HOME : 断熱やのぼやき : ガンダム・・・・

断熱屋のぼやき 一覧

ガンダム・・・・

行ってしまいました(笑) 多くを語る必要はないですね♪(お台場です)

光って

動きます

なかなかの迫力でした。

断熱屋のぼやき

東海道53次⑨

見てくださいこの石畳。 ここまでよく保存されていると感動もひとしおです。 なかなか見事でしょう!!

そして改めて昔の人は大変だったろうなと思いました。

途中に甘酒茶屋があり、まさにこの辺に欲しいだろうなという場所にありました。 ラストスパートで子供たちもどこにそんなパワーが残されていたのかと思うほどとても速いテンポで無事クリアーしました。

 
そしてようやく箱根港に着き一路バスへ乗車、結構金額高く930円。まあ行楽地ですからね~。そして峠なのであたりまえといえばあたりまえですが、運転手さんも果敢!?に攻めますww。エンジンの音も大きいせいかもしれませんがとてもスピードが出ているように感じました。今日歩いて上ってきた道をバスで下っていく度に子供達とここ覚えている?ここ通ったね!と確認しながら下りちょっとした感動でした。「しかしまあよく登ったもんだ」と改めて感じました。

ここまで最後のラストスパートで見せた元気もさすがに電池切れで、表情が変わっていくのが分かりました。

さすがにへとへと。子供たちも良くがんばったもんです。

 

最後にサーティーワンのアイスクリーム屋さんを小田原駅に見つけ、達成したらのご褒美に買ってあげたら満足そうに頬張っていました。
次回はいよいよ箱根峠を下り三島へ・・・静岡県へ突入です。

断熱屋のぼやき

東海道53次⑧

この夏休みに久しぶりに行ってまいりました。今回は静岡の地震で東名が不通だったのが幸いして、帰省ラッシュの初日にもかかわらず全くの渋滞がなくとてもスムースでした。

まず車を止め、前回到達地点の風祭駅まで電車を一駅乗り。撮影してから「さあ出発!!」
しかし、さすが真夏本番!!歩き始めて暑いのなんの・・・一体どうなるかと思いました。この日はお盆中で一番暑かった(得に湿度が高かった)ようで、結局一日中、汗びっしょりで、シャツが乾く暇が無く濡れっぱなしでした。

まず目指すは最初の目標地点である三枚橋(山路の入り口)。アスファルトからの照り返しが暑く子供たちが根をあげそうになるのを「山に入れば涼しくなるから」励まし(騙しながら??)ながらようやく箱根の入り口三枚橋まで到達しました。しかし山の中(緑の中)まではまだまだ歩かなければなりませんでした。

 

 

北条氏の祖である早雲の菩提寺を過ぎ、

 

 

 

 

 

 

 


箱根で会う最初の石畳に・・・
未だに旧道が残っている事に感動しながら
先を目指します。途中次の目印がなかなか出てこないので道を間違えたのかと思いました。

 

 

 

 

 

その次に目指したのは畑宿。箱根のきつい山路の途中に間の宿として栄えたとの事、まさにその通りだと思いました。
畑宿にマス釣りがあるとの看板を見つけ、それで子供達を励ましましたが、ついてみて確認すると予約制との事。当日でも出来るか聞こうかと思いつつも、受付の対応が今ひとつだったので、後日釣堀に連れて行く約束の元、持参のおにぎりを食べ、しばし休憩して、いよいよ箱根宿にむけて再出発しました。

断熱屋のぼやき

冷房エネルギー②

せっかくなのでパート2(補足)です。

冷房エネルギーが思ったより少ない事は説明しましたが、前述の円グラフでもう一つ思ったより大きいのが37%もある動力他となっている項目です。

これは、照明や家電製品が消費しているエネルギーを指しています。

そのうち約15%位が照明にあたり、その他皆さんが使用している冷蔵庫、暖房便座、大画面TV、洗濯機といった家電製品になっています。家電製品・照明についてもウェイトとしてはかなり大きく、照明についてはLEDや蛍光ランプ等を使用することで十分半分以下にすることも可能です。もちろん家電についても昔の物を使用していたとしたら高効率家電が普及している昨今においては見直すと結構大きな省エネになると思います。

我が家も今年の冷房の測定が終わったら、最近はやりのLEDや蛍光ランプに取り替えて更なる省エネの実験に励みたいと考えています。

断熱屋のぼやき

冷房エネルギー

夏本番!!毎日暑い日が続きますね^^) さすがに冷房を利用される事も多いと思いますが、皆さん!いったい冷房エネルギーってどれくらい使用しているのか??ってご存知でしょうか?
下図をご覧ください。

どうでしょう。左グラフが一般的に考えられている家庭におけるエネルギー消費量の割合です。ところが実際はどうでしょうか・・・・・右グラフをご覧ください。思っていたのとはだいぶ違うと思いませんか?? 実際の使用エネルギーの割合はこんな感じになっているのです。

びっくりしませんでしたか?
冷房でも暖房でも使用するエネルギー量は、あくまでも温度差に基づきます(外気温度によって効率は多少異なりますが)。冬は外気0度室温20度だとすると温度差20度もあるのですが、夏はどうでしょうか?外気温が35度として室内温度28度とした場合7度しかないのです。しかも冬と違って昼間の利用が中心で、雨や曇りのときは温度差はもっと少なく除湿がメインとなります。なので実際の使用エネルギーはこんなものなのです。

ではなぜ夏の冷房エネルギーが大きく見えるのでしょうか?

それは夏は熱源が電気しか無く、しかも昼間(特に午後2時頃)に集中するため電力量が足りないという事になり、それが全てであるような錯覚を起こすからなのです。
一方、冬は灯油、ガス、電気、深夜電力、といったたくさんの熱源の種類がある為、夏のようなエネルギーが足りなくなるといった危機感があまりないのです。

断熱屋のぼやき

お風呂の自動保温

ずーっと気になってはいたのですが、先日改めて気がついた事があります。

自宅のお風呂が、沸かした後、自動で保温になるようになっていたのです。

いつも自分が入ったときは、都度そのスイッチを切っていたのですが、子供たちはそんな事を気にするはずもなくいつもつけっぱなしになっていたのです。

自動保温の機能があることは認識しており気にはなっていて、いったいどれくらい保温されているのか?を調べなければと思ってはいたのですが、ついつい後回しにしてしまい、なんと
6年が経ってしまっていたのです
調べてみてビックリ!!なんと4時間も保温される設定になっていたのです

一体どれくらいのガス代を無駄にしていたのか?考えると少しショックが大きかったです。すぐに設定を保温無しに変更しました。

これでガス代がエアコン導入による冬の暖房費削減に引き続き更にどれくらい減らせるか?が、また楽しみになりました。

また報告をしたいと思います。

断熱屋のぼやき

近所の喫茶店のカレー

このカレー(あまり写真がうまくないのでおいしそうに見えないかもしれませんが;;)、会社から車で5分位の所にあるバッティングセンター併設の喫茶店のカレーなんですが、とても美味しいのです

このお店は私の家内からうわさを聞いて知ったのですが、先日、大阪で100時間カレーと銘打ってあるお店の前を通りかかりたまたま入った(どうやら人気店らしい)お店の味とこの近所の喫茶店のカレーの味が同じくらいの美味しさだったのです。それどころかカレーに入っている肉がとても柔らかく逆にこちらのお店の方が美味しいくらいです。
このカレーも100時間くらい煮込んでいるのでしょうかね~~

断熱屋のぼやき

1 / 11