HOME : 断熱やのぼやき : 家庭部門の温室効果ガス削減1990年比29-35%減と高い目標設定

断熱屋のぼやき 一覧

家庭部門の温室効果ガス削減1990年比29-35%減と高い目標設定

環境省から、2020年までに温室効果ガスを1990年比25%削減する目標の達成に向けた中長期のロードマップ(行程表)の原案が公表されました。

国内排出量取引制度や環境税の導入のほか、住宅の省エネ基準の強化・義務化やエコカーの普及を促す関税恵沢の継続、企業への金融支援、次世代型路面電車(LRT)の延伸などが盛り込まれている。

すごいのは原子力発電所を8基増設し、60%を下回る年間稼働率を最大88%まで向上させれば、海外から排出枠を買わなくても25%削減を達成できるとしていることです。かなり無茶な気がしますが・・・・

やはりポイントは 部門別の削減量目標で1990年比29-35%減と目標を高く設定された家庭部門でしょう。住宅部門は排出量の増加が他部門に比べて大きく、2005年比では48-53%減となるそうです。

まあ日本の産業部門はもともと省エネが進んでいたのでここをさらに厳しくするのは経済を後退させてしまうことなってしまうのでしょうがないと思いますが。
やはりわれわれ住宅分野でのがんばりが必要になってきます。そして当然更なる省エネ政策の強化がされてくるでしょうし、同時にもっと政策的な支援も望みたいと思います。

ちなみに工場など産業部門は1990年比21-22%減、オフィスなど事務部門は同18-26%減となっていました。

断熱屋のぼやき

日本の気象って結構厳しい!!

ブログ更新怠けてだいぶ間が開いてしまいました。f(^_^;

先日、建築知識に「日本の気象条件がいかに厳しいか」という事について記事がありました。

まず夏についてですが、平均気温で
大阪が28℃に対して、5月のジャカルタ(インドネシア)では
28.1℃、7月のカイロ(カイロ)で28℃となっていて大阪のが暑く、しかもカイロにおいては湿度は40%と逆にすごしやすいのです。

ちなみに
ハワイ           27.6℃
広島            27.9℃
福岡            27.6℃
ハバナ(キューバ)      27.3℃
東京            27.1℃
ココビーチ(赤道直下)     26.7℃
日本の大都市は殆どが赤道直下の都市よりも暑い
対してヨーロッパとの比較では、
帯広             20℃
網走            19.4℃
ベルリン          19.2℃
パリ            19℃
ロンドン          17.1℃
日本の北国よりヨーロッパの都市のほう涼しい

冬はどうかとというと
旭川                 -7.8℃
モスクワ              -7.5℃
旭川のが寒い
ペテルブルグ(レニングラード)   -6.1℃
札幌                -4.1℃
ストックホルム           -2.4℃
札幌よりも昼の時間が少ないストックホルムの方が寒くない
しかも札幌のほうが雪が多く、夏は札幌のほうが4.6℃暑い
盛岡                -2.1℃
コペンハーゲン             0.8℃
仙台                   1.5℃
パリ                 4℃
名古屋                4.3℃
ロンドン               4.4℃
ヨーロッパのパリ・ロンドンは名古屋京都と変わらない
東京・大阪               5.8℃
東京・大阪はヒートアイランドもあるのか少し暖かい
ローマ                 8.4℃
鹿児島                 8.3℃
鹿児島でもローマより寒い

このように冬には世界的にも寒い地域と同じくらい寒い地域があり、夏は赤道直下の地域よりも暑い地域がある日本の気象は、温帯モンスーン気候帯に属しているためといえます。そのために四季があり豊かな自然を形成しているのですが、とても厳しい気候にあると言えるのではないでしょうか?
その日本においての最適な家づくりについて研究・提案を行っていく必要性を強く感じたデータでした。

断熱屋のぼやき

1 / 11