HOME : パッシブ技術研究会2月勉強会

断熱屋のぼやき

パッシブ技術研究会2月勉強会

さる2月8日(水)、2月勉強会が開催されました。

第一部は会員の原田工務店さんのモデルハウス見学で、もちろんパッシブ換気で床下暖房です。なんと元総理の管さんも御覧頂いたとの事。これからはこういう省エネ住宅がどんどん普及することが必要だととても感心を持っていただいたそうです。下の写真は原田専務が説明している絵です。

IMG_1129●.JPG

参加者もパッシブ換気の事例とあってかなり興味深く見学された様子で、特に床下エアコンには注目が集まり、欄間や上がり壁など空気を回す工夫や夏のエアコンをどうやったら回せるかと議論が深まったようでした。

IMG_1131●.JPG

 

第2部は住宅評論家 南先生の「2017年のトレンドを読む」と題した講演会です。

DSCN5626●.JPG

断熱、省エネ、換気の歴史の話を通して世の中の変化の理由を示し、「トレンド」とは既に成熟しかけたものをいい、商売はそれを追い掛けること。パッシブ換気はまだまだ「先」で、トレンドを聞きにきた会員の人達に「みなさんは先を走ってる。先を商売にするのは大変で、成功させたら後追いしてくる者がいる・・割に合わないが、問題意識をもって先を走った者と、これは商売になると思って追い掛けてくる者ではなにかが違う・・その何かを問答していくのが会」と応援していただきました。また、マツナガが輸入するソーラーウォーマーもデマンド換気も日本では「先」過ぎるものと過分なお褒めの言葉をいただきました。

DSCN5620●.JPG

ニュース一覧へ