?」という野矢先生という哲学者の言葉を紹介していました。 たしかにそのとおりだなと思いました。
あと2日間がんばるぞー!!

断熱屋のぼやき

もうクリスマスシーズンですね

先週都内を通ったとき赤坂で、ああっっとうい声につられ見てみたら・・・

そこには赤プリのクリスマスイルミネーションがありました。 一世を風靡した赤坂プリンスも来年3月には閉館。
このイルミネーションも今年が見納めですね。
先週土曜日は息子の誕生日でケーキ屋さんへケーキを買いに行ったんですが、そういえばいつもクリスマスばたばたあわててケーキを買いに行く状態だったで、今年こそは予約をしてゆとりのクリスマスにしようかなと思いました。

断熱屋のぼやき

熱電対

先日、知り合いの研究所で実験終了に伴い不要になった熱電対をいただけるということで、所望しに行ってまいりました。

温熱環境の測定を行う際、これでより正確な温度が測れるのです。

原理は、違う種類の金属をつなげると、それぞれの熱電能の違いから2つの接合点を異なる温度に応じた電圧が発生し一定の方向に電流が流れる原理を利用します。その異種金属の2接点間の温度差を与えると、電圧が生まれそれを計ることによって温度測定ができるのです。

断熱屋のぼやき

耐震断熱改修に関する研修会

今日、新住協関東支部で開催された耐震断熱改修に関する講習会に参加してきました。 弊社で今まで行ってきたセルローズファイバーによる断熱改修の事例について発表をしてきました。
セルローズファイバーで行うと全部の壁を壊さなくても施工ができることからまさに最適ではないかと思っています。

200万の補助金がもらえる事業なのですが、まだまだ枠はあるようです。 是非一軒でも快適な住宅が増えること願っています。

断熱屋のぼやき

1 / 11