HOME : 断熱やのぼやき : 環境省ロードマップ

断熱屋のぼやき 一覧

環境省ロードマップ

少し前になりますが、環境省より鳩山総理が掲げた温暖化効果ガス25%削減をテーマにしたロードマップが発表されました。

やはり住宅部門(家庭部門)への要求レベルは高いようです
具体的な目標は?というと

高効率設備機器の導入率大幅UP
20年目標で05年レベルから
エコキュート33倍
エコジョーズ126倍
太陽熱温水器3倍

が目標となっています。

スゴイ!!w(°o°)w

そして肝心の住宅性能は・・・

新築で
12年 次世代基準の改正
13年 新省エネ基準義務化(現在は旧省エネ基準が義務)
新築住宅ラべリング制度の表示義務化
15年 ゼロエミ基準創設
既存賃貸住宅の流通時ラべリング制度の表示義務化
18年 既存住宅の売買時ラべリング制度の表示義務化
20年 新築の次世代省エネ基準以上を義務化
30年 新築ゼロエミ基準義務化

既存住宅においては
20年 既存住宅の次世代基準以上達成率を30%程度に
省エネ化を推進(断熱性能向上)
年ストックの1%(約50万戸)を改修
50年 既存ストックの全てでゼロエミ100%を達成

となっています。

なんと2020年には25%削減、2050年には80%削減が可能で経済成長も可能となっています。
すこし厳しい気もしますが(さすがに80%削減モデルはあまりにも先過ぎて現実的には全くわかりませんが・・・)、こういった刺激策と政策(補助や誘導政策)をフルに動員することで日本の経済成長にもつながるという試算にもなっているので、日本が省エネ技術で世界をリードし大きな産業となり今後発展していくならば取り組むべきなのではと思います。

断熱屋のぼやき

自転車

この日曜日は久しぶりに自転車しました。
結構汗だくになるため、スーツの時は厳しいので仕事のときにのろうと思っていたんですがなかなか乗る機会がありません。(まあ、「なんちゃってライダー」という側面も否めず、冬の寒い時や夏の暑い時は腰が引けているのですが・・・・ww)
昨日は大宮まで片道20km強です。20km級は久しぶりです。帰ってきたらさすがに足がふるふるしてました。昨年は時々永田町まで(23km位)いっていたのですが。
まあ、先週の東海道に続きいい運動になりました。

この写真が私の愛車です。おととし末に購入しました。とても気に入っています。
メタボも気になっていたので少しでも運動しようと思いはじめようと思いました。
そもそものきっかけは先輩が自転車を活用していてその話を聞いたからです。その人は普段の仕事でも自転車を活用していて、出張にも自転車を輪行(持っていく事)して自転車で移動している「つわもの」です。とうとう自家用車は売ってしまったそうです。私にはそこまで出来ませんが・・・・。

ちなみに購入した自転車屋さん「狸サイクル」さんです。趣味がこうじて職業になってしまったとの事です。カスタマイズで何でも作ってくれます(たぶん)。

ママチャリではとても無理ですが、片道20kmくらいであれば何のその、約1時間強で着いてしまうので、乗り換えや駅まで・駅からを考えると逆に早かったりするかも!?そしていい運動になります。
ただし少し早めに出発して余裕を見て到着してからのクールダウンも考えておかないと、汗がだらだらでとんでもない事になってしまいます。 もうひとつのおまけは、終電を気にしなくてもいいということです。タクシー代を考えたら簡単に元も取れちゃいます。(飲み過ぎないようにしないといけませんが・・・w)一石2鳥にも3鳥にもなってしまうのでいざ乗ってみると確かにすごいです。

環境省の行っているチャレンジ25(鳩山総理が温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減すると表明した事から生まれた運動)にも環境に優しい交通機関として自転車が推奨されています。皆さんもチャレンジしてはいかが??

断熱屋のぼやき

東海道53次2010 ②

いよいよ二日目! しかし今回は昨日の山くだりですごい筋肉痛です
さすがに今回の疲労はなんだかんだ一週間は引きずった様な気がします。

まず、三島の中心部から歩き始めすぐ現れたのが家々の間を通る「千貫樋」。
1555年に小浜池の水を樋を通して駿河の国に引いたものだそうです。最初は木製だったのが関東大震災で崩れ今の鉄筋コンクリート製になったとの事。

歩いていると53次の道のりの現在位置を示したゲージを発見! まだまだ先は長いのがよくわかります(笑)

そしてしばらく歩くと一里塚。こちらは復元。

こちらは原形。一里塚の形がよくわかります。

これは民家の土蔵らしきもの。この辺はみんなこのように石で作られていました。

これは長沢八幡宮にある「対面石」。
源頼朝が挙兵したことをしって奥州から駆けつけた弟義経と座して対面した二つの石と伝えられるものだそうです。

何気なく街道に残る昔の並木がなんとも郷愁を感じます。

ふと現れたただの鴨です。ほのぼのとしてなんとなくシャッターを切ってしまいました。

「平作地蔵」です。「伊賀越道中双六」にある渡辺数馬(平作の娘が数馬の妻)の仇河合又五郎の行方を我が子の十兵衛から聞き出したのがここだそうで、日本三大仇討ちのひとつとの事。知りませんでした。ちなみに他の二つは忠臣蔵と曾我兄弟の仇討ちだそうです。豆知識・・・(笑)

そういえば忘れていました。市によって違うマンホールの柄です。沼津市のはさすがに富士山が入っていますね♪ これからは忘れずに記録したいと思います。
そういえばこんな面白いHPを見つけました。「進め!マンホールの蓋調査隊」今回の沼津市は無かったですがこれだけ集めると面白いもんですね。もしかしたらマニアがいるかな?と思ったらやはりいました(笑)

仰ぎ見るほど高く成長した松蔭寺の「擂鉢松」。この松は、白隠が幹の先が折られた松が可愛そうだと擂鉢を被せてやったところ、そのまま育ったという伝説だそうです。見えにくいですが、真ん中の高い位置に擂鉢がのっているのがわかります。

歩いていると右手に見える富士山! きれいです。

原宿(原駅)に到着。今回はここまで。へろへろでしたww。

断熱屋のぼやき

東海道53次2010 ①

結局、昨年夏に歩いてから久しぶりの東海道となってしまいました。 始めた当初は一番下の子が小学校低学年だったのでなかなかピッチが上がらないな~~と思っていましたが、いよいよそれが大きくなってきたと思ったら、今度は上の子が塾やらクラブやら友達との予定やらで、予定が合わなくなってしまいました。 こりゃあかん!いつになったら京都に着くやらで今年は少し気合を入れ、地道に歩こうと決意しました。

5月8日。今回は箱根からのスタートです。気温も涼しめで歩くには最高の天気です。

きれいな杉並木です。

ようやく箱根の関所に到着! 今は再建され資料館にもなっています。 せっかくなので観たかったのですが、子供に観なくていいと言われ、時間も無くなりそうだったので今回はやめておきました。

箱根を過ぎてまた石畳です。

ようやく箱根峠に到着!ここからようやく静岡県へ・・・

ここから先は一般道とは違い、三島までほとんど直線で下っていきます。
草でトンネル状になっています。なかなか幻想的だと思いませんか? それにしても本当によく道を整備し、それを維持するのは大変だろうな~~と思いました。

兜石です。石の形が兜に見える・・・

石畳を全面的に発掘し整備してありました。

山中城跡です。 石使わない土だけの城は珍しいそうです。せっかくなので一通り見てみようと一周しましたが結構時間がかかってしまいました。確かに石を使わないであれだけの深い堀や高い土塁を地形を利用して作った技術はなかなかだなと感じました。(これを表現するうまい写真は山の中なのでうまく撮れませんでした) しかし、ここでかなり疲労を蓄積してしまい後にかなり響いてしまいました。

          発掘中です。

山道をだいぶ下り、ようやくひらけた場所が出てくるようになりました。しかし、運動不足+石畳による不安定な足元+下り坂による自分の体重が足への負荷を増大させる事によりもう足は限界に・・・

「こわめし坂」です。この辺があまりにも急で長いことから背負っていた米が汗と熱でこわめしになったのがいわれだそうです。これが足への負担の追い討ちになりとどめのを刺されました。ここからは休む回数がうなぎのぼりにww・・・

三島宿入る手前の一里塚。三島大社を通りすぎ(全く立ち寄る余裕は無し)・・・

ようやく三島広小路駅へ到着。本日はここまで。

断熱屋のぼやき

1 / 11